質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.11%

VBAで条件に一致する集計をしたい!

解決済

回答 3

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 250

taki_room

score 1

今回会社で、以下の条件に一致する集計システムを作るように言われたのですが、VBAをさわるのは初めてで苦戦しています。

【条件】

・応募日(D列)より、月のユニーク応募数を集計する
・月ごとの掲載企業(A列)ごとの応募数を集計する
・月ごとの都道府県(C列)ごとの応募数を集計する
・月ごとの掲載企業(A列)ごとの求人数を集計する

【サンプル画像】
イメージ説明

自分でもコードを調べて少しずす書いているのですが、如何せんうまくいきません。
大変恐縮ですが、どなたか上記の集計システムを作るコードをご教授いただけますでしょうか。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • 退会済みユーザー

    2020/07/01 05:34

    複数のユーザーから「やってほしいことだけを記載した丸投げの質問」という意見がありました
    「質問を編集する」ボタンから編集を行い、調査したこと・試したことを記入していただくと、回答が得られやすくなります。

  • ttyp03

    2020/07/01 08:54

    > 如何せんうまくいきません
    うまくいかなかったコードを提示してください。
    丸投げの質問は推奨されません。

    キャンセル

回答 3

checkベストアンサー

0

記載するVBAはCollectionとワークシート関数を使ったサンプルになります。
日付が全て6月でしたので7月、8月、9月などダミーで作成してください。
まず、シート名をdataと仮定しE列に集計用の応募月を追加するマクロを実行します(手作業でも構いません)。

次に、集計結果のシートを手作業で集計1として集計用シートを作成しておいてください(集計用マクロを実行するたびに手作業でシートの内容をクリアしてください)。

最後に、集計条件で応募数と求人数の区別がつかなかったため最後の集計条件は未作成です。
参考になるかはわかりませんが、よろしくお願いします。

Sub 加工()

Dim maxrow As Double

'■集計用に応募月を付与します

maxrow = Sheets("data").Range("A1").End(xlDown).Row

With Sheets("data")
        .Range("E1").Value = "応募月"
End With

With Sheets("data")

        For i = 2 To maxrow
                .Range("E" & i).Value = WorksheetFunction.Text(.Range("d" & i).Value, "yyyy/mm")
        Next
End With

End Sub
Sub ユニーク応募数の集計()

    Dim c As New Collection
    Dim maxrow As Double
    Dim i As Double

    On Error Resume Next

    maxrow = Sheets("data").Range("A1").End(xlDown).Row


    For i = 2 To maxrow

       c.Add Sheets("data").Range("D" & i), Format(Sheets("data").Range("D" & i).Value, "yyyy/mm/dd")
    Next i


    On Error GoTo 0



    For i = 1 To c.Count
        Sheets("集計1").Range("A" & i) = c(i)
        Sheets("集計1").Range("B" & i) = WorksheetFunction.CountIfs(Sheets("data").Range("D:D"), Sheets("集計1").Range("A" & i))

    Next i

End Sub
Sub 掲載企業名の集計()

    Dim MyCompany  As New Collection
    Dim Mymonth As New Collection
    Dim maxrow As Double
    Dim i As Double
    Dim j As Double

  '■Collectionをつかって重複を省く集計行の一覧を作成

    On Error Resume Next

    maxrow = Sheets("data").Range("A1").End(xlDown).Row

    For i = 2 To maxrow

       MyCompany.Add Sheets("data").Range("A" & i), Sheets("data").Range("A" & i) '■掲載企業名
       Mymonth.Add Sheets("data").Range("E" & i), Sheets("data").Range("E" & i) '■応募月(yyyy/mm)
    Next

    On Error GoTo 0


    '■掲載企業名を展開する(集計用)

    For i = 1 To MyCompany.Count
         Sheets("集計1").Range("A" & i + 1).Value = MyCompany(i)
    Next

     '■集計月を展開する(集計用)

    For i = 1 To Mymonth.Count
        Sheets("集計1").Cells(1, i + 1).Value = Mymonth(i)
    Next

    '■ワークシート関数でクロス集計を行う
    For i = 2 To MyCompany.Count + 1

     For j = 2 To Mymonth.Count + 1

        With Sheets("集計1")
        .Cells(i, j) = WorksheetFunction.CountIfs(Sheets("data").Range("A:A"), .Cells(i, 1), Sheets("data").Range("E:E"), .Cells(1, j))

        End With

       Next j
    Next i



End Sub
Sub 都道府県の集計()

    Dim Mypref As New Collection
    Dim Mymonth As New Collection
    Dim maxrow As Double
    Dim i As Double
    Dim j As Double

  '■Collectionをつかって重複を省く集計行の一覧を作成

    On Error Resume Next

    maxrow = Sheets("data").Range("A1").End(xlDown).Row

    For i = 2 To maxrow

       Mypref.Add Sheets("data").Range("C" & i), Sheets("data").Range("C" & i) '■都道府県
       Mymonth.Add Sheets("data").Range("E" & i), Sheets("data").Range("E" & i) '■応募月(yyyy/mm)
    Next

    On Error GoTo 0


    '■都道府県名を展開する(集計用)

    For i = 1 To Mypref.Count
         Sheets("集計1").Range("A" & i + 1).Value = Mypref(i)
    Next

     '■集計月を展開する(集計用)

    For i = 1 To Mymonth.Count
        Sheets("集計1").Cells(1, i + 1).Value = Mymonth(i)
    Next

    '■ワークシート関数でクロス集計を行う
    For i = 2 To Mypref.Count + 1

     For j = 2 To Mymonth.Count + 1

        With Sheets("集計1")
        .Cells(i, j) = WorksheetFunction.CountIfs(Sheets("data").Range("C:C"), .Cells(i, 1), Sheets("data").Range("E:E"), .Cells(1, j))

        End With

       Next j
    Next i

End Sub

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2020/07/04 10:04

    ご希望の集計は出来ましたでしょうか。
    ワークシート関数で行っていますが
    使わなくても可能だと思います。

    キャンセル

0

色々な方のコメントを見ました。

少しお待ちください。

皆さんのおっしゃっていることはわかるのですが。初学者はしょうがないのです。

関数でやる場合はご存じですか?

そこからやりましょうか?

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2020/07/01 09:56

    追記です。
    マクロを使うまでもありませんという意見について。
    処理を行う方が、マスタを完璧に把握されている場合は、重複を人間がはぶいてリストを作るため
    確かに、あらかじめ項目がわかっている場合はCountifやSumifなどの関数で完結します。
    これができない場合はVBAを使う必要があります。

    キャンセル

  • 2020/07/01 10:01 編集

    回答者は適切な回答をできずに、ふるまいだけを責めるという・・。
    このサイトは初学者をディスりますね。ばかばかしいバカだけなので一時的なコメントするだけに戻りました。
    一旦離脱しましたがバカばっかりなので一時的な回答です。
    模範解答をしてまた脱退しますのでよろしくお願いします。
    回答まえに消される可能ありなので一旦意見だけとします。

    キャンセル

  • この投稿は削除されました

  • 2020/07/02 21:56 編集

    キャンセル

-1

マクロを使うまでもありません。

エクセルの機能で十分対応可能かと思われます。

まずは、エクセルでできることを把握し、
そのうえで「作業の自動化(=マクロ化)」を図りたい部分を明確にしましょう。

それでもマクロを作りたいと思うならば、
自分で地道に勉強しながら作ることになります。
その中で躓いたところを質問しましょう。

いきなり、「どんなコードになるの?」と聞くのは、
「マクロを作ってください。」と同意です。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2020/07/01 08:56

    実質の回答になってないので低評価とさせていただきます。
    またエクセルの機能で十分と提案するのなら、何の機能を使えばできるかなどの情報提供は必要かと。

    キャンセル

  • 2020/07/01 10:05

    まとも!!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.11%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる