質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.50%

  • Java

    15810questions

    Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

javaである期間の経過年月日時分秒を算出したい

受付中

回答 4

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 2
  • VIEW 8,877

luckyclock

score 54

下記のようなStringで与えられる年月日時分秒
"2014/12/20 23:45:23"と
現在の時刻を比較し、
与えられた時刻から現在までyy年mmか月dd日 hh時間mm分ss秒経過
のように表示したいのですが、詰まってます。

わかりやすい例で行くと
下記サイトさんに時分秒を追加したような感じです。
http://keisan.casio.jp/exec/system/1177658154

追記

うるう年は考慮したいです。
月が違う場合例えば2016年1月1日~3月4日だと初日を1日目としたとすると、2か月と4日になります。
2016年2月28日~4月1日なら1か月と4日ですが、今年はうるう年なので1カ月と5日になります。

2月28日~4月28日ですと2か月と1日、2月28日~4月29日ですと2か月と2日になります。

とりあえず下記のプログラムで
大半は取得できていますが、○○日経過の
○○日の部分が出せていません。

経過月数を使って何かと引き算すれば出せそうな気がするのですが思いつきません。

public class DifferenceDays {
    public int differenceDay;    //期間の全日数
    public int differenceMonth;    //期間の全月数
    public int differenceYear;    //経過年数
    public int month;               //1年未満の経過月数
    public int day;                 //1か月未満の経過日数
    public int hour;        //経過時
    public int minute;        //経過分
    public int second;        //経過秒
}

public class DifferenceDaysCalc {

  public DifferenceDays date;

    public DifferenceDaysCalc(){
    date = new DifferenceDays();
    }

    public DifferenceDays calcDay(String day){
        String _day;
        Date start = null;
        Date today = null;
        try {
//とりあえず固定値でテスト
            start = new SimpleDateFormat("yyyy'/'MM'/'dd HH:mm:ss", Locale.JAPANESE).parse("2016/1/24 12:34:12");
            today = new SimpleDateFormat("yyyy'/'MM'/'dd HH:mm:ss", Locale.JAPANESE).parse("2016/1/25 00:10:00");
 //           SimpleDateFormat format = new SimpleDateFormat("yyyy/MM/dd HH:mm:ss");
 //           String str = format.format(new Date());
 //           today = format.parse(str);
        }
        catch (Exception e) {
        }
        date.differenceDay = differenceDays(today, start);       //経過日数
        date.differenceMonth = differenceMonth(today, start);    //経過月数
        date.differenceYear = date.differenceMonth / 12;         //経過年数
        date.Month = date.differenceMonth % 12;    //1年未満の経過月数                             //1年未満の経過月数
                                 //1か月未満の経過日数
        date.hour = differenceHours(today, start);     //経過時
        date.minute = differenceMinute(today, start);  //経過分
        date.second = differenceSecond(today, start);  //経過秒
        return date;
    }

    public static int differenceDays(Date date1,Date date2) {
        long datetime1 = date1.getTime();
        long datetime2 = date2.getTime();
        long one_date_time = 1000 * 60 * 60 * 24;
        long diffDays = (datetime1 - datetime2) / one_date_time;
        return (int)diffDays;
    }

    public static int differenceHour(Date date1,Date date2) {
        long datetime1 = date1.getTime();
        long datetime2 = date2.getTime();
        long diffHour = (datetime1 - datetime2) / 1000 / 60 / 60 % 24;
        return (int)diffHour;
    }

    public static int differenceMinute(Date date1,Date date2) {
        long datetime1 = date1.getTime();
        long datetime2 = date2.getTime();
        long diffMinute = (datetime1 - datetime2) / 1000 / 60 % 60;

        return (int)diffMinute;
    }

    public static int differenceSecond(Date date1,Date date2) {
        long datetime1 = date1.getTime();
        long datetime2 = date2.getTime();
        long diffSecond = (datetime1 - datetime2) / 1000 % 60;
        return (int)diffSecond;
    }

    public static int differenceMonth(Date date1, Date date2) {
        Calendar cal1 = Calendar.getInstance();
        cal1.setTime(date1);
        cal1.set(Calendar.DATE, 1);
        Calendar cal2 = Calendar.getInstance();
        cal2.setTime(date2);
        cal2.set(Calendar.DATE, 1);
        int count = 0;
        if (cal1.before(cal2)) {
            while (cal1.before(cal2)) {
                cal1.add(Calendar.MONTH, 1);
                count--;
            }
        } else {
            count--;
            while (!cal1.before(cal2)) {
                cal1.add(Calendar.MONTH, -1);
                count++;
            }
        }
        return count;
    }
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • luckyclock

    2016/02/25 17:53

    構いません。
    そこは後でで初日を含むのか含まないのか設定で変えれるようにするつもりですので。

    キャンセル

  • swordone

    2016/02/25 17:57 編集

    それと、2016年2月28日~4月1日の期間の扱いが、うるう年か否かで変わるというのがどうにも解せないのですが。2月28日~3月28日の期間もうるう年か否かで(1か月と1日か1か月と2日か)変わるのですか?

    キャンセル

  • tkturbo

    2016/02/25 21:13

    もう2月は一律28日で計算していいのでは?普通なら2/28-4/28はジャスト2ヶ月でっせ

    キャンセル

回答 4

+3

Java8が使えるなら、PeriodとDurationを合わせて使うという方法もあります。

import java.time.Duration;
import java.time.LocalDate;
import java.time.LocalDateTime;
import java.time.Period;
import java.time.format.DateTimeFormatter;

public class Q28238 {

    public static void main(String[] args) {
        LocalDateTime start = LocalDateTime.parse("2014/12/25 23:45:23", DateTimeFormatter.ofPattern("uuuu/MM/dd HH:mm:ss"));
        LocalDateTime now = LocalDateTime.now();
        // 初日を1日目と数えるなら、その前の日を起点にすればいい
        LocalDate startLd = start.toLocalDate().minusDays(1);
        LocalDate nowLd = now.toLocalDate();
        Duration sec = Duration.between(start.toLocalTime(), now.toLocalTime());
        if(sec.isNegative()){
            sec = sec.plusDays(1);
            // 繰り下がり
            nowLd = nowLd.minusDays(1);
        }
        Period days = Period.between(startLd, nowLd);
        StringBuilder builder = new StringBuilder();
        builder.append(days.getYears()).append("年")
            .append(days.getMonths()).append("ヶ月")
            .append(days.getDays()).append("日 ")
            .append(sec.toHours()).append("時間")
            .append(sec.toMinutes() % 60).append("分")
            .append(sec.getSeconds() % 60).append("秒経過");
        System.out.println("start\t= " + start);
        System.out.println("now\t\t= " + now);
        System.out.println(builder);
    }

}


出力例:
start = 2014-12-20T23:45:23
now = 2016-02-25T11:31:27.787
1年2ヶ月4日 11時間46分4秒経過


Java7以下なら、Calendarクラスを最大限利用してこうなるかと…
日数については、例えば2/25->3/25の場合、2月の日数分経過していることになるので、
2/25->3/24の場合は(ゴールの年の2月の日数)-(足りない日数)になるという考えで計算しました。

import static java.util.Calendar.*;

import java.text.ParseException;
import java.text.SimpleDateFormat;
import java.util.Arrays;
import java.util.Calendar;
import java.util.Date;
import java.util.Locale;

public class Q28238_2 {

    static int[] units = { YEAR, MONTH, DAY_OF_MONTH, HOUR_OF_DAY, MINUTE, SECOND };

    public static void main(String[] args) throws ParseException {
        Date start = new SimpleDateFormat("yyyy'/'MM'/'dd HH:mm:ss", Locale.JAPANESE).parse("2016/1/24 12:34:12");
        Date today = new SimpleDateFormat("yyyy'/'MM'/'dd HH:mm:ss", Locale.JAPANESE).parse("2016/1/25 00:10:00");
        int[] result = new int[units.length];

        Calendar sCal = getInstance();
        Calendar tCal = getInstance();

        sCal.setTime(start);
        tCal.setTime(today);

        for (int i = units.length - 1; i >= 0; i--) {
            // 同じ単位同士で引き算
            result[i] = tCal.get(units[i]) - sCal.get(units[i]);
            // マイナスになった場合は繰り下がり処理
            if (result[i] < 0) {
                tCal.add(units[i - 1], -1);
                int add = tCal.getActualMaximum(units[i]);
                result[i] += (units[i] == DAY_OF_MONTH) ? add : add + 1;
            }
        }
        // 何年何か月という書式にするのが面倒だったので、配列そのまま出力するコードになってます
        System.out.println(Arrays.toString(result));
    }

}

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/02/25 11:57 編集

    それぞれの日が同じで時刻期間がマイナスになると、日数期間の日部分がマイナスになってしまうので、その場合分けが必要かも…

    追記:コード修正しました

    キャンセル

0

現状では各項目をそれぞれ計算しているので正しい結果にはなりません。

下記のようにしてはいかがでしょうか。
1-現在時刻から開始時刻のミリ秒の差分をとる。
2-1の値から秒を計算する。
3-1の値から2をミリ秒に変換した値を引く
4-3の値から分を計算する。
5-3の値から4をミリ秒に変換した値を引く。
以下年までに計算する。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/02/25 11:30

    6-以降どうなるのですか?
    特に日を出すところまで教えてください。

    キャンセル

  • 2016/02/25 12:13

    最後まで一緒ですよ。
    6-5の値から時を計算する。
    7-5の値から6をミリ秒に変換した値を引く
    8-7の値から日を計算する。
    9-7の値から8をミリ秒に変換した値を引く。
    10-9の値から月を計算する。
    11-9の値から10の値をミリ秒に変換した値を引く
    12-11の値から年を計算する。
    13-12の値から12をミリ秒に変換した値を引く。

    キャンセル

  • 2016/02/25 12:19

    「日を計算する」って簡単に言いますけど、月への繰り上がりが一定でないので簡単じゃないですよ。
    質問者さんはそこを知りたくて質問していると思うのですが。

    キャンセル

  • 2016/02/25 12:43

    指摘ありがとうございます。その通りでした。ごめんなさい。

    質問者さんは1ヶ月をどのように捉えていてどのようにしたいでしょうか。
    1ヶ月は30日として捉えているのか、それとも期間内の月を考慮して1ヶ月の29日から31日まで変動するのか。
    どのような仕様にする予定ですか?

    キャンセル

0

日付差分だけならdifferenceDaysの中身がこんな感じでいかが?

Calendar cal1 = Calendar.getInstance();
cal1.setTime(date1);
Calendar cal2 = Calendar.getInstance();
cal2.setTime(date2);
long longtime1 = c2.getTimeInMillis();

while(cal1.after(cal2)){
    longtime1 = cal1.getTimeInMillis();
    cal1.add(Calendar.MONTH, -1);
}
cal1.setTimeInMillis(longtime1);
cal1.add(Calendar.DATE, -1 * cal2.get(Calendar.DATE);
return (int)cal1.get(Calendar.DATE);

【追記】
年月日時分秒で差を求めるのだと下記のような感じになるかな?

Calendar c1 = Calendar.getInstance();
c1.setTime(date1);

Calendar c2 = Calendar.getInstance();
c2.setTime(date2);

// millisecond
c1.set(Calendar.MILLISECOND, 0);
c2.set(Calendar.MILLISECOND, 0);

// second
int sec = c1.get(Calendar.SECOND) - c2.get(Calendar.SECOND);
sec += (sec < 0) ? 60 : 0;
c1.add(Calendar.SECOND, -1 * sec);

// minute
int min = c1.get(Calendar.MINUTE) - c2.get(Calendar.MINUTE);
min += (min < 0) ? 60 : 0;
c1.add(Calendar.MINUTE, -1 * min);

// hour
int hour = c1.get(Calendar.HOUR) - c2.get(Calendar.HOUR);
hour += (hour < 0) ? 24 : 0;
c1.add(Calendar.HOUR, -1 * hour);

// day
long longtime1 = c1.getTimeInMillis();
c1.set(Calendar.DATE, 1);
c1.add(Calendar.DATE, -1);
int dayInLastMonth = c1.get(Calendar.DATE);
c1.setTimeInMillis(longtime1);
int day = c1.get(Calendar.DATE) - c2.get(Calendar.DATE);
day += (day < 0) ? dayInLastMonth : 0;
c1.add(Calendar.DATE, -1 * day);

// month
int month = c1.get(Calendar.MONTH) - c2.get(Calendar.MONTH);
month += (month < 0) ? 12 : 0;
c1.add(Calendar.MONTH, -1 * month);

// year
int year = c1.get(Calendar.YEAR) - c2.get(Calendar.YEAR);

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

0

民法 第一編 第六章 期間の計算(第138条―第143条)に期間計算についての記述があります。
この条文を忠実に守るのも1つの仕様、luckyclockさんオリジナルの期間計算法を定めるのも1つの仕様です。
仕様があいまいだと、実装や検査でつらい思いをしますので、まずは仕様を固めることをお勧めします。

Excelの期間計算関数DATEDIFに深刻なバグがあることをご存じでしょうか?
このバグ回避のための、かつ民法に沿った方法がネット上にいろいろ公開されていますので、それを参考にするのも1つの手です。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

同じタグがついた質問を見る

  • Java

    15810questions

    Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。