質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.35%

VBA 月ごとのデータを1年にまとめて集計

解決済

回答 3

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,570

score 16

前提・実現したいこと

VBAでデータの集計をしたいと考えています。
yyyy年_mm月.xlsx と名前の付けた複数のファイルから年間の集計表を作ろうと考えています。

その際に、workbooks.open でファイルをひとつ開き処理が終わったら閉じる。処理が終わったら次のブックを開いて選んだブックの数だけ処理を続けるといった動き自体はできそうなのですが、コードが凡長でとても無駄のあるものになりそうな気がします。(まだコードを書いていません)

そこで、複数のファイルを処理する方法としてなにか良い方法はないでしょうか?
投げっぱなしの質問で申し訳ありません(._.)

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 3

+2

いえ、たぶんそんなもんだと思います。
まずは作ってみましょう。
それで何かやたら長いなとか、読みづらいなとかあれば再度質問するのがいいかと思います。
.

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

checkベストアンサー

+1

下記のような感じて設計したらどうでしょうか。

まず、一つのファイルを開いて処理するプロシージャを作成します。
ブック名は引数で渡します。

イメージです。

Sub 月処理(ブック名 As String)
    Const フォルダーパス = "C:\テスト\"

    Dim wb As WorkBook
    Set wb = Workbooks.open(フォルダーパス & ブック名)

    '転記集計処理

    wb.Close
Sub Function


'動作確認
Sub TestM()

    Call 月処理("2019年_01月.xlsx")

End Sub

これで一つのブックが正常に動作することが確認できたら、これを
1年分ループ処理で回す処理を作成します。年は引数で渡します。

Sub 年処理(年 As Long)
    Dim i As Long
    For i = 1 to 12
        Call 月処理(年 & "年_" & Format(i, "00") & "月.xlsx")
    Next
Sub Function

'動作確認
Sub TestY()

    Call 年処理(2019)

End Sub

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/10/16 10:24

    ありがとうございます!
    もう長ったらしいコードを書いてしまったのですが、とても参考になります。

    キャンセル

+1

以下のような管理用のシートを作成しておき、そこに、集計対象のファイル名を記述しておき、
そのそれらのファイルを逐次オープンして、集計すれば良いかと。
コード上は1ファイルのオープン/クローズで処理が済みます。
添付資料

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.35%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る