質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.00%

ウィンドウを複数作ろうとしたが実行すると一瞬でウィンドウが消えてしまう

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 2,189

TRON1216.

score 27

プログラミング始めたての初心者です。ウィンドウを二つ画面に表示させることができたので、次は3つのウィンドウを表示させようとしました。ビルドは成功しましたが、実行するとウィンドウが一瞬しか表示されません。どうしてか分かる方いますでしょうか?WindowsでVisual Studio C++で書いています。
kobayashi.hが以下になります。

#include  <stdio.h>
#include  <windows.h>
#include  <windowsx.h>        // Button_SetCheck(hCHECK_SATURATION, BST_UNCHECKED)などを使うために必要
#include  "resource.h"

BOOL CALLBACK MyDlgProc( HWND, UINT, WPARAM, LPARAM );        // ダイアログウィンドウのコールバック関数
LRESULT CALLBACK WndProc( HWND, UINT, WPARAM, LPARAM );        // プロット用ウィンドウのコールバック関数
LRESULT CALLBACK WndProc2( HWND, UINT, WPARAM, LPARAM );
LRESULT CALLBACK WndProc3( HWND, UINT, WPARAM, LPARAM );
ATOM InitApp( HINSTANCE );                                    // プロット用ウィンドウクラスを登録する関数
ATOM InitApp2( HINSTANCE );
ATOM InitApp3( HINSTANCE );
BOOL InitInstance( HINSTANCE, int );                        // プロット用ウィンドウを作成する関数
BOOL InitInstance2( HINSTANCE, int );
BOOL InitInstance3( HINSTANCE, int );


kobayashi.cppが以下になります。

#include  "kobayashi.h"
#define _USE_MATH_DEFINES
#include <math.h>


char szClassName[] = "image";    // 全体表示用ウィンドウクラスの名
char szClassName2[] = "image2";
char szClassName3[] = "image3";
HWND hWnd;                        // 全体表示用ウィンドウのハンドル
HWND hWnd2;
HWND hWnd3;
HWND hDlg;                        // モードレスダイアログボックスのハンドル

int WINAPI WinMain( HINSTANCE hCurInst, HINSTANCE hPrevInst, LPSTR lpszCmdLine, int nCmdShow )
{
    MSG msg;
    BOOL bRet;
    RECT rect;

// ダイアログボックスの作成
    hDlg = CreateDialog(hCurInst, "MYDLG", HWND_DESKTOP, (DLGPROC)MyDlgProc);
    ShowWindow(hDlg, nCmdShow);
    UpdateWindow(hDlg);

// プロット用ウィンドウクラスを登録し作成する
    if (!InitApp(hCurInst))
        return FALSE;

    if (!InitInstance(hCurInst, nCmdShow))
        return FALSE;

    if (!InitApp2(hCurInst))
        return FALSE;
    if (!InitInstance2(hCurInst, nCmdShow))
        return FALSE;

    if (!InitApp3(hCurInst))
        return FALSE;
    if (!InitInstance3(hCurInst, nCmdShow))
        return FALSE;

// xs, xeの初期値としてウィンドウの両端を入力する
    GetClientRect( hWnd, &rect );    // ウィンドウの描画領域を得る
    xs = (int)rect.left;            // マウス設定は画面の左端と
    xe = (int)rect.right;            // 右端を初期値とする。


    while ((bRet = GetMessage(&msg, NULL, 0, 0)) != 0) {
        if (bRet == -1) {
            MessageBox(NULL, "GetMeseeageエラー", "Error", MB_OK);
            break;
        } else {
            TranslateMessage(&msg);
            DispatchMessage(&msg);
        }
    }
    return (int)msg.wParam;
}

// プロット用ウィンドウクラスの登録
ATOM InitApp( HINSTANCE hInst )
{
    WNDCLASSEX  wc;                        //新しく作る画像用ウインドウクラス
    wc.cbSize        = sizeof(WNDCLASSEX);
    wc.style        = CS_HREDRAW | CS_VREDRAW;
    wc.lpfnWndProc    = WndProc;                //このクラスの持つウインドプロシージャ
    wc.cbClsExtra    = 0;
    wc.cbWndExtra    = 0;
    wc.hInstance    = hInst;
    wc.hIcon        = (HICON)LoadImage(NULL, MAKEINTRESOURCE(IDI_APPLICATION), IMAGE_ICON, 0, 0, LR_DEFAULTSIZE | LR_SHARED);
    wc.hCursor        = (HCURSOR)LoadImage(NULL, MAKEINTRESOURCE(IDC_ARROW), IMAGE_CURSOR, 0, 0, LR_DEFAULTSIZE | LR_SHARED);
    wc.hbrBackground= (HBRUSH)GetStockObject(WHITE_BRUSH);
    wc.lpszMenuName    = NULL;
    wc.lpszClassName= (LPCSTR)szClassName;    //このクラスの名前
    wc.hIconSm        = (HICON)LoadImage(NULL, MAKEINTRESOURCE(IDI_APPLICATION), IMAGE_ICON, 0, 0, LR_DEFAULTSIZE | LR_SHARED);

    return (RegisterClassEx(&wc));    
}

ATOM InitApp2( HINSTANCE hInst2 )
{
    WNDCLASSEX  wc;                        //新しく作る画像用ウインドウクラス
    wc.cbSize        = sizeof(WNDCLASSEX);
    wc.style        = CS_HREDRAW | CS_VREDRAW;
    wc.lpfnWndProc    = WndProc2;                //このクラスの持つウインドプロシージャ
    wc.cbClsExtra    = 0;
    wc.cbWndExtra    = 0;
    wc.hInstance    = hInst2;
    wc.hIcon        = (HICON)LoadImage(NULL, MAKEINTRESOURCE(IDI_APPLICATION), IMAGE_ICON, 0, 0, LR_DEFAULTSIZE | LR_SHARED);
    wc.hCursor        = (HCURSOR)LoadImage(NULL, MAKEINTRESOURCE(IDC_ARROW), IMAGE_CURSOR, 0, 0, LR_DEFAULTSIZE | LR_SHARED);
    wc.hbrBackground= (HBRUSH)GetStockObject(BLACK_BRUSH);
    wc.lpszMenuName    = NULL;
    wc.lpszClassName= (LPCSTR)szClassName2;    //このクラスの名前
    wc.hIconSm        = (HICON)LoadImage(NULL, MAKEINTRESOURCE(IDI_APPLICATION), IMAGE_ICON, 0, 0, LR_DEFAULTSIZE | LR_SHARED);

    return (RegisterClassEx(&wc));    
}

ATOM InitApp3( HINSTANCE hInst3 )
{
    WNDCLASSEX  wc;                        //新しく作る画像用ウインドウクラス
    wc.cbSize        = sizeof(WNDCLASSEX);
    wc.style        = CS_HREDRAW | CS_VREDRAW;
    wc.lpfnWndProc    = WndProc3;                //このクラスの持つウインドプロシージャ
    wc.cbClsExtra    = 0;
    wc.cbWndExtra    = 0;
    wc.hInstance    = hInst3;
    wc.hIcon        = (HICON)LoadImage(NULL, MAKEINTRESOURCE(IDI_APPLICATION), IMAGE_ICON, 0, 0, LR_DEFAULTSIZE | LR_SHARED);
    wc.hCursor        = (HCURSOR)LoadImage(NULL, MAKEINTRESOURCE(IDC_ARROW), IMAGE_CURSOR, 0, 0, LR_DEFAULTSIZE | LR_SHARED);
    wc.hbrBackground= (HBRUSH)GetStockObject(BLACK_BRUSH);
    wc.lpszMenuName    = NULL;
    wc.lpszClassName= (LPCSTR)szClassName3;    //このクラスの名前
    wc.hIconSm        = (HICON)LoadImage(NULL, MAKEINTRESOURCE(IDI_APPLICATION), IMAGE_ICON, 0, 0, LR_DEFAULTSIZE | LR_SHARED);

    return (RegisterClassEx(&wc));    
}

// プロットウィンドウの作成
BOOL InitInstance(HINSTANCE hInst, int nCmdShow)
{

    // プロット用ウィンドウの作成
    hWnd = CreateWindow(szClassName,    // クラスの名前
            "kobayashi ryo",        // タイトルバーに表示される
            WS_OVERLAPPEDWINDOW,        // ウィンドウの種類
            CW_USEDEFAULT,    //x座標
            CW_USEDEFAULT,    //y座標
            600,    //幅
            400,    //高さ
            NULL,    // 親ウィンドウのハンドル、親を作るときはNULL 
            NULL,    // メニューハンドル、クラスメニューを作るときはNULL
            hInst,    // インスタンスハンドル
            NULL );
    if(!hWnd)
        return FALSE;
    ShowWindow(hWnd, nCmdShow);
    UpdateWindow(hWnd);
    return TRUE;



}

// プロットウィンドウの作成
BOOL InitInstance2(HINSTANCE hInst2, int nCmdShow)
{

    // プロット用ウィンドウの作成
    hWnd2 = CreateWindow(szClassName2,    // クラスの名前
            "MOON",        // タイトルバーに表示される
            WS_OVERLAPPEDWINDOW,        // ウィンドウの種類
            CW_USEDEFAULT,    //x座標
            CW_USEDEFAULT,    //y座標
            488,    //幅
            366,    //高さ
            NULL,    // 親ウィンドウのハンドル、親を作るときはNULL 
            NULL,    // メニューハンドル、クラスメニューを作るときはNULL
            hInst2,    // インスタンスハンドル
            NULL );
    if(!hWnd2)
        return FALSE;
    ShowWindow(hWnd2, nCmdShow);
    UpdateWindow(hWnd2);
    return TRUE;



}

BOOL InitInstance3(HINSTANCE hInst3, int nCmdShow)
{

    // プロット用ウィンドウの作成
    hWnd2 = CreateWindow(szClassName3,    // クラスの名前
            "xyz",        // タイトルバーに表示される
            WS_OVERLAPPEDWINDOW,        // ウィンドウの種類
            CW_USEDEFAULT,    //x座標
            CW_USEDEFAULT,    //y座標
            488,    //幅
            366,    //高さ
            NULL,    // 親ウィンドウのハンドル、親を作るときはNULL 
            NULL,    // メニューハンドル、クラスメニューを作るときはNULL
            hInst3,    // インスタンスハンドル
            NULL );
    if(!hWnd3)
        return FALSE;
    ShowWindow(hWnd3, nCmdShow);
    UpdateWindow(hWnd3);
    return TRUE;



}


3つ目のウィンドウを表示するためのウィンドウプロシージャ(kobayashi_WndProc3)が以下になります。

#include "kobayashi.h"

LRESULT CALLBACK WndProc3( HWND hWnd3, UINT msg, WPARAM wp, LPARAM lp )
{


    switch (msg) {
        case WM_DESTROY:
            PostQuitMessage(0);
            break;
        default:
            return (DefWindowProc(hWnd3, msg, wp, lp));
    }
    return 0;
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

ウィンドウのハンドルを3ではなく2と書き間違えていました。

BOOL InitInstance3(HINSTANCE hInst3, int nCmdShow)
{

    // プロット用ウィンドウの作成
    hWnd3 = CreateWindow(szClassName3,    // クラスの名前
            "xyz",        // タイトルバーに表示される
            WS_OVERLAPPEDWINDOW,        // ウィンドウの種類
            CW_USEDEFAULT,    //x座標
            CW_USEDEFAULT,    //y座標
            488,    //幅
            366,    //高さ
            NULL,    // 親ウィンドウのハンドル、親を作るときはNULL 
            NULL,    // メニューハンドル、クラスメニューを作るときはNULL
            hInst3,    // インスタンスハンドル
            NULL );
    if(!hWnd3)
        return FALSE;
    ShowWindow(hWnd3, nCmdShow);
    UpdateWindow(hWnd3);
    return TRUE;



}

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.00%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる