質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
AWS Lambda

AWS Lambdaは、クラウド上でアプリを実行できるコンピューティングサービス。サーバーのプロビジョニングや管理を要せず複数のイベントに対してコードを実行します。カスタムロジック用いた他AWSサービスの拡張やAWSの規模やパフォーマンスを用いたバックエンドサービスを作成できます。

Amazon DynamoDB

Amazon DynamoDBは、 AWS上のNoSQLデータベースサービスです。フルマネージド型のサービスで、スキーマレス、高速且つ安定性のある動作、自動的に容量を変更する自動スケーリングなどの特徴を持ちます。

GraphQL

GraphQL は、アプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) 向けのクエリ言語およびサーバーサイドランタイムです。APIの速度、柔軟性、開発者にとっての使いやすさを向上させるために設計され、データを複数のデータソースから取得するリクエストを1つのAPI呼び出しで構成できます。

AWS Amplify

AWS Amplifyとは、AWSを用いたWebアプリケーション向けのJavaScriptライブラリです。サインアップ/サインイン、MFA、コンテンツ管理、さらにサーバーレスなバックエンドの自動構築などの実装が容易にできます。

解決済

AmplifyでAppSync + Lambdaによってmutation createUserする際の最適解について

cooper46
cooper46

総合スコア7

AWS Lambda

AWS Lambdaは、クラウド上でアプリを実行できるコンピューティングサービス。サーバーのプロビジョニングや管理を要せず複数のイベントに対してコードを実行します。カスタムロジック用いた他AWSサービスの拡張やAWSの規模やパフォーマンスを用いたバックエンドサービスを作成できます。

Amazon DynamoDB

Amazon DynamoDBは、 AWS上のNoSQLデータベースサービスです。フルマネージド型のサービスで、スキーマレス、高速且つ安定性のある動作、自動的に容量を変更する自動スケーリングなどの特徴を持ちます。

GraphQL

GraphQL は、アプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) 向けのクエリ言語およびサーバーサイドランタイムです。APIの速度、柔軟性、開発者にとっての使いやすさを向上させるために設計され、データを複数のデータソースから取得するリクエストを1つのAPI呼び出しで構成できます。

AWS Amplify

AWS Amplifyとは、AWSを用いたWebアプリケーション向けのJavaScriptライブラリです。サインアップ/サインイン、MFA、コンテンツ管理、さらにサーバーレスなバックエンドの自動構築などの実装が容易にできます。

1回答

0評価

1クリップ

323閲覧

投稿2021/12/13 00:38

編集2021/12/13 00:43

以下の手順でユーザーの新規登録時に情報をDynamoDBに書き込む際の最適解についておたずねしたく思います。

  1. クライアントサイドからAmplify.Auth.signUp()でサインアップを実行する
  2. PostConfirmation Lambda Triggerによってmutation createUserを行う関数が実行される

作成されたユーザーは以下の情報を持ちます。

フィールド名書き込まれる内容読み取り権限
id識別子全ユーザー(ユーザープールへのログインを問わない)
firstName本人のみ
lastName本人のみ
nickname識別子全ユーザー(ユーザープールへのログインを問わない)

また、以下の場合においてIAM認証を用います

  • Lambdaからmutation createUserを実行する際
  • アカウントを持たない(Cognitoユーザープールにログインしていない)閲覧者が登録されたユーザーのidnicknameを参照する際

この場合、恐らくスキーマは以下のようになると思います。

graphql

type User @model @auth(rules: [ { allow: public, provider: iam }, { allow: owner, ownerField: "id", operations: [read, update] } ]) { id: ID! firstName: String! @auth(rules: [{ allow: owner, ownerField: "id" }]) lastName: String! @auth(rules: [{ allow: owner, ownerField: "id" }]) nickname: String! }

ここで一点疑問があります。
Lambdaからmutation createUserを実行するためIAM認証は必要不可欠ですが、それは同時に一般ユーザーも同じIAM権限を使ってUserに対しCRUDを行えてしまうということになります。
これは明らかに設計として不自然なので行うべきではないと思うのですが、このような場合には一般的にどういった対応を行うのが正解でしょうか。


ちなみに以下の対応も考えましたが、いずれも後述する理由からなるべく採用したくないと思っています。

DynamoDBClientを使って直接書き込みを行う

  • _version lastChangedAt _deletedなどAmplify側で自動生成された属性値を手動で書き込む必要が出てくる

Cognitoのカスタム属性を用いる

  • 一度作成したカスタム属性が削除できなくなる
  • Userだけでなく他のモデルでも起こりうることなので一時しのぎにしかならない

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

AWS Lambda

AWS Lambdaは、クラウド上でアプリを実行できるコンピューティングサービス。サーバーのプロビジョニングや管理を要せず複数のイベントに対してコードを実行します。カスタムロジック用いた他AWSサービスの拡張やAWSの規模やパフォーマンスを用いたバックエンドサービスを作成できます。

Amazon DynamoDB

Amazon DynamoDBは、 AWS上のNoSQLデータベースサービスです。フルマネージド型のサービスで、スキーマレス、高速且つ安定性のある動作、自動的に容量を変更する自動スケーリングなどの特徴を持ちます。

GraphQL

GraphQL は、アプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) 向けのクエリ言語およびサーバーサイドランタイムです。APIの速度、柔軟性、開発者にとっての使いやすさを向上させるために設計され、データを複数のデータソースから取得するリクエストを1つのAPI呼び出しで構成できます。

AWS Amplify

AWS Amplifyとは、AWSを用いたWebアプリケーション向けのJavaScriptライブラリです。サインアップ/サインイン、MFA、コンテンツ管理、さらにサーバーレスなバックエンドの自動構築などの実装が容易にできます。