質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.78%

Python Djangoのsettings.py内に記述したSecret keyが認識されない

受付中

回答 0

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 563

前提・実現したいこと

現在Python,Djangoを用いてWebアプリの開発を勉強しています。本番運用と開発環境を区別するためにsettings.pyを3つに分割して開発を進めたいです

発生している問題・エラーメッセージ

まずsettings.pyをsettings.py(本番用でまだ使用しないファイル),settings_common.py(本番運用と開発環境で共通する設定部分を書いたファイル),settings_dev.py(開発用の設定ファイル)の3つに分割しました。
Secret Keyは3のファイルに記述してあり、それを1と2に全てインポートしています。

しかし、settings_devを用いてrunserverやmakemigrationsなどをコマンドを入力するとThe Secret Key must not be emptyと認識されてしまい開発が進められない状態です

 File "C:\Users\yuto1\Anaconda3\envs\MyDjango\lib\site-packages\django\conf\__init__.py", line 161, in __init__
    raise ImproperlyConfigured("The SECRET_KEY setting must not be empty.")
django.core.exceptions.ImproperlyConfigured: The SECRET_KEY setting must not be empty.

該当のソースコード

@settings.common(開発環境と本番環境共通の設定ファイル)

import os
import logging
from django.contrib.messages import constants as messages
from accounts.models import CustomUser

BASE_DIR = os.path.dirname(os.path.dirname(os.path.abspath(__file__)))
TEMPLATES_DIRS = os.path.join(BASE_DIR,"templates")
ALLAUTH_DIR = os.path.join(BASE_DIR,"templates","allauth")

SECRET_KEY = '*****'
#実際にはsecret kyeが記述してあります

INSTALLED_APPS = [
    "accounts.apps.AccountsConfig",
    "blog.apps.BlogConfig",
    'django.contrib.admin',
    'django.contrib.auth',
    'django.contrib.contenttypes',
    'django.contrib.sessions',
    'django.contrib.messages',
    'django.contrib.staticfiles',
]

MIDDLEWARE = [
    'django.middleware.security.SecurityMiddleware',
    'django.contrib.sessions.middleware.SessionMiddleware',
    'django.middleware.common.CommonMiddleware',
    'django.middleware.csrf.CsrfViewMiddleware',
    'django.contrib.auth.middleware.AuthenticationMiddleware',
    'django.contrib.messages.middleware.MessageMiddleware',
    'django.middleware.clickjacking.XFrameOptionsMiddleware',
]

ROOT_URLCONF = 'book_study2.urls'

TEMPLATES = [
    {
        'BACKEND': 'django.template.backends.django.DjangoTemplates',
        'DIRS': [TEMPLATES_DIRS,ALLAUTH_DIR],
        'APP_DIRS': True,
        'OPTIONS': {
            'context_processors': [
                'django.template.context_processors.debug',
                'django.template.context_processors.request',
                'django.contrib.auth.context_processors.auth',
                'django.contrib.messages.context_processors.messages',
            ],
        },
    },
]

WSGI_APPLICATION = 'book_study2.wsgi.application'

DATABASES = {
    'default': {
        'ENGINE': 'django.db.backends.postgresql_psycopg2',
        #"NAME" must be a name of the datebase
        'NAME': "blog",
        "USER":os.environ.get("DB_USER"),
        "PASSWORD":os.environ.get("DB_PASSWORD"),
        "HOST":"",
        "PORT":""
    }
}

AUTH_PASSWORD_VALIDATORS = [
    {
        'NAME': 'django.contrib.auth.password_validation.UserAttributeSimilarityValidator',
    },
    {
        'NAME': 'django.contrib.auth.password_validation.MinimumLengthValidator',
    },
    {
        'NAME': 'django.contrib.auth.password_validation.CommonPasswordValidator',
    },
    {
        'NAME': 'django.contrib.auth.password_validation.NumericPasswordValidator',
    },
]


LANGUAGE_CODE = 'ja'

TIME_ZONE = 'Asia/Tokyo'

USE_I18N = True

USE_L10N = True

USE_TZ = True

STATIC_URL = '/static/'
STATICFILES_DIRS =[
    os.path.join(BASE_DIR,"static"),
]

MESSAGE_TAGS = {
    messages.ERROR:"alert alert-danger",
    messages.WARNING:"alert alert-warning",
    messages.SUCCESS:"alert alert-success",
    messages.INFO:"alert alert-info",
}

AUTH_USER_MODEL = "accounts.CustomUser"



@settings_dev(開発環境)

from .settings_common import *

SECRET_KEY = '***'
#実際にはsecret keyが記述してあります

DEBUG = True

ALLOWED_HOSTS = []

LOGGING={
    "version":1,
    "disable_existing_loggers":False,

    "loggers":{
        "django":{
            "handlers":["console"],
            "level":"INFO",
        },
        "blog":{
            "handlers":["console"],
            "level":"DEBUG",
        },
    },
    "handlers":{
        "console":{
            "level":"DEBUG",
            "class":"logging.StreamHandler",
            "formatter":"dev"
        }
    },
    "formatters":{
        "dev":{
            "format":"\t".join([
            "%(asctime)s",
            "[%(levelname)s]",
            "%(pathname)s(Line:%(lineno)d)",
            "%(message)s"
            ])
        },
    }
}


EMAIL_BACKEND = "django.core.mail.backends.console.EmailBackend"


@settings.py(本番環境)

from .settings_common import *

SECRET_KEY = '****'
#本当はsecret keyが記述してあります

試したこと

settings_common.pyの全てをインポートすることでsecret keyの記述を避ける
各ファイルに直接secret keyを記述する

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

Python,django,postgresqlなどのツールは9/12日時点で最新バージョンのモノを使っています
また各ファイルに記述しているsecret keyは全く同じモノを記述しています

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.78%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る