質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
86.12%
Anaconda

Anacondaは、Python本体とPythonで利用されるライブラリを一括でインストールできるパッケージです。環境構築が容易になるため、Python開発者間ではよく利用されており、商用目的としても利用できます。

Python 3.x

Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

解決済

エラー [FileNotFoundError: [Errno 2] No such file or directory ] の解決法がわからない

takahiro_tt
takahiro_tt

総合スコア9

Anaconda

Anacondaは、Python本体とPythonで利用されるライブラリを一括でインストールできるパッケージです。環境構築が容易になるため、Python開発者間ではよく利用されており、商用目的としても利用できます。

Python 3.x

Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

2回答

0リアクション

0クリップ

15087閲覧

投稿2019/12/14 06:31

前提・実現したいこと

https://qiita.com/neriai/items/6a662a49054bc544806d
のサイトを参考に、自分とそれ以外の人の顔分類器を作成しようとしています。

発生している問題・エラーメッセージ

f = open(FLAGS.train, 'r') および
f = open(FLAGS.test, 'r')
の部分にて、下記のエラーが出ます。

Traceback (most recent call last): File "C:\Users?????\Anaconda3\envs\testtensor\testmain.py", line 182, in <module> f = open('/workspace/dir/train/data.txt', 'r') FileNotFoundError: [Errno 2] No such file or directory: '/workspace/dir/train/data.txt'

フォルダを確認してもちゃんと存在しているはずなのに
イメージ説明

該当のソースコード

html

import sys import cv2 import random import numpy as np import tensorflow as tf import tensorflow.python.platform import tensorflow.compat.v1 as tf # FLAGS = tf.app.flags.FLAGSの解決 # 識別ラベルの数(今回は京:0,薫:1,Shinya:2なので、3)[自分とその他で2つ(まずは)] NUM_CLASSES = 2 # 学習する時の画像のサイズ(px) IMAGE_SIZE = 28 # 画像の次元数(28* 28*カラー(?)) IMAGE_PIXELS = IMAGE_SIZE*IMAGE_SIZE*3 # 学習に必要なデータのpathや学習の規模を設定 # パラメタの設定、デフォルト値やヘルプ画面の説明文を登録できるTensorFlow組み込み関数 #FLAGS = tf.app.flags.FLAGS flags = tf.app.flags FLAGS = flags.FLAGS # 学習用データ flags.DEFINE_string('train', '/workspace/dir/train/data.txt', 'File name of train data') # 検証用テストデータ flags.DEFINE_string('test', '/workspace/dir/test/data.txt', 'File name of train data') # データを置いてあるフォルダ flags.DEFINE_string('train_dir', '/workspace/dir/data', 'Directory to put the training data.') # データ学習訓練の試行回数 flags.DEFINE_integer('max_steps', 100, 'Number of steps to run trainer.') # 1回の学習で何枚の画像を使うか flags.DEFINE_integer('batch_size', 30, 'Batch size Must divide evenly into the dataset sizes.') # 学習率、小さすぎると学習が進まないし、大きすぎても誤差が収束しなかったり発散したりしてダメとか flags.DEFINE_float('learning_rate', 1e-4, 'Initial learning rate.') # AIの学習モデル部分(ニューラルネットワーク)を作成する # images_placeholder: 画像のplaceholder, keep_prob: dropout率のplace_holderが引数になり # 入力画像に対して、各ラベルの確率を出力して返す #### ### ここに学習モデル処理を追記します def inference(images_placeholder, keep_prob): # 重みを標準偏差0.1の正規分布で初期化する def weight_variable(shape): initial = tf.truncated_normal(shape, stddev=0.1) return tf.Variable(initial) # バイアスを標準偏差0.1の正規分布で初期化する def bias_variable(shape): initial = tf.constant(0.1, shape=shape) return tf.Variable(initial) # 畳み込み層を作成する def conv2d(x, W): return tf.nn.conv2d(x, W, strides=[1, 1, 1, 1], padding='SAME') # プーリング層を作成する def max_pool_2x2(x): return tf.nn.max_pool(x, ksize=[1, 2, 2, 1], strides=[1, 2, 2, 1], padding='SAME') # ベクトル形式で入力されてきた画像データを28px * 28pxの画像に戻す(?)。 # 今回はカラー画像なので3(モノクロだと1) x_image = tf.reshape(images_placeholder, [-1, IMAGE_SIZE, IMAGE_SIZE, 3]) # 畳み込み層第1レイヤーを作成 with tf.name_scope('conv1') as scope: # 引数は[width, height, input, filters]。 # 5px*5pxの範囲で画像をフィルターしている。今回はカラー画像なのでinputは3? # 32個の特徴を検出する W_conv1 = weight_variable([5, 5, 3, 32]) # バイアスの数値を代入 b_conv1 = bias_variable([32]) # 特徴として検出した有用そうな部分は残し、特徴として使えなさそうな部分は # 0として、特徴として扱わないようにしているという理解(Relu関数) h_conv1 = tf.nn.relu(conv2d(x_image, W_conv1) + b_conv1) # プーリング層1の作成 # 2*2の枠を作り、その枠内の特徴を1*1分にいい感じに圧縮させている。 # その枠を2*2ずつスライドさせて画像全体に対して圧縮作業を適用するという理解 # ざっくり理解で細分化された特徴たちをもうちょっといい感じに大まかにまとめる(圧縮する) with tf.name_scope('pool1') as scope: h_pool1 = max_pool_2x2(h_conv1) # 畳み込み層第2レイヤーの作成 with tf.name_scope('conv2') as scope: # 第一レイヤーでの出力を第2レイヤー入力にしてもう一度フィルタリング実施。 # 64個の特徴を検出する。inputが32なのはなんで?(教えて欲しい) W_conv2 = weight_variable([5, 5, 32, 64]) # バイアスの数値を代入(第一レイヤーと同じ) b_conv2 = bias_variable([64]) # 検出した特徴の整理(第一レイヤーと同じ) h_conv2 = tf.nn.relu(conv2d(h_pool1, W_conv2) + b_conv2) # プーリング層2の作成(ブーリング層1と同じ) with tf.name_scope('pool2') as scope: h_pool2 = max_pool_2x2(h_conv2) # 全結合層1の作成 with tf.name_scope('fc1') as scope: W_fc1 = weight_variable([7*7*64, 1024]) b_fc1 = bias_variable([1024]) # 画像の解析を結果をベクトルへ変換 h_pool2_flat = tf.reshape(h_pool2, [-1, 7*7*64]) # 第一、第二と同じく、検出した特徴を活性化させている h_fc1 = tf.nn.relu(tf.matmul(h_pool2_flat, W_fc1) + b_fc1) # dropoutの設定 # 訓練用データだけに最適化して、実際にあまり使えないような # AIになってしまう「過学習」を防止の役割を果たすらしい h_fc1_drop = tf.nn.dropout(h_fc1, keep_prob) # 全結合層2の作成(読み出しレイヤー) with tf.name_scope('fc2') as scope: W_fc2 = weight_variable([1024, NUM_CLASSES]) b_fc2 = bias_variable([NUM_CLASSES]) # ソフトマックス関数による正規化 # ここまでのニューラルネットワークの出力を各ラベルの確率へ変換する with tf.name_scope('softmax') as scope: y_conv=tf.nn.softmax(tf.matmul(h_fc1_drop, W_fc2) + b_fc2) # 各ラベルの確率(のようなもの?)を返す return y_conv # 予測結果と正解にどれくらい「誤差」があったかを算出する # logitsは計算結果: float - [batch_size, NUM_CLASSES] # labelsは正解ラベル: int32 - [batch_size, NUM_CLASSES] def loss(logits, labels): # 交差エントロピーの計算 cross_entropy = -tf.reduce_sum(labels*tf.log(logits)) # TensorBoardで表示するよう指定 tf.summary.scalar("cross_entropy", cross_entropy) # 誤差の率の値(cross_entropy)を返す return cross_entropy # 誤差(loss)を元に誤差逆伝播を用いて設計した学習モデルを訓練する # 裏側何が起きているのかよくわかってないが、学習モデルの各層の重み(w)などを # 誤差を元に最適化して調整しているという理解(?) # (誤差逆伝播は「人工知能は人間を超えるか」書籍の説明が神) def training(loss, learning_rate): #この関数がその当たりの全てをやってくれる様 train_step = tf.train.AdamOptimizer(learning_rate).minimize(loss) return train_step # inferenceで学習モデルが出した予測結果の正解率を算出する def accuracy(logits, labels): # 予測ラベルと正解ラベルが等しいか比べる。同じ値であればTrueが返される # argmaxは配列の中で一番値の大きい箇所のindex(=一番正解だと思われるラベルの番号)を返す correct_prediction = tf.equal(tf.argmax(logits, 1), tf.argmax(labels, 1)) # booleanのcorrect_predictionをfloatに直して正解率の算出 # false:0,true:1に変換して計算する accuracy = tf.reduce_mean(tf.cast(correct_prediction, "float")) # TensorBoardで表示する様設定 tf.summary.scalar("accuracy", accuracy) return accuracy #### if __name__ == '__main__': # ファイルを開く f = open(FLAGS.train, 'r')  # データを入れる配列 train_image = [] train_label = [] # 改行を除いてスペース区切りにする line = line.rstrip() l = line.split() # データを読み込んで28x28に縮小 img = cv2.imread(l[0]) img = cv2.resize(img, (IMAGE_SIZE, IMAGE_SIZE)) # 一列にした後、0-1のfloat値にする train_image.append(img.flatten().astype(np.float32)/255.0) # ラベルを1-of-k方式で用意する tmp = np.zeros(NUM_CLASSES) tmp[int(l[1])] = 1 train_label.append(tmp) # numpy形式に変換 train_image = np.asarray(train_image) train_label = np.asarray(train_label) f.close() f = open(FLAGS.test, 'r') test_image = [] test_label = [] for line in f: line = line.rstrip() l = line.split() img = cv2.imread(l[0]) img = cv2.resize(img, (IMAGE_SIZE, IMAGE_SIZE)) test_image.append(img.flatten().astype(np.float32)/255.0) tmp = np.zeros(NUM_CLASSES) tmp[int(l[1])] = 1 test_label.append(tmp) test_image = np.asarray(test_image) test_label = np.asarray(test_label) f.close() #TensorBoardのグラフに出力するスコープを指定 with tf.Graph().as_default(): # 画像を入れるためのTensor(28*28*3(IMAGE_PIXELS)次元の画像が任意の枚数(None)分はいる) images_placeholder = tf.placeholder("float", shape=(None, IMAGE_PIXELS)) # ラベルを入れるためのTensor(3(NUM_CLASSES)次元のラベルが任意の枚数(None)分入る) labels_placeholder = tf.placeholder("float", shape=(None, NUM_CLASSES)) # dropout率を入れる仮のTensor keep_prob = tf.placeholder("float") # inference()を呼び出してモデルを作る logits = inference(images_placeholder, keep_prob) # loss()を呼び出して損失を計算 loss_value = loss(logits, labels_placeholder) # training()を呼び出して訓練して学習モデルのパラメーターを調整する train_op = training(loss_value, FLAGS.learning_rate) # 精度の計算 acc = accuracy(logits, labels_placeholder) # 保存の準備 saver = tf.train.Saver() # Sessionの作成(TensorFlowの計算は絶対Sessionの中でやらなきゃだめ) sess = tf.Session() # 変数の初期化(Sessionを開始したらまず初期化) sess.run(tf.global_variables_initializer()) # TensorBoard表示の設定(TensorBoardの宣言的な?) summary_op = tf.summary.merge_all() # train_dirでTensorBoardログを出力するpathを指定 summary_writer = tf.summary.FileWriter(FLAGS.train_dir, sess.graph) # 実際にmax_stepの回数だけ訓練の実行していく for step in range(FLAGS.max_steps): for i in range(len(train_image)/FLAGS.batch_size): # batch_size分の画像に対して訓練の実行 batch = FLAGS.batch_size*i # feed_dictでplaceholderに入れるデータを指定する sess.run(train_op, feed_dict={ images_placeholder: train_image[batch:batch+FLAGS.batch_size], labels_placeholder: train_label[batch:batch+FLAGS.batch_size], keep_prob: 0.5}) # 1step終わるたびに精度を計算する train_accuracy = sess.run(acc, feed_dict={ images_placeholder: train_image, labels_placeholder: train_label, keep_prob: 1.0}) print("step %d, training accuracy %g"(step, train_accuracy)) # 1step終わるたびにTensorBoardに表示する値を追加する summary_str = sess.run(summary_op, feed_dict={ images_placeholder: train_image, labels_placeholder: train_label, keep_prob: 1.0}) summary_writer.add_summary(summary_str, step) # 訓練が終了したらテストデータに対する精度を表示する print("test accuracy %g" (sess.run(acc, feed_dict={ images_placeholder: test_image, labels_placeholder: test_label, keep_prob: 1.0}))) # データを学習して最終的に出来上がったモデルを保存 # "model.ckpt"は出力されるファイル名 save_path = saver.save(sess, "model2.ckpt")

絶対パスに変えてみたりもしましたが、変わらず同じエラーをはかれました

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

OS: Windows10

tensorboard 2.0.2 pypi_0 pypi
tensorflow 2.0.0 pypi_0 pypi
tensorflow-estimator   2.0.1 pypi_0 pypi

python : 3.7.4

anaconda 2019.10 py37_0
anaconda-client 1.7.2 py37_0
anaconda-navigator 1.9.7 py37_0

以下のような質問にはリアクションをつけましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

リアクションが多い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

アカウントをお持ちの方は

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
86.12%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Anaconda

Anacondaは、Python本体とPythonで利用されるライブラリを一括でインストールできるパッケージです。環境構築が容易になるため、Python開発者間ではよく利用されており、商用目的としても利用できます。

Python 3.x

Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。