質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
86.12%
Flask

FlaskはPython用のマイクロフレームワークであり、Werkzeug・Jinja 2・good intentionsをベースにしています。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

pandas

Pandasは、PythonでRにおけるデータフレームに似た型を持たせることができるライブラリです。 行列計算の負担が大幅に軽減されるため、Rで行っていた集計作業をPythonでも比較的簡単に行えます。 データ構造を変更したりデータ分析したりするときにも便利です。

HTML

HTMLとは、ウェブ上の文書を記述・作成するためのマークアップ言語のことです。文章の中に記述することで、文書の論理構造などを設定することができます。ハイパーリンクを設定できるハイパーテキストであり、画像・リスト・表などのデータファイルをリンクする情報に結びつけて情報を整理します。現在あるネットワーク上のほとんどのウェブページはHTMLで作成されています。

解決済

flaskで表示させたtableデータを選択されたデータだけflaskに戻す

HaTea
HaTea

総合スコア16

Flask

FlaskはPython用のマイクロフレームワークであり、Werkzeug・Jinja 2・good intentionsをベースにしています。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

pandas

Pandasは、PythonでRにおけるデータフレームに似た型を持たせることができるライブラリです。 行列計算の負担が大幅に軽減されるため、Rで行っていた集計作業をPythonでも比較的簡単に行えます。 データ構造を変更したりデータ分析したりするときにも便利です。

HTML

HTMLとは、ウェブ上の文書を記述・作成するためのマークアップ言語のことです。文章の中に記述することで、文書の論理構造などを設定することができます。ハイパーリンクを設定できるハイパーテキストであり、画像・リスト・表などのデータファイルをリンクする情報に結びつけて情報を整理します。現在あるネットワーク上のほとんどのウェブページはHTMLで作成されています。

1回答

0リアクション

0クリップ

3634閲覧

投稿2020/06/25 06:25

前提・実現したいこと

flaskで表示させたtableのデータを選択できる様にして、またflaskにデータを送ることは可能でしょうか。
スクレイピングで取ってきたデータをflaskでhtmlに表示しました。
そこからユーザーが選手を選択してそのデータをflaskに返したいのですが上手く行きません。
返したいデータは選手名とその人のデータです。

該当のソースコード

python

base_ball.py from IPython import get_ipython import random import matplotlib.pyplot as plt import numpy as np import pandas as pd import sys #野手データ取得 def data_load(year,team): BASE_URL = ("http://npb.jp/bis/{}/stats/idb1_{}.html".format(year,team)) dfs = pd.io.html.read_html(BASE_URL) #カラムの再設定 df = dfs[0][1:]; df.columns=dfs[0].loc[0,:] new_header = df.iloc[0] df = df[1:] df.columns = new_header df2 = df.rename(columns=lambda s: str(s).replace(" ","")) df_i = df2.rename(columns=lambda s: str(s).replace(" ","")) del df_i['nan'] df3 = df_i.set_index('選手') return df3

python

app.py import os from flask import Flask, render_template,request import base_ball app = Flask(__name__) @app.route('/',methods=["GET","POST"]) def index(): if request.method == 'POST': year = request.form.get('year','') team = request.form.get('team','') print(year,team) if year == '2019' and team == 'bs': players = base_ball.data_load(year,'b') else: players = base_ball.data_load(year,team) if int(year) >= 2011 and team == 'db': players = base_ball.data_load(year,'yb') else: players = base_ball.data_load(year,team) #players = base_ball.data_load(year,team) players_values = players.values.tolist() players_columns = players.columns.tolist() players_index = players.index.tolist() return render_template('index.html', \ players_values = players_values, \ players_columns = players_columns, \ players_index = players_index) return render_template('index.html') if __name__ == '__main__': app.run(debug=True, host='127.0.0.1',port=5000,threaded=True)

html

index.html <fieldset> <legend>自チームを選ぼう</legend> <form method="post" action="/"> <label for="year">年代を選択</label> <select id="year" name="year"> <option name="year" value="2005">2005年</option> <option name="year" value="2006">2006年</option> <option name="year" value="2007">2007年</option> <option name="year" value="2008">2008年</option> <option name="year" value="2009">2009年</option> <option name="year" value="2010">2010年</option> <option name="year" value="2011">2011年</option> <option name="year" value="2012">2012年</option> <option name="year" value="2013">2013年</option> <option name="year" value="2014">2014年</option> <option name="year" value="2015">2015年</option> <option name="year" value="2016">2016年</option> <option name="year" value="2017">2017年</option> <option name="year" value="2018">2018年</option> <option selected name="year" value="2019">2019年</option> </select> <label><input type="radio" name="team" value="h">ソフトバンク</label> <label><input type="radio" name="team" value="l">西武</label> <label><input type="radio" name="team" value="e">楽天</label> <label><input type="radio" name="team" value="m">ロッテ</label> <label><input type="radio" name="team" value="f">日本ハム</label> <label><input type="radio" name="team" value="bs">オリックス</label> <label><input type="radio" name="team" value="c">広島</label> <label><input type="radio" name="team" value="db">横浜</label> <label><input type="radio" name="team" value="g">巨人</label> <label><input type="radio" name="team" value="t">阪神</label> <label><input type="radio" name="team" value="s">ヤクルト</label> <label><input type="radio" name="team" value="d">中日</label> </fieldset> <div><input type="submit" value="決定"></div> </form> <table> <thead> <tr>{%- for i in players_columns %}<th>{{ i|e }}</th>{%- endfor %}</tr> </thead> <tbody> {%- for i in players_values %} <tr><th>{{ players_index[loop.index0]|e }}</th>{% for j in i %}<td>{{ j|e }}</td>{% endfor %}</tr> {%- endfor %} </tbody> </table> <fieldset>

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

python3.7

以下のような質問にはリアクションをつけましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

リアクションが多い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

アカウントをお持ちの方は

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
86.12%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Flask

FlaskはPython用のマイクロフレームワークであり、Werkzeug・Jinja 2・good intentionsをベースにしています。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

pandas

Pandasは、PythonでRにおけるデータフレームに似た型を持たせることができるライブラリです。 行列計算の負担が大幅に軽減されるため、Rで行っていた集計作業をPythonでも比較的簡単に行えます。 データ構造を変更したりデータ分析したりするときにも便利です。

HTML

HTMLとは、ウェブ上の文書を記述・作成するためのマークアップ言語のことです。文章の中に記述することで、文書の論理構造などを設定することができます。ハイパーリンクを設定できるハイパーテキストであり、画像・リスト・表などのデータファイルをリンクする情報に結びつけて情報を整理します。現在あるネットワーク上のほとんどのウェブページはHTMLで作成されています。