質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.07%

AWS Lambda関数にて複数のデータを返す戻り値にしたい

受付中

回答 0

投稿

flag 質問者が1日前に「まだ回答を求めています」と言っています。

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 78

umai29

score 16

AWSのdynamoDBにて、複数の店舗データを管理しています。
Lambda関数でdynamoDBよりデータを配列に格納し、そのデータをキーとして
あるサービスのAPIより、認証情報を取得するプログラムを作成しています。

1店舗であれば、現時点で実装できるのですが、
これを複数の店舗分について、ループで実装したいと考えています。

現状ですと、ループの中でreturnをしても最初のループの結果しか返さないので、
これを複数の店舗の認証情報を返すようにしたいのです。

5店舗ならループ5回、10店舗ならループを10回して、各々の店舗の認証情報を返すようにしたいのです。
配列やJSONなどのデータを戻り値にすればよいかとも考えたのですが、それを戻り値にしてしまうと、その後の取得した認証情報を使った処理を直接できなくなるため、何かいい方法はないかと思い、質問致しました。

ご教示の程よろしくお願い致します。

import requests
import json
import boto3

dynamodb = boto3.resource('dynamodb')
table = dynamodb.Table(テーブル名)
store = {}

# 認証情報を取得する関数
def getAuth(i):
    # 認証情報取得処理 #

# main
def lambda_handler(event, context):
    # テーブルのデータ全件取得
    request = table.scan()
    n = 0
    for item in request['Items']:
        store[n] = {
            'id': item['store_id'],
            'name': item['store_name'],
            (中略)
        }
        n += 1

    for i in range(n):
        # 認証情報を取得し、返す
     return getAuth(i)
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正の依頼

  • FiroProchainezo

    2020/08/03 10:21

    returnで複数の値を返したいなら、listにするか、dictにするか、それぞれの処理でファイル(別の場所)に落とす処理などを書いてファイルを取得する処理を別に書くかのいずれかだと思いますよ。
    もしくは、呼び出す方をループしてはいかがですか?

    キャンセル

  • umai29

    2020/08/04 07:26

    ご回答いただきありがとうございます。

    説明で書いていなかったのですが、あくまでもLambda関数は1つにして、複数の店舗の情報を取得できるようにしたいのです。

    複数の値を返すとは言ったのですが、厳密にいうと単一の値を複数個というのが最終的に欲しいものです。うまく説明できなくて恐縮なのですが・・・
    listやdictも考えたのですが、それですとreturnで返す値は[店舗1の認証情報, 店舗2の認証情報, ・・・]
    となってしまうため、そうではなく、店舗1の処理実行時は店舗1の認証情報、店舗2の処理実行時は店舗2の認証情報をというようにしたいのです。

    そうなりますとやはり、呼び出すほうをループするという方法がいいのかなと思ったのですが、
    それは上記のlambda関数とは別で、それを呼び出すプログラムを作成する必要があるということでしょうか?

    よろしくお願い致します。

    キャンセル

  • FiroProchainezo

    2020/08/05 10:34

    そうですね、呼び出す側のプログラムが必要ですね。(呼び出すときにパラメータ指定をして呼び出しましょう)

    状況がよくわからないですが、単一の値を複数個というのは、入力によって出力が決まるということだと思いますので、一般的な関数と同じように作れば良いと思います。
    呼び出し方や戻り値の取得方法はLambdaの仕様に従う必要があります。

    キャンセル

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.07%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る