質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.92%

swift firestore での条件付き検索を実現したい

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 175

yuji.William

score 4

前提・実現したいこと

プログラミング初心者です。現在swiftにて掲示板を作成しています。そこで表示される掲示板の内容を、投稿時に保存させたチェックリストのデータA(配列形式)と掲示板画面内で任意で保存するチェックリストのデータB(配列形式)とを結びづけて、一つでも一致する項目があるならばそのcellを返す。と言った実装をしようとしているのですが、なぜだか検討するViweController内で先に呼び出されて欲しいデータAがデータBの後に呼び出されてしまってうまくいきません。(データAで呼び出したデータの配列をデータBを呼び出す際に利用したいから)
うまく言語化出来ないのですが、データが呼び出される順番を指定できるならば教えて頂きたいです。
それともそもそも、このやり方自体が不可能なのであればアドバイスをお願いします。
コードも恐らくグチャグチャです。。。

該当のソースコード

class CirecleTableViewController: UITableViewController,CircleAlertDelegate {

    var timelines = [CircleDataModel]()
    //セル内のデータ受け取り先
    var circleName = ""
    var universityName = ""
    var circleExpla = ""
    var circleIconString = ""
    var mainImageString = ""

    //セル外のデータの受け取り
    var circleLongExpla = ""
    var circleMember = ""
    var instagramA = ""
    var twitterA = ""

    var tagLists = [String]()

    var ref:DocumentReference!
    var defaultStore : Firestore!


    @IBOutlet var tableview: UITableView!
    let cellSpacingHeight: CGFloat = 5

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
     ---省略---

        defaultStore = Firestore.firestore()  
    }

    // MARK: - Table view data source

**ここでデータのやり取りを行っている**
    override func viewDidAppear(_ animated: Bool) {
        super.viewDidAppear(animated)

        HUD.show(.progress)
        let select = UserDefaults.standard.object(forKey: "selected") as Any as? String
        print(select as Any)

        //もしselectがされていなければ全表示
        if select == "selected" {

        //選択したタグに関連がある内容のみ表示する
            self.timelines.removeAll()

            //現段階ではcircleNameがMr'UniverCityの内容のみ呼び出している
            //これをtagListsがuserのtagListsと一つでも一致していれば表示の形に変えなければならない


            //自分のtaglistを読み込む

**データA**
            HUD.show(.progress)
            let docRef = defaultStore.collection("TagLists").document(self.userID)
            docRef.getDocument { (snapshot, error) in
                if error == nil, let snapshot = snapshot ,let data = snapshot.data(){

                    let tagLists = data["tagLists"]! as! Array<Any>
                    print(tagLists as Any)

                } else {
                    print("Document does not exist")
                }
              HUD.hide()
            }
**データB**
**そもそもこのwhereFieldのisEqualToに配列を入れられるのかが分からない**
            //読み込んだタグと照らし合わせる
            defaultStore.collection("CirclePost").whereField("tagLists", isEqualTo: tagLists)
                .getDocuments() { (documentSnapshot, err) in
                if let err = err {
                    print("Error getting documents: \(err)")
                } else {
                    for document in documentSnapshot!.documents {
                        print("\(document.documentID) => \(document.data())")

                        let documentSnapshot = document as DocumentSnapshot
                        let timeline = CircleDataModel(snapshot: documentSnapshot)
                        print(timeline)
                        self.timelines.insert(timeline, at: 0)
                        let documentID = documentSnapshot.documentID

                        print("投稿者のドキュメントIDが取得できる")
                        print(documentID)
                    }
                    self.tableView.reloadData() // 先ほど書いたprint文をこちらに変更
                }
            }


        } else {

            //
        defaultStore.collection("CirclePost").getDocuments{(DocumentSnapshot,error) in

            //
            self.timelines.removeAll()

            if error == nil, let snapshot = DocumentSnapshot {
                for document in snapshot.documents {

                    let documentSnapshot = document as DocumentSnapshot
                    let timeline = CircleDataModel(snapshot: documentSnapshot)
                    print(timeline)
                    self.timelines.insert(timeline, at: 0)
                    let documentID = documentSnapshot.documentID

                    print("投稿者のドキュメントIDが取得できる")
                    print(documentID)

                }
                 self.tableView.reloadData() // 先ほど書いたprint文をこちらに変更
            }
        }

      }

        HUD.hide()
    }


    //セクションの数を決めている。
    override func numberOfSections(in tableView: UITableView) -> Int {
        // #warning Incomplete implementation, return the number of sections

        return 1
        //return circleNameArray.count
    }

    //セルの数
    override func tableView(_ tableView: UITableView, numberOfRowsInSection section: Int) -> Int {
        // #warning Incomplete implementation, return the number of rows
//        return postArray.count
        return timelines.count
    }

      //セルの内容を決める
      override func tableView(_ tableView: UITableView, cellForRowAt indexPath: IndexPath) -> UITableViewCell {

        //customTableViewCellという名前のセルを決める
          let cell = tableView.dequeueReusableCell(withIdentifier: "customTableViewCell", for: indexPath) as! TableViewCell

        //cellタップ時に色が変わらないようにする
         cell.selectionStyle = UITableViewCell.SelectionStyle.none

        let circleDataModel = timelines[indexPath.row]
        cell.circleDataModel = circleDataModel

         cell.delegate = self

            return cell

      }


      func configureTableView() {
          tableview.estimatedRowHeight = 435
        tableView.rowHeight = UITableView.automaticDimension

      }

    ---省略---

firestoreの中身

データB
イメージ説明
データA
イメージ説明

修正後ソースコード

 if select == "selected" {

        //選択したタグに関連がある内容のみ表示する
            self.timelines.removeAll()

            //現段階ではcircleNameがMr'UniverCityの内容のみ呼び出している
            //これをtagListsがuserのtagListsと一つでも一致していれば表示の形に変えなければならない


            //自分のtaglistを読み込む

            HUD.show(.progress)
**データA**
            let docRef = defaultStore.collection("TagLists").document(self.userID)
            docRef.getDocument { (snapshot, error) in
                if error == nil, let snapshot = snapshot ,let data = snapshot.data(){

                    let tagLists = data["tagLists"]! as! Array<Any>
                    print(tagLists as Any)


                    //読み込んだタグと照らし合わせる
     **データB**
                    self.defaultStore.collection("CirclePost").whereField("tagLists", isEqualTo: tagLists)
                        .getDocuments() { (documentSnapshot, err) in
                        if let err = err {
                            print("Error getting documents: \(err)")
                        } else {
                            for document in documentSnapshot!.documents {
                                print("\(document.documentID) => \(document.data())")

                                let documentSnapshot = document as DocumentSnapshot
                                let timeline = CircleDataModel(snapshot: documentSnapshot)
                                print(timeline)
                                self.timelines.insert(timeline, at: 0)
                                let documentID = documentSnapshot.documentID

                                print("投稿者のドキュメントIDが取得できる")
                                print(documentID)
                            }
                            self.tableView.reloadData() // 先ほど書いたprint文をこちらに変更
                        }
                    }



                } else {
                    print("Document does not exist")
                }
              HUD.hide()
            }


        } else { ---省略---
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • fuzzball

    2020/07/08 09:49

    let tagLists = data["tagLists"]! as! Array<Any>
    の下に、データBの処理を書けばいいんじゃないでしょうか?

    キャンセル

  • yuji.William

    2020/07/08 13:03

    データの入れ子が可能なんですね!
    ありがとうございます
    一度試してみます!!

    キャンセル

  • yuji.William

    2020/07/08 18:47 編集

    修正して再度試してみましたが期待しているcellを表示することが出来ていません。
    whereField("tagLists", isEqualTo: tagLists) このやり方では出来ないと言うことでしょうか。
    (配列内で一つでも一致するものがあればそのセルを返す実装をしようとしています)

    このやり方で色々試して見たところ、データBの配列に格納された順番通りに全てデータAでも格納した状態でないと表示されません。
    上記にある通り、順番に問わず一つでも一致していれば表示させたいので、そういったやり方が可能なのであればお願いします。

    キャンセル

回答 1

check解決した方法

0

//defaultStore.collection("CirclePost").whereField("tagLists", isEqualTo: tagLists)
//arrayContainsAnyを利用することで解決しました
self.defaultStore.collection("CirclePost").whereField("tagLists", arrayContainsAny: tagLists)


考えていただきありがとうございました

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.92%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る