質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.33%

  • C

    4001questions

    C言語は、1972年にAT&Tベル研究所の、デニス・リッチーが主体となって作成したプログラミング言語です。 B言語の後継言語として開発されたことからC言語と命名。そのため、表記法などはB言語やALGOLに近いとされています。 Cの拡張版であるC++言語とともに、現在世界中でもっとも普及されているプログラミング言語です。

[C] ポインタのキャスト

解決済

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,903

juncoin

score 28

NULLの定義が ((void*)0) となっているのですが、数字をvoid*にキャストするとなにを表してるのですか?
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

+2

C言語においては、コード上に0と書くとそれがヌルポインタの意味になるのですが、文脈によって整数の0と区別がつかなくなる場合があり、このようなキャストの指定が役に立つことがあります。

C FAQ 5 をぜひ参考にしてください。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

checkベストアンサー

+1

少し回りくどい説明をしてみます。まずここから。
    double d, *dp;
    dp = 1000;

メモリのアドレスは整数値です。即ちポインタ変数は整数値を値として持ちます。ここでは「1000」という整数値を代入し、次のようにして1000番地のメモリをアクセスしたいのです。
    d = *dp;

しかしコンパイラは「dp = 1000;」の所で警告(warning)を出します。
「ポインタ」と「整数」という、異なる型の間で代入が行われたからです。
因みに、私の手元のパソコンには3種類のCコンパイラがインストールされています。あるコンパイラは、ポインタ変数を64bit長, int型を32bit長としてコンパイルします。ビット長が異なる物同士ともなれば、無頓着に代入や比較をしたら問題を起こしかねませんから、警告は当然です。残りの2つのコンパイラは、ポインタ、int、どちらも32bit長なので互換性はあると言えますが、それでも警告を出しました。

アドレスと整数は、同じような情報に見えながらも、明確に区別すべきものです。

そこでキャストの出番。そのココロは「整数とポインタが違う事は承知している。でもここでは代入しても構わないから、数字の1000をdouble型が格納されるメモリのアドレスだと見なし、黙ってコンパイルしろ」。
    dp = (double*)1000;

次に「void」。voidには「空(から)、無し、無効…」などの意味があります。
「void」がよく登場するのは関数定義です。二種類の指定に使われます。
1. 関数の型が void。即ち、その関数は戻り値が無い。
2. 関数の引数並びが void。即ち、その関数は引数を持たない。

そして、voidの3つ目の使い方が「void型ポインタ」。voidポインタ、汎用型ポインタとも呼びます。例えば
    void *vp;

3. そのポインタは型情報を持たない

通常のポインタは「アドレス」と「型」という、2つの情報を持ちます。例えば上の dp は、アドレスは1000番地、dpが指すメモリ(1000番地)はdouble型、という事です。一方、voidポインタには「型情報」が無く、「アドレスだけ」があります(なので、voidポインタでは、ポインタが指す先のデータを操作できない)。
vp に値をセットするなら次のようにします。
   vp = (void*)1000;

このようなvoidポインタは、型が無いのが幸いして(?)、他の(何らかの型情報を持つ)ポインタとの間で互いに代入ができます(アドレスだけをやりとりできる。だから汎用型ポインタ)。例えば、
    char *cp;
    cp = dp;
は、キャスト無しの代入なので警告が出ますが、
    vp = dp;
    cp = vp;
としてvoidポインタを経由すればキャスト無しでも警告が出ません(普通はキャストするが)。
さらにvoidポインタは、型を持つポインタ変数との間で「アドレスの比較」にも使えます。

ここでようやく
    #define NULL ((void*)0)

この0はvoid型ポインタにキャストしてあるので、単なる数字の0ではなく、
アドレスの0番地(ただし型情報は無い)」という意味です(それを明確にしたくて、こう記述したのでしょう。尚、外側のカッコはプリプロセッサが展開した後で問題を起こさないためのガード)。

普通、0番地は特殊な場所です。通常のアプリケーションがアクセスするメモリではありません。ポインタ変数の値として「通常は取り得ない、特殊な値」が0だと言えます。そこで、ポインタを返す関数は異常値として0を返すものが多いのです。例えば fopen(), malloc() 等。
    #include <stdio.h>
    FILE *fp;
    fp = fopen(filename, openmode);
    if (fp == ((void*)0)) { /* オープンエラー処理… */

のように書ける、そこに「NULL」を使って
    if (fp == NULL) { /* オープンエラー処理… */

と書こうというわけです。ここではFILE型ポインタとNULLを比較してますが、他の型のポインタでも問題なく比較ができます。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

同じタグがついた質問を見る

  • C

    4001questions

    C言語は、1972年にAT&Tベル研究所の、デニス・リッチーが主体となって作成したプログラミング言語です。 B言語の後継言語として開発されたことからC言語と命名。そのため、表記法などはB言語やALGOLに近いとされています。 Cの拡張版であるC++言語とともに、現在世界中でもっとも普及されているプログラミング言語です。