質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.51%

レンタルサーバでLaravelを運用できない理由について

解決済

回答 3

投稿

  • 評価
  • クリップ 4
  • VIEW 3,814

Laravel総合1位

表題の件について教えてください。

下記はレンタルサーバ、VPS、PaaS(Heroku)、IaaS(AWS)を使用の上の感想です

自身で認知しているレンタルサーバのデメリットは下記の通りです

  • workerのdaemonを起動できない
  • redis(オンメモリキャッシュ)が使えない
  • 負荷分散が不可能
  • マルチAZ対応が不可能

私が感じるレンタルサーバのメリットは下記の通りです

  • 価格が比較的安価(PaaS/IaaSに比べ)
  • インフラのアップデートを任せられる
  • バックアップなども比較的簡単

また、デメリットについては下記のように対策

  • worker問題 → cronとスケジューラで定期バッチにする
  • redis → 対応不可能
  • 負荷分散 → CDNで静的な部分、更新頻度が低い部分はキャッシュする
  • マルチAZ → 対応不可能

よく言われるが、問題なさそうな事は下記の通りです

  • sshできない →できる所も多いです、公開鍵認証できます。
  • ドキュメントルートを変更できない →できる/lnで解決できる
  • オブジェクトストレージ使えない → クライアントとしてS3を使うなどできる
  • デプロイツール使えない → 使えます。(私はdeployerを愛用)

VPSを自前で保守するコスト、またはPaaS/IaaSにかけるコストと比較した場合
レンタルサーバは割とコスパが良いと感じますが、レンタルサーバにLaravelをインストールするとそれはもはやLaravelではない何かになってしまうようです。
なぜレンタルサーバではLaravelを運用できないのでしょうか?

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • mikkame

    2020/03/22 21:38

    SSHなくても運用できます。
    できないと言われそうな理由として記載したまでです。

    キャンセル

  • kyoya0819

    2020/03/22 21:40

    そういうことでしたか、失礼しました。

    キャンセル

  • asahina1979

    2020/03/22 21:53

    一応補足

    sshできない →いつの記事かによる。その当時はできなかったのでは。

    ドキュメントルートを変更できない → レンタルサービスでは疑似的変更は可能だが、ドキュメントルートの変更は不可、 mod_rewrte 利用のやつはドキュメントルートの偽装です。

    オブジェクトストレージ使えない → 単独では使えないの意味、外部サービスを使えば何でもできます。(お金も追加でかかります。)

    デプロイツール使えない →  途中でKILLされるの場合があるので基本使えない。ロリポップだと規約で禁止されている。(長時間稼働するスクリプトのアップロードの禁止)

    キャンセル

回答 3

checkベストアンサー

+1

「レンタルサーバでLaravelを運用できない」というのは、「レンタルサーバ側の制限でLaravelの一部機能が使えない場合がある」くらいの意味合いかと思います。

要件によってはレンタルサーバで十分な場合もあるでしょうし、「運用できない」という表現は少し言い過ぎのような気がしますね。


また、レンタルサーバのメリットですが、

価格が比較的安価(PaaS/IaaSに比べ)

個人が運営するサービスならコストに敏感になるかもしれませんが、企業が収益性のあるサービスを運営する場合、そこまで高くないのではと思います。

インフラのアップデートを任せられる

逆に言えば、アップデートの内容やタイミングは決められないので、デメリットでもあります。

バックアップなども比較的簡単

クラウドサービスでも、簡単にバックアップできる機能があるかと思います。


個人的には、レンタルサーバは利用料と学習コストが低いというところしかメリットがないと思うので、できればクラウドサービスを選択した方が無難だと思っています。

運用途中で要件が変わった場合、レンタルサーバからクラウドサービスに移行する必要があるかもしれませんが、それも手間がかかるので、あまりやりたくないというのもあります。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/10/09 10:00

    回答ありがとうございます。

    ご指摘のデメリット/メリットはその通りかと思いますが
    「レンタルサーバで使うLaravelはもはやLaravelではない。他のフレームワークを採用すべき」
    ほどのデメリットは見当たらないように思えます。

    > 運用途中で要件が変わった場合、レンタルサーバからクラウドサービスに移行する必要があるかもしれませんが、それも手間がかかるので、あまりやりたくないというのもあります。

    こちらについては、社内にクラウドのノウハウがある前提かと思われます。              
    (特に私はフリーランスで仕事をしているので、日々のメンテナンス費用もらえない上に、24時間対応とか無理なので、レンタルサーバに乗せて納品、インフラはレンタルサーバにお任せ、という風にさせていただいています)。
    また要件が変わる、変えたいのであれば若干面倒ですがその都度で良いように思えます。
    (レンタルサーバで賄えない規模のアクセス数またはスパイクの発生があるならそれなりに収益があるはずなので、逆に社内システムのようなアクセス数や負荷が予測がつくようなものならレンタルサーバの方がコスト低い?)

    また、経験上ですが中小零細相手ですと、クラウドインフラの費用はやはり高いと思われるようです(大体1万円〜)

    キャンセル

  • 2019/10/11 12:28

    結構時間が経ちましたがこれ以上回答を得られなさそうなのでこちらの回答をBAにさせていただきました。

    キャンセル

+1

失礼いたしました。

自分のかかわってきた受託開発のプロジェクト(規模的にはあまり大きくない小~中規模)は一部を除いて(例:先方指定のAWS等)、レンタルサーバーでLaravelを動かしていました。
確かにレンサバごとに微妙に仕様がことなったり(PHPのモジュールがはいってない等)はありましたが、あまり大きなサービスじゃないのならレンサバで問題ないのではと思います。

逆に自社開発などの場合はこの限りではないと思いますので、コメントにもあるように要件次第なのかなと思います。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/10/10 11:58

    回答ありがとうございます。
    プロダクションでレンタルサーバで動かしているとの事、問題ないとの事、聞いて安心しました。
    どうやらレンタルサーバでは運用できない、は言い過ぎのようですね

    キャンセル

+1

すでにベストアンサーの方が言ってるのですが、付け足しです。
レンタルサーバーで運用するのは問題ないですし、それがLaravelではないとは全くないと思います。

Twelve-Factor App
https://12factor.net/ja/

現在ソフトウェアを作る上で、支配的な考え方であるベストプラクティスの上にLaravelのようなWebアプリケーションフレームワークの作成は行われていくかと思います。

デメリットの部分で挙げられている部分と若干重複しますが、スケールを目指すようなサービスの場合にレンタルサーバーでは実現できなかったり、自前でインフラに近い部分を用意してコストが合わなくなる可能性はあるといえるでしょう。

PaaSで2000円、レンタルサーバーで1000円だとしたときに、その程度はソフトウェアエンジニアの単価に比べれば小さなコストと考えることもできる可能性があるかもしれません。

もはや質問の意図とは全く別の論点になってしまいましたが、回答してみました。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.51%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る