質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.32%

WPFのアプリケーションをdll化したい

受付中

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 3
  • VIEW 7,989

plue

score 87

現在VisualStudio2015を使用し、WPFアプリケーションを作成しています。
WPFアプリケーションをjni4netを使用し、javaと連動させるためにWPFのdllを作成したいのですが、方法がわかりません。

以下のサイトを参考にしようと思っているのですが、
C#+VisualStudioでの開発知識が初めてで知識が乏しいため、具体的な手順が分かりません。

https://social.msdn.microsoft.com/Forums/ja-JP/c376d046-6169-4b34-865d-46abacc6d7f3/wpfwindowdll?forum=wpfja

方法をご存知であれば、ご教示お願い致します。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

0

単にDLLを作成したいだけであれば、プロジェクトのプロパティの[アプリケーション]タブのアプリケーションの種類をクラスライブラリに変更すれば、作成できます

ただどっち向きに連動させるかわかりませんが(多分Java→C#でしょうが)、jni4netは万能なものではないと思いますよ
→もしJavaからWPFのUIを使いたいとか考えられているなら

個人的にはPOCO(Plain Old Clr Object)とかPOJO(Plain Old Java Object)をやりとりできるレベルって考えていたんですが

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/04/22 15:17

    回答ありがとうございます。
    教えていただいた方法でdllの作成はできたのですが、dllからjni4netのツールでjar等を生成するツールにてうまく生成ができなかったため、単にクラスライブラリでビルドするだけではうまくいかないようでした。

    仕事上、JavaからC#のWPFの画面を起動することになり、
    現在、実現方法を模索中のところです。
    jni4netが使用できないとなると、また別の方法で(C++を間に挟むとか…?)を考えないといけないですね。。。

    キャンセル

  • 2016/04/22 16:23

    > JavaからC#のWPFの画面を起動する
    よくわかんないですけど、Process.Start的なもの(Javaは詳しくないのであくまでもイメージ)でExeを実行する形とか取れないんでしょうか?

    キャンセル

0

ご回答いただいたojikkoさん、ありがとうございました。
とりあえず以下の方法でdll化とWPFの画面をJavaから呼び出すことを実現できました。

①XAMLを作成する

(例)win.xamlファイルとして保存
<Window
 xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
 xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
 Title="テスト"
 Width="320"
 Height="240"
 FontSize="20"
>
    <StackPanel>
        <TextBlock x:Name="text1" Text="ボタンのクリックイベントサンプル" />
        <Button x:Name="button1" Content="クリック" />
        <Expander x:Name="expander" Header="Expander">
            <Grid Background="#FFE5E5E5"/>
        </Expander>
    </StackPanel>
</Window>

②ライブラリ(アセンブリ)の参照追加。

        「ソリューションエクスプローラ配下の【参照】」→「右クリック」→「参照の追加」→
        「アセンブリ」→「フレームワーク」→以下の3つを追加
        ・PresentationCore
        ・PresentationFramework
        ・WindowsBase

③クラスライブラリの作成(Javaからの呼び出しされる部分や、画面処理など)。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.ComponentModel;
using System.IO;
using System.Threading;
using System.Windows;
using System.Xml;
using System.Windows.Markup;

namespace ClassLibrary1
{
    public class Class1
    {
        [STAThread]
        /**
         * Javaから呼ばれるメソッド
         */
        public void CallCSharp()
        {
            var th = new Thread(new ThreadStart(ShowApp));
            // STAThread指定
            th.SetApartmentState(ApartmentState.STA);
            th.Start();
        }

        /**
         * メニュー画面表示メソッド
         */
        private void ShowApp()
        {
            Logger("ShowApp開始");
            Application app = new Application();
            Window window = new Window();

            // xaml読み込み
            using (FileStream infs = new FileStream("win.xaml", FileMode.Open))
            {
                XmlReader xmlReader = XmlReader.Create(infs);
                window = (Window)XamlReader.Load(xmlReader);
            }

            // 画面起動
            Logger("Run-Start");
            app.Run(window);
        }
    }
}

④dllファイルの作成

        ・「ソリューションエクスプローラ」→「右クリック」→「プロパティ」→「アプリケーション」→「出力の種類」を「クラスライブラリ」に変更
        ・さらに64bitアプリケーションの場合、プロパティ内の「ビルド」→「32ビットを優先」のチェックを外す
        ・「ソリューションエクスプローラ」→「右クリック」→「ビルド」でdllが作成される

上記により、WPFを含んだdllファイルが作成できる。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.32%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る