質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.53%

  • HTML5

    4978questions

    HTML5 (Hyper Text Markup Language、バージョン 5)は、マークアップ言語であるHTMLの第5版です。

  • CSS3

    2562questions

    CSS(Cascading Style Sheet)の第3版です。CSS3と略されることが多いです。色やデザインを柔軟に変更することが可能になります。

  • CSSフレームワーク

    182questions

    CSSフレームワークは、Webページのスタイルを指定する言語であるCSSを容易に構築するためのツールです。ツイッター社が開発した「Bootstrap」や段組レイアウトが可能な「Foundation」など様々なCSSフレームワークがあります。

Materialize グリッドレイアウトの高さの統一方法について

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 3,547

teradog

score 13

お世話になります。 
CSSのレイアウトについて質問させていただきます。
些細なことでも構いません。ご助言いただきたく何卒よろしくお願いいたします。

前提

CSSの経験はほとんどありません。 
CSSフレームワークのMaterializeを使用して、WordpressのWEBサイトを作成しています。

目標

レスポンシブなグリッドデザインを用いて、以下のようなレイアウトを構築したいです。
イメージ説明
スクリーンの幅に合わせて、一行あたりの要素数を変更させ、かつ、テキスト量の異なるカードの高さを統一したいです。

現実

まず、レスポンシブを有効にするために先の図のようにクラスを定義しましたが、次のようになりました。
イメージ説明
目標との差異は、次のとおりです。
・ カードの高さが統一されない。
・ 余白があるとそこを埋めるように詰まってしまう。

試したこと #1

(適切な作法かわかりませんが)列ブロックの高さを統一するために、行ブロックに「display:flex;」を追加するクラスを新たに定義しました。
追加したCSSは以下のとおりです。

.flex {
  display:-webkit-box;
  display:-moz-box;
  display:-ms-box;
  display:-webkit-flexbox;
  display:-moz-flexbox;
  display:-ms-flexbox;
  display:-webkit-flex;
  display:-moz-flex;
  display:-ms-flex;
  display:flex;
  -webkit-box-lines:multiple;
  -moz-box-lines:multiple;
  -webkit-flex-wrap:wrap;
  -moz-flex-wrap:wrap;
  -ms-flex-wrap:wrap;
  flex-wrap:wrap;
  flex-direction:row;
}


結果は、次の図のようになりました。
イメージ説明
この段階での目標との差異は、次のとおりとなりました。
・ 列ブロックの高さは統一できたが、カードの高さはバラバラで統一されていない。
・ (materialize.min.cssで定義された)「margin-left:auto;」によって、埋まりきらない行は、列ブロックの左側に余白ができてしまう。(例えば、四分割のケースで、5枚のカードの場合は、⑤が⑥の位置に表示されることになります)

試したこと #2

「margin-left:auto;」を打ち消すために「margin-left:0px;」を追加するクラスを作成しました。
CSSは次のとおりです。

.flex .col.margin-clear{
  margin-left : 0px;
}


この結果、下の図に示すようにレイアウトについては、目標と同じ配置にすることができました。
イメージ説明
この時点で、目標との差異は、次のとおりとなりました。
・ カードの高さが統一されていない

質問

カードの高さを統一する方法があればご教示ください。
自分の試したことが、作法的に良くない場合や、別の方法があれば、なんなりとご指摘ください。

補足事項

MaterializeはCDNで利用しています。

次の環境で確認しております。
OS X El Capitan 10.11.6
FireFox 50.1.0
Chrome 55.0.2883.95 (64-bit)

実際のHTML(WordPressのDBから取得し繰り返し出力するカード)はPHPで書いていますので、再現用に一部抜粋したHTMLを以下に記載します。(Materialize以外に追加したCSSやカード内のテキスト等は必要に応じて改変してください。)

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <title>title</title>
    <link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/materialize/0.97.8/css/materialize.min.css">
    <style type="text/css">
    .flex {
      display:-webkit-box;
      display:-moz-box;
      display:-ms-box;
      display:-webkit-flexbox;
      display:-moz-flexbox;
      display:-ms-flexbox;
      display:-webkit-flex;
      display:-moz-flex;
      display:-ms-flex;
      display:flex;
      -webkit-box-lines:multiple;
      -moz-box-lines:multiple;
      -webkit-flex-wrap:wrap;
      -moz-flex-wrap:wrap;
      -ms-flex-wrap:wrap;
      flex-wrap:wrap;
      flex-direction:row;
    }
    .flex .col.margin-clear{
      margin-left : 0px;
    }
    </style>
  </head>
  </body>
    <div class="container">
      <div class="row flex">
        <div class="col s12 m4 l3 margin-clear">
          <div class="card">
            <div class="card-image">
              <img src="url/img">
              <span class="card-title"></span>
            </div>
            <div class="card-content">
              card content #1<br>
              card content #1<br>
              card content #1<br>
              card content #1<br>
              card content #1<br>
              card content #1<br>
            </div>
            <div class="card-action">
              <a href="ulr/article" class="btn">
                Detail
              </a>
            </div>
          </div>
        </div>
        <div class="col s12 m4 l3 margin-clear">
          <div class="card">
            <div class="card-image">
              <img src="url/img">
              <span class="card-title"></span>
            </div>
            <div class="card-content">
              card content #2<br>
              card content #2<br>
              card content #2<br>
            </div>
            <div class="card-action">
              <a href="ulr/article" class="btn">
                Detail
              </a>
            </div>
          </div>
        </div>
        <div class="col s12 m4 l3 margin-clear">
          <div class="card">
            <div class="card-image">
              <img src="url/img">
              <span class="card-title"></span>
            </div>
            <div class="card-content">
              card content #3
            </div>
            <div class="card-action">
              <a href="ulr/article" class="btn">
                Detail
              </a>
            </div>
          </div>
        </div>
        <div class="col s12 m4 l3 margin-clear">
          <div class="card">
            <div class="card-image">
              <img src="url/img">
              <span class="card-title"></span>
            </div>
            <div class="card-content">
              card content #4
            </div>
            <div class="card-action">
              <a href="ulr/article" class="btn">
                Detail
              </a>
            </div>
          </div>
        </div>
        <div class="col s12 m4 l3 margin-clear">
          <div class="card">
            <div class="card-image">
              <img src="url/img">
              <span class="card-title"></span>
            </div>
            <div class="card-content">
              card content #5
            </div>
            <div class="card-action">
              <a href="ulr/article" class="btn">
                Detail
              </a>
            </div>
          </div>
        </div>
        <div class="col s12 m4 l3 margin-clear">
          <div class="card">
            <div class="card-image">
              <img src="url/img">
              <span class="card-title"></span>
            </div>
            <div class="card-content">
              card content #6
            </div>
            <div class="card-action">
              <a href="ulr/article" class="btn">
                Detail
              </a>
            </div>
          </div>
        </div>
      </div>
    </div>
  </body>
</html>
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • kei344

    2017/01/27 22:37

    再現しやすいHTMLを提示いただけませんか?

    キャンセル

  • teradog

    2017/01/27 23:02

    HTMLを追記いたしました。ご活用いただければ幸いです。

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

+2

とりあえずこういう形かなと。

.card {
    box-sizing: border-box;
    height: calc(100% - 1.5rem); /* margin の .5rem + 1rem を引いている */
    padding-bottom: 76px; /* ボタン分浮かす */
}
.card .card-action {
    bottom: 0;
    position: absolute;
    width: 100%;
}

動くサンプル:https://jsfiddle.net/j8750o8s/1/show/ ( https://jsfiddle.net/j8750o8s/1/ )

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/01/28 00:19

    早速のご回答、誠にありがとうございます。まさに、目的の表示が実現できました。
    (独学のため)理解をきちんと深めておきたいので、お手数でなければ、私の解釈が間違っていないか確認させてください。

    【.card について】
    「box-sizing : border-box;」
    padding, borderの幅・高さを含めたサイズ指定を可能にする

    「height : calc(100%)-1.5rem);」
    Materializeの「.card」で定義している「margin: 0.5rem 0 1rem 0;」を高さから減算
    このとき、100%は親要素を基準にした割合になっているのでしょうか?(親要素に対して明示的に高さを指定していないので、こういう指定の仕方が考えられませんでした)

    「padding-bottom : 76px;」
    「.btn」の高さ36px、「.card-action」のpadding-topの20px と padding-bottom の 20px を合算した76pxを「.card」の下側の「.card-action」分の余白を確保

    【.card .card-action について】
    「bottom : 0;
     position: absolute;」
    親要素を基準にして、bottomとの距離を0にする

    「position: absolute;
     width: 100%;」
    親要素を基準にして、100%の幅を確保する

    キャンセル

  • 2017/01/28 00:37

    > padding, borderの幅・高さを含めたサイズ指定を可能にする
    その通りです。width/heightの[100%」は高さを持つ親要素を基準になるため、padding の値に左右されないように指定してあります。

    > (親要素に対して明示的に高さを指定していないので、こういう指定の仕方が考えられませんでした)
    仕様のどこという提示はぱっとできませんが、Flex は明示しなくても高さを持っているはずです。

    > 76px
    > 親要素を基準にして、100%の幅を確保する
    その通りです。

    > 親要素を基準にして、bottomとの距離を0にする
    position: absolute;やposition: relative;など起点になる親要素の中の一番近い要素を基準にします。

    キャンセル

  • 2017/01/28 00:44

    ご教示、誠にありがとうございますm(_ _ )m
    大変勉強になりました。

    キャンセル

同じタグがついた質問を見る

  • HTML5

    4978questions

    HTML5 (Hyper Text Markup Language、バージョン 5)は、マークアップ言語であるHTMLの第5版です。

  • CSS3

    2562questions

    CSS(Cascading Style Sheet)の第3版です。CSS3と略されることが多いです。色やデザインを柔軟に変更することが可能になります。

  • CSSフレームワーク

    182questions

    CSSフレームワークは、Webページのスタイルを指定する言語であるCSSを容易に構築するためのツールです。ツイッター社が開発した「Bootstrap」や段組レイアウトが可能な「Foundation」など様々なCSSフレームワークがあります。