質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.92%

カメラを起動中にタップで写真撮影、長押しで動画撮影をしたい

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 209

Yeezy21

score 18

前提・実現したいこと

AVCaptureMovieFileOutputを使って動画撮影ができるカメラを作ってて、インスタグラムのストーリーのカメラのようにタップで写真撮影、長押しで動画撮影ができるカメラを作りたいです。
AVCapturePhotoOutputを使い写真を撮影できるカメラは作ったことがあるのですが、同時に撮影できないので困っています。
解決策を知ってる方教えてください。

動画撮影のカメラを作る際に参考にした記事

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

ちょっと興味があったので試してみました。

上記の記事をみると、プレビューについては参考にされた Qiita の記事

と共通のようです。

あとは、撮影時に「ビデオにする」か「写真にする」かで処理を変えれば良さそうに思えました。

ということで、双方の記事を参考に、共通のプレビューで動画撮影と静止画撮影を個別にできるようなコードを書いてみました。

今回は個別にボタンを用意していますが、実際は通常のタップろロングタップで処理を切り替えれば良さそうです。

本来であれば、ビデオ撮影時は静止画を撮影できない(ボタンを選択できないようにする)などの処理が必要ですが、その辺りは無視していますのでご注意ください。

また、写真については露出などの設定をしていないため、暗くなってしまうようですが、そのあたりは適切に手を加えていただければと思います。

あと、Swift5 で書いていますので、Qiita の元記事(Swift4)とは一部メソッドなどが異なっている点にもご注意ください。

// https://medium.com/@shiba1014/avfoundation%E3%82%92%E7%94%A8%E3%81%84%E3%81%9F%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%81%AE%E5%AE%9F%E8%A3%85-a8f462392265

import UIKit
import AVFoundation
import Photos

// MARK: AVCapturePhotoCaptureDelegate を追加
class RecordViewController: UIViewController, AVCaptureFileOutputRecordingDelegate, AVCapturePhotoCaptureDelegate {
    let fileOutputForVideo = AVCaptureMovieFileOutput()

    var recordButton: UIButton!
    //
    var stillButton: UIButton!

    var isRecording = false

    // MARK: 移動 - トップレベルで宣言
    let captureSession = AVCaptureSession()

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        setUpPreview()
    }

    func setUpPreview() {
        let videoDevice = AVCaptureDevice.default(for: AVMediaType.video)
        let audioDevice = AVCaptureDevice.default(for: AVMediaType.audio)

        do {
            if videoDevice == nil || audioDevice == nil {
                throw NSError(domain: "device error", code: -1, userInfo: nil)
            }

            // MARK: 移動 - ほかの関数から参照するので、トップレベルに移動
            //let captureSession = AVCaptureSession()

            // video inputを capture sessionに追加
            let videoInput = try AVCaptureDeviceInput(device: videoDevice!)
            captureSession.addInput(videoInput)

            // audio inputを capture sessionに追加
            let audioInput = try AVCaptureDeviceInput(device: audioDevice!)
            captureSession.addInput(audioInput)

            // MARK: 撮影直前に設定する
            // max 30sec
            //fileOutputForVideo.maxRecordedDuration = CMTimeMake(value: 30, timescale: 1)
            //captureSession.addOutput(fileOutputForVideo)

            // プレビュー
            let videoLayer : AVCaptureVideoPreviewLayer = AVCaptureVideoPreviewLayer(session: captureSession)
            videoLayer.frame = self.view.bounds
            videoLayer.videoGravity = AVLayerVideoGravity.resizeAspectFill
            self.view.layer.addSublayer(videoLayer)

            captureSession.startRunning()

            setUpButtonForVideo()
            // MARK: 写真用のボタン
            setUpButtonForPhoto()
        } catch {
            // エラー処理
        }
    }

    func setUpButtonForVideo() {
        recordButton = UIButton(frame: CGRect(x: 0,y: 0,width: 120,height: 50))
        recordButton.backgroundColor = UIColor.gray
        recordButton.layer.masksToBounds = true
        recordButton.setTitle("録画開始", for: .normal)
        recordButton.layer.cornerRadius = 20.0
        recordButton.layer.position = CGPoint(x: self.view.bounds.width/2, y:self.view.bounds.height-50)
        recordButton.addTarget(self, action: #selector(onClickRecordButtonForVideo(sender:)), for: .touchUpInside)

        self.view.addSubview(recordButton)
    }

    // MARK: 写真撮影用のボタン
    func setUpButtonForPhoto() {
        stillButton = UIButton(frame: CGRect(x: 0,y: 0,width: 120,height: 50))
        stillButton.backgroundColor = UIColor.gray
        stillButton.layer.masksToBounds = true
        stillButton.setTitle("撮影", for: .normal)
        stillButton.layer.cornerRadius = 20.0
        stillButton.layer.position = CGPoint(x: self.view.bounds.width/2, y:self.view.bounds.height-124)
        stillButton.addTarget(self, action: #selector(onClickRecordButtonForPhoto(sender:)), for: .touchUpInside)

        self.view.addSubview(stillButton)
    }

    @objc func onClickRecordButtonForVideo(sender: UIButton) {
        if !isRecording {
            // MARK: 移動 - ビデオ撮影前に出力を追加
            fileOutputForVideo.maxRecordedDuration = CMTimeMake(value: 30, timescale: 1)
            captureSession.addOutput(fileOutputForVideo)

            // 録画開始
            let paths = NSSearchPathForDirectoriesInDomains(.documentDirectory, .userDomainMask, true)
            let documentsDirectory = paths[0] as String
            let filePath : String? = "\(documentsDirectory)/temp.mp4"
            let fileURL : NSURL = NSURL(fileURLWithPath: filePath!)
            fileOutputForVideo.startRecording(to: fileURL as URL, recordingDelegate: self)

            isRecording = true
            changeButtonColor(target: recordButton, color: UIColor.red)
            recordButton.setTitle("録画中", for: .normal)
        } else {
            // 録画終了
            fileOutputForVideo.stopRecording()

            isRecording = false
            changeButtonColor(target: recordButton, color: UIColor.gray)
            recordButton.setTitle("録画開始", for: .normal)

            // MARK: 追加 - 撮影後にビデオ出力を削除
            // 手持ちの iPhone だと、出力は1つしか追加できないので、使用後は削除する
            captureSession.removeOutput(fileOutputForVideo)
        }
    }

    // MARK: 追加 - 撮影の処理
    @objc func onClickRecordButtonForPhoto(sender: UIButton) {
        // 必要であれば露出などのセッティングを行う
        let settings = AVCapturePhotoSettings()
        let fileOutputForPhoto = AVCapturePhotoOutput()

        // 撮影前にデバイスを追加し、撮影。終了後はデバイスを削除
        captureSession.addOutput(fileOutputForPhoto)
        fileOutputForPhoto.capturePhoto(with: settings, delegate: self)
        captureSession.removeOutput(fileOutputForPhoto)
    }

    func changeButtonColor(target: UIButton, color: UIColor) {
        target.backgroundColor = color
    }

    func fileOutput(_ output: AVCaptureFileOutput, didFinishRecordingTo outputFileURL: URL, from connections: [AVCaptureConnection], error: Error?) {
        // ライブラリへ保存
        PHPhotoLibrary.shared().performChanges({
            PHAssetChangeRequest.creationRequestForAssetFromVideo(atFileURL: outputFileURL)
        }) { completed, error in
            if completed {
                print("Video is saved!")
            }
        }
    }

    // MARK: 静止画の保存
    func photoOutput(_ output: AVCapturePhotoOutput, didFinishProcessingPhoto photo: AVCapturePhoto, error: Error?) {
        guard let photoData = photo.fileDataRepresentation(),
            let image = UIImage(data: photoData) else { return }

        PHPhotoLibrary.shared().performChanges({
            PHAssetChangeRequest.creationRequestForAsset(from: image)
        }) { completed, error in
            if completed {
                print("Photo is saved!")
            }
        }
    }
}

以前の回答

1つのボタンに対し、通常のタップ時の処理と、ロングタップ時の処理両方をつけ、それぞれの動作に応じて写真撮影、あるいは動画撮影と分ければ可能なように思えます。

通常のボタンの動作は StoryBoard、ロングタップはコードで追加するなら下記のような感じでしょうか。

import UIKit

class ViewController: UIViewController {
    @IBOutlet weak var button: UIButton!

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view.
        let longGesture = UILongPressGestureRecognizer(target: self, action: #selector(longTap))
        button.addGestureRecognizer(longGesture)
    }

    @IBAction func normalTouch(_ sender: Any) {
        print("通常のタッチ")
    }

    @objc func longTap(_ sender: UIGestureRecognizer){
        if sender.state == .began {
            print("ロングタッチ開始")
        }
    }
}

あるいは、Long Press Gresture Recognizer も StoryBoard で追加し、アウトレットを引っ張ってくる方法もあるかと思います。

    @IBAction func longTouch(_ sender: UILongPressGestureRecognizer) {
        if sender.state == .began {
            print("ロングタッチ開始")
        }
    }

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2020/07/19 13:05

    回答ありがとうございます! タッチとロングタッチのアクション切り分けはできるのですが、一つのViewControllerでAVCaptureMovieFileOutputとAVCapturePhotoOutputを使うことはできるのでしょうか?
    AVFoundation周りが難しくてハマっています。

    キャンセル

  • 2020/07/19 15:45

    そういうことなんですね。
    理解しました。

    本文に追記しましたが、プレビューは共通にして、あとは出力時に出力先を変えれば良さそうな感じです。

    キャンセル

  • 2020/07/19 21:26

    本当にありがとうございます!!
    まさに求めていた回答です!
    こちら試させていただきますね!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.92%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る