質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.03%

[Hangout Bot] botで複数回メッセージを受け取る方法を知りたい

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 179

n_yoko

score 26

やりたいこと

GAS(Google Apps Script)で、Hangout Chat用のbotを個人用に作っています。
LINEの「リマイン君」の簡易版のような Reminder botを作り、タスク管理をするつもりです。

  • ユーザーからの入力は2回(予定の入力、予定通知日の指定)、
  • botからの反応は3回です(予定の登録完了、予定と通知日の登録完了、予定のお知らせ)。
  • タスク管理を行うにあたり、ユーザーとボット側で、それぞれ下記の処理を行います。

Reminder Botの動作フロー

  1. ユーザ)予定を入力する                                
    //「母親に連絡」

  2. ボット)予定の登録、通知日の確認を行う
    //『××ですね。いつ知らせますか?』

  3. ユーザ)予定を通知して欲しい日を入力する
    //「明日」、「〇月△△日」

  4. ボット)通知日の登録、確認メッセージを出す  
    //『〇月△△日に知らせます』

  5. ボット)通知日を迎えたら、通知メッセージを出す
    //『××の時間です!』

問題点

できたこと

  1. ユーザが予定を入力して(例:母親に電話する)、
  2. botが応答する(「母親に電話する」ですね。いつ知らせますか?)、
  3. ユーザが予定通知を入力(例:8月10日)までを実装しましたが、
    その先の(4)確認メッセージをbotに吐かせるところで、詰まっています。

困っていること

  • ユーザが予定を入力すると(例:母親に電話する)、その内容がcreated_plan変数にされます。
  • created_plan変数に値が入ると(created_plan変数の初期値は"")、通知日を登録する処理に
    分岐するようif文の条件式(!created_plan)を書きましたが、処理が分岐してくれません。
  • created_plan変数の初期値を適当に入力して("test"等)、値が入った状態であれば、分岐してくれます。
var created_plan = "";

function onMessage(event) {
  if(!created_plan){  
    // (1)ユーザの予定を登録
    created_plan = event.message.text;  // 1.予定を登録
    return { "text": created_plan + "ですね。いつ知らせますか?"}; // 2. 通知日の確認
  } else {  
    // (2)予定の通知日を登録
    var notification_date = event.message.text; // 3~4: 通知日を登録
    return { "text": notification_date + "に知らせます。"}; // 4.確認メッセージを出す
  };
}

相談内容

以上の動きから、ボットが応答する(プログラムがreturnを返す)ごとに、変数created_planの中身がリセットされるため、ユーザーの入力値を保持できないことが分岐できない理由だと思います。

ユーザーの1回目の入力(=ユーザーの予定)を変数created_planに保持したまま、ユーザーの2回目の入力(=予定の通知日)を、ボットが処理する方法を模索しています。ご教示ください。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

スクリプト上に保存することはできないので、スプレッドシートとかドキュメントとかデータベースとかに書いてください

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/08/05 13:43 編集

    ご回答ありがとうございます。

    script editor画面の「ファイル」>「プロジェクトのプロパティ」>「スクリプトのプロパティ」からプロパティを追加したら、過去の値を保持できるようになりました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.03%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる