質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.49%

Python3 Tkinter after()について

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,360

score 148

widget.after_idle(func)widget.after(ms, func)についてです。

この2つの関数は引数に時間指定があるか無いかだけで、他に違いはないのでしょうか。

また、after_idle(func) は after(0, func) のようなイメージでしょうか。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

使い方によっては違いが解らないかもしれませんが、
内部の実装も異なります。

#!/usr/bin/env python3.8

import tkinter as tk

root = tk.Tk()
root.title("Test after")
tk.Button(root, text="Quit", command=root.quit).pack()

def loop():
    print("LOOP")

    # NG: loop が優先的に処理される為、他のイベントが処理されない
    # root.after(0, loop)
    # root.after_idle(loop)

    # OK: イベントループを酷使しない。安全なタイマーの呼び出し方
    root.after_idle(root.after, 0, loop)

    # OK:
    # root.after(0, root.after_idle, loop)

    # NG:
    # root.after_idle(root.after_idle, loop)


root.after_idle(loop)

root.mainloop()

after_idle(func) は after(0, func) のようなイメージでしょうか。

after_idle(func) と after(0, func) が異なる事の実証として、
上記のコードで root.after_idle(root.after_idle, loop) を試してみてください。
もし双方が同じなら置き換え可能になるはずですが、そうはなりません。

表面的な「イメージ」としては、解らなくはないのですが、
感覚的には

  • after 0 ... 直ぐに(優先的に)呼び出したい
  • after idle ... 手が空いている時でいい

注意が必要なのは、呼び出しがループする場合です。


詳細

個別のイベントキューがあると考えると解りやすいです。

  • after タイマーイベント
  • after_idle 他にイベントがない場合に処理される

処理の流れ (※説明の為に簡略化したもので、実際の実装とは異なります)
通常のイベント処理 → アイドル中のイベント処理 → 描画更新等他の処理 →

(補足: after 内で処理する) after(0, loop) では、キューに loop を入れる loop を呼ぶを繰り返し
プログラムを中断したりしない限り、次の idle 中の処理に進むことはありません。

(補足: after_idle 内で処理する) after_idle(loop) も同様に、
idle中に行う処理を行っている最中に、idle中に行う処理を追加します。
仕事を増やし続ける事になり、通常のイベント処理に移る事なく、
無限ループになってしまいます。→ GUI のイベントループに処理が回らなくなる。

この場合は明確な区別が必要で、
after idle と after 0ms を組み合わせる対処法が知られてます。
ちなみに、この対処が必要なのは、 0ms の場合のみで、
after 1ms の場合は(実行効率はともかく) GUI を止めることはありません。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.49%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る