質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.04%

ライセンス(MIT、GPL、Apache License)について

解決済

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 10
  • VIEW 17K+

score 279

・MIT
・GPL
・Apache License, Version 2.0
の3つについて、それぞれのオープンソースを使用する場合、具体的に何をしなければならないのでしょうか?

ソースの中身を書き換えなければそのまま使用して問題ないのでしょうか?
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

checkベストアンサー

+3

基本的にライセンス表示は行ってください
またソースの改変などは自由に行えますし、GPLライセンスであっても再配布などしなければ改変したソースの公開義務は原則ありません。

重要な部分を軽く抜き出しておきましたので、参考までに。
この中ではGPLが一番厳しいですね。

MIT License
http://ja.wikipedia.org/wiki/MIT_License
このソフトウェアを誰でも無償で無制限に扱って良い。ただし、著作権表示および本許諾表示をソフトウェアのすべての複製または重要な部分に記載しなければならない。
作者または著作権者は、ソフトウェアに関してなんら責任を負わない。

Apache License
http://ja.wikipedia.org/wiki/Apache_License
他のフリーソフトウェア向けライセンスと同様、Apache Licenseではユーザーがそのソフトウェアの使用や頒布、修正、派生版の頒布をすることを制限しない。
Apache Licenseは、頒布される二次的著作物が同じライセンスで提供されたり、フリーソフトウエア、オープンソースソフトウェアとして頒布されることを要求しない。要求するのは、ユーザーがそのソフトウェアにApache Licenseのコードが使われていることを知らせる文言を入れることだけである。従って、コピーレフトライセンスと異なり、Apache Licenseコードの二次創作物のユーザーには、フリーなライセンスが適用されない可能性もある。
ライセンスされたファイルそれぞれに元々ある著作権と特許権の記述はそのまま保持されなければならず、何らかの修正が施されている場合は、その旨を追加記述しなければならない。

GPL
http://ja.wikipedia.org/wiki/GNU_General_Public_License
利用条件を遵守するライセンシー(the licensee; 被許諾者、ライセンシー[注釈 4])は著作物を改変する許諾を与えられるのと同時に著作物または二次的著作(派生 derivative)物の複製と頒布を許諾される。
頒布者がGPLにより許諾される以上のさらなる権利制限を課してはならないと述べている。これは秘密保持契約のもとソフトウェアを頒布するような手法を禁ずる。
頒布者自身による改変が加えられたGPLによる著作物を頒布する際に、著作物全体を頒布するための要件は、GPLよりも強い要件であってはならない。その要件とは、コピーレフト (Copyleft)として知られている。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2015/04/03 12:12

    > ソース内に記載してあるライセンス規約を削除しなければ問題ないでしょうか?
    MITなどゆるいライセンスしか使われていない場合は問題ないかと思います。
    個別案件になるので、ひとつずつ確認する必要はあると思いますが。

    > javaだけ問題があるのでしょうか?
    Javaだから…というよりは、Javaは起こりやすいよねってニュアンスかと思います。

    キャンセル

  • 2015/04/04 13:59

    うーん、ライセンスって難しいですね。GPLは特に(笑)

    キャンセル

  • 2015/04/04 15:33

    ですねぇ。
    自分の場合ですが、よほど使いたいものでない限りは、候補に緩いライセンがあるならそっちを選択することも結構あります。GPLも考え方や理想は理解できるんですけどねw

    キャンセル

+3

こんにちは。

オープンソースとは、「だれでも自由に利用できる」という条件でソースコードを公開することで、そのベースには著作権や免責事項が存在しています。また、配布条件の細部はライセンスごとに異なっています。

おもなオープンソースライセンスには、修正BSD・MIT License、Apache License、MPL、GPLなどがあります。

オープンソースとの基本的な向き合い方としては、
1)無保証であり、自己責任で使用すること。
2)配布する際には、著作権表示と免責事項およびライセンス文書をふくめる必要があり、どこにふくめるかはライセンスの種類によって異なる。
3)コピーレフト条項を持つことがある。(コピーレフトとは、著作権を保持したまま、二次的著作物も含めて、すべての者が著作物を利用・再配布・改変できなければならないという考え方)
4)デュアルライセンスで運用されることがある。(デュアルライセンスとは、ひとつのソフトウェアを異なる2種類のライセンスのもとで配布する形態、マルチライセンスとも呼ばれる)
5)ソースコードとバイナリコードの配布条件が異なる場合がある。
などといったことを理解することが必要です。

それでは、照会のあったライセンスについてみていきましょう。少々ながくなりますが、おつきあいください。

MIT License
著作権表示と本許諾書(下記およびリンク参照)をソフトウェアの複製または重要な部分に記載することで、自由な複製・配布・修正を行うことができます。

Copyright (C) 2015 iglobe Inc. http://iglobe.digi2.jp/  <- 弊社とした場合(以下、同)

The MIT License (MIT)

Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy
of this software and associated documentation files (the "Software"), 
(以下省略:全文へのリンク

上記を、Webサービスであればトップページのヘッダーにコメント行として記載、iOSアプリであればソースコードおよび Settings.bundleの Acknowledgements.plistファイル記載、Androidアプリであればソースコードおよび WebViewを貼り付けた Activityなどに Notice for files: として読み込ませてください。

GPL
著作権表示と免責事項(下記およびリンクを参照)を記載するとともに、バイナリコードを提供した場合にはソースコードの入手を可能にする必要があります。また、GPLはコピーレフト条項をもっています。これは、たとえ1行であっても GPLのソースコードを使用したのであれば、あなたが自作したそのソフトウェアも GPLで配布しなければならないことを意味しています。

Copyright (C) 2015 iglobe Inc. http://iglobe.digi2.jp/

GNU General Public License, version 3 (GPL-3.0)

Copyright (C) 2007 Free Software Foundation, Inc. <http://fsf.org/>

Everyone is permitted to copy and distribute verbatim copies of this license document, but changing it is not allowed.

Preamble
The GNU General Public License is a free, copyleft license for software and other kinds of works.
(以下省略:全文へのリンク

ライセンスの記載方法については、MIT Licenseに準じます。

Apache License 2.0
著作権表示と免責事項(下記およびリンクを参照)を記載する必要があります。なお、Apacheの名称をソフトウェア名や広告として許可なく使用することはできません。

Copyright (C) 2015 iglobe Inc. http://iglobe.digi2.jp/

Apache License, Version 2.0
Apache License
Version 2.0, January 2004
http://www.apache.org/licenses/

TERMS AND CONDITIONS FOR USE, REPRODUCTION, AND DISTRIBUTION

1. Definitions.

"License" shall mean the terms and conditions for use, reproduction, and distribution as defined by Sections 1 through 9 of this document.
(以下省略:全文へのリンク

Apache License 2.0については、MITのところで記載した著作権等の表示にくわえ、Webサービスであればページ上に、アプリであればアプリ上およびアプリストア(App Store、Google Play)での説明に下記の文言を記載する必要があります。

This software includes the work that is distributed in the Apache License 2.0
(または)
このソフトウェアは、 Apache 2.0ライセンスで配布されている製作物が含まれています。


オープンソースの使用に関して、著作権表示や免責事項などの記載があいまいになっているように感じていたところです。よい機会でしたので、ながくなってしまいましたが書かせていただきました。


以上、ご参考いただければ幸いです。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.04%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る