質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
85.48%
VBA

VBAはオブジェクト指向プログラミング言語のひとつで、マクロを作成によりExcelなどのOffice業務を自動化することができます。

フィルタ

フィルタとは、特定の条件に合わせてデータへのアクセスをブロックするプログラムやルーチンを指します。

マクロ

定義された処理手続きに応じて、どのような一連の処理を行うのかを特定させるルールをマクロと呼びます。

Q&A

解決済

1回答

7906閲覧

VBA ピボットテーブルの日付フィルター "今日以降"

Cabriolet

総合スコア3

VBA

VBAはオブジェクト指向プログラミング言語のひとつで、マクロを作成によりExcelなどのOffice業務を自動化することができます。

フィルタ

フィルタとは、特定の条件に合わせてデータへのアクセスをブロックするプログラムやルーチンを指します。

マクロ

定義された処理手続きに応じて、どのような一連の処理を行うのかを特定させるルールをマクロと呼びます。

0グッド

0クリップ

投稿2020/12/29 04:34

前提・実現したいこと

いつもお世話になっております。

VBAにてピボットテーブルの日付フィルターに、
"今日以降"を設定したいのですが上手くいきません。

ご教授頂ければ幸いです。

該当のソースコード

変数宣言は割愛しております。

'ワークシートSummaryのピボットテーブルのデータソース範囲を変更      Summary.PivotTables(ptblName2).ChangePivotCache _ ActiveWorkbook.PivotCaches.Create(SourceType:=xlDatabase, _ SourceData:=a1 & " !" & sourceArea) 'ピボットテーブル更新 Summary.PivotTables(ptblName2).PivotCache.Refresh 'ピボットテーブルの日付フィルターにて、今日以降を適用 ※ここがうまくいきません      Summary.PivotTables(ptblName2).PivotFields("Loading Date").PivotFilters. _ Add2 Type:=xlAfterOrEqualTo, Value1:=">" & Date

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

ピボットテーブルの日付の書式は以下の通りです。
イメージ説明

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもMYページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

guest

回答1

0

ベストアンサー

Date関数をdebug.Print(Date)で見てみるとわかりますが、Date関数が返す日付文字列は末尾にスペースが付いているので、これを除去して渡してやらないとエラーになります。

また、Type:=xlAfter 系の場合、不等号は不要です。

上記を総合すると下記のようになります。

VBA

1(略) 2'ピボットテーブルの日付フィルターにて、今日以降を適用 3 Summary.PivotTables(ptblName2).PivotFields("Loading Date").PivotFilters. _ 4 Add2 Type:=xlAfterOrEqualTo, Value1:=RTrim(Date)

投稿2020/12/29 07:33

退会済みユーザー

退会済みユーザー

総合スコア0

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

あなたの回答

tips

太字

斜体

打ち消し線

見出し

引用テキストの挿入

コードの挿入

リンクの挿入

リストの挿入

番号リストの挿入

表の挿入

水平線の挿入

プレビュー

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
85.48%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問