質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.32%

  • C#

    7727questions

    C#はマルチパラダイムプログラミング言語の1つで、命令形・宣言型・関数型・ジェネリック型・コンポーネント指向・オブジェクティブ指向のプログラミング開発すべてに対応しています。

  • WPF

    738questions

    Windows Presentation Foundation (WPF) は、魅力的な外観のユーザー エクスペリエンスを持つ Windows クライアント アプリケーションを作成するための次世代プレゼンテーション システムです

【C#】WPFのメモリ使用量の増加

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,991
退会済みユーザー

退会済みユーザー

現在の状況

WPFを使ってデスクトップマスコットを作っています。
タスクマネージャーを見ていると、ウィンドウに表示する画像を
切り替えた時にメモリの使用量が増えていました。

これは「メモリ・リーク」という現象なのでしょうか。

追記
デスクトップマスコット自体はこれです。
https://drive.google.com/open?id=0B5ATtnO9WMT0V1dJQXJvVi1SRE0
このデスクトップマスコットを起動したときのメモリの使用量は40MBくらいだと思います。
デスクトップマスコットのメニューの「フォルダ移動」を使って一周するとメモリの使用量が
2倍程度になります。

該当のソースコード

1.characterフォルダの中にあるフォルダを取得して配列に入れる。
2.それぞれのフォルダの中にある画像を取得して、BitmapImageの配列を作る。
3.BitmapImageの配列を表示。

        private void Order_GC()
        {
            GC.Collect();
            GC.WaitForPendingFinalizers();
            GC.Collect();
        }
        public int Folders_Count = 0;
        public string[] Folders = null;
        private void Get_Folders()
        {
            Folders = System.IO.Directory.GetDirectories("character");
        }
        public BitmapImage[] imgs;
        public int flag = 0;
        private void Get_Imgs()
        {          
            Order_GC();
            try
            {
                string[] files = System.IO.Directory.GetFiles(Folders[Folders_Count], "*.png");
                if (files.Length != 0)
                {
                    imgs = new BitmapImage[files.Length];
                    for (int x = 0; x < files.Length; x++)
                    {
                        var tmp = new BitmapImage();
                        tmp.BeginInit();
                        tmp.UriSource = new Uri(files[x], UriKind.RelativeOrAbsolute);
                        tmp.CacheOption = BitmapCacheOption.OnLoad;
                        tmp.CreateOptions = BitmapCreateOptions.None;
                        try
                        {
                            tmp.EndInit();
                        }
                        catch
                        {
                            tmp = new BitmapImage(new Uri("default.png", UriKind.Relative));
                        }
                        tmp.Freeze();
                        imgs[x] = tmp;                       
                    }
                }
                else
                {
                    imgs = new BitmapImage[1];
                    imgs[0] = new BitmapImage(new Uri("default.png", UriKind.Relative));
                }
            }
            catch
            {
                MessageBox.Show("2.エラーが発生しました。", "ERROR", MessageBoxButton.OK, MessageBoxImage.Error, MessageBoxResult.None, MessageBoxOptions.DefaultDesktopOnly);
                Environment.Exit(0);

            }
        }
        public int Files_Count = 0;
        public string Load_Mode = "folder";
        private void Show_Image()
        {
            try
            {
                if (Load_Mode == "folder")
                {
                    DataContext = imgs;
                    Width = imgs[0].PixelWidth;
                    Height = imgs[0].PixelHeight;
                }
                if (Load_Mode == "file")
                {
                    BitmapImage[] array = new BitmapImage[1];
                    array[0] = imgs[Files_Count];
                    DataContext = array;
                    Width = array[0].PixelWidth;
                    Height = array[0].PixelHeight;
                    array = null;
                }
            }
            catch
            {
                MessageBox.Show("3.エラーが発生しました。", "ERROR", MessageBoxButton.OK, MessageBoxImage.Error, MessageBoxResult.None, MessageBoxOptions.DefaultDesktopOnly);
                Environment.Exit(0);

            }
        }
        private void Next()
        {
            switch(Load_Mode)
            {
                case "folder":
                    Folders_Count++;
                    if (Folders_Count > Folders.Length - 1)
                    {
                        Folders_Count = 0;
                    }
                    Files_Count = 0;
                    Get_Imgs();
                    Show_Image();
                    break;
                case "file":
                    Files_Count++;
                    if (Files_Count > imgs.Length - 1)
                    {
                        Files_Count = 0;
                    }
                    Show_Image();
                    break;

            }
        }

試したこと

ガベージ・コレクタを明示的に動作させるには?
俺が遭遇したWPFイメージコントロールのメモリーリークと回避法(?)の1つ
これらのページに書いてあったことをおまじない的に取り入れました。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

動かしてみた感じだと大丈夫だと思います。
windbgで見てもBitmapImageは21とか22とかで特に増えてないですよ。

ただ、GC.Collect()はあまり意味がないからやらないほうがいいです。
.Netのガベージコレクタは世代別GCになっています。
ガベージコレクションを実施してしまうと、その時に参照されているオブジェクトは
古い世代に移動して回収されにくくなります。

例えば今回の処理だとGet_Imgsのすぐ後にOrder_GCを実施していますが
行うのであればGet_Imgsの最後に行ったほうがましです。
前回imgsに格納されていたオブジェクトがGet_Imgs内で置き換えられて参照がなくなります。
そのため、置き換えた後に行えば前回imgsに格納されていたオブジェクトの回収が期待できます。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/03/30 00:55 編集

    ご回答ありがとうございます。安心しました。GC.Collect()は書き直します。
    教えてくださってありがとうございました。

    キャンセル

同じタグがついた質問を見る

  • C#

    7727questions

    C#はマルチパラダイムプログラミング言語の1つで、命令形・宣言型・関数型・ジェネリック型・コンポーネント指向・オブジェクティブ指向のプログラミング開発すべてに対応しています。

  • WPF

    738questions

    Windows Presentation Foundation (WPF) は、魅力的な外観のユーザー エクスペリエンスを持つ Windows クライアント アプリケーションを作成するための次世代プレゼンテーション システムです