質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.12%

Springの3層モデルでのServiceの使い方について

解決済

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 2,555
退会済みユーザー

退会済みユーザー

現在、SpringBootでAPIを作っており、3層モデル(Application, Domain, Infrastructure)で設計しています。

その中で参考にしたアーキテクチャ図が以下のNTTDataのTERASOLUNAのものです。
![TERASOLUNA

ここで質問したいのが、Contoroller側で複数のServiceを呼びたい時の呼び方についてです。

Controller側は1つのServiceを呼び、そこから他のServiceを呼ぶのか、
Controller側で必要な複数のServiceを呼ぶのか。
どちらが良いのかわかりませんでした。

例えば、複数のServiceを使用する場合に、AService、BServiceがあったとして、
AServiceの処理結果をBServiceで用いる場合は、
前者の場合は、ASeviceの処理の中で、BServiceを呼び、その2つの処理の結果を呼び出し元に返す。
後者の場合は、ASeviceの処理結果を呼び出し元に返し、その結果をBServiceに渡して、BServiceの結果を受け取り、この2つの処理の結果を呼び出し元で結合する。
となるイメージです。

私的には、前者の方がしっくりきます。なぜかというとContoroller側ではなるべくロジックをもたせたくないからです。
後者の場合、結果の抽出や結合のロジックがApplication層に入るので、設計的にどうなんだろうとふわっとした疑問があります。

それともにその結合や抽出などのデータ処理を、このアーキテクチャ図でいうHelper逃して、
後者で実装するべきなのでしょうか?

ご意見を伺いたいです。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

checkベストアンサー

+2

Controller側は1つのServiceを呼び、そこから他のServiceを呼ぶのか、
Controller側で必要な複数のServiceを呼ぶのか。
どちらが良いのかわかりませんでした。

こちらについて制限はありません。
(アプリケーションを設計・実装する際の規約になることはあります。)
なお、実際にServiceクラスから別のServiceクラスを呼び出すことはあり得ます。ServiceクラスはWebアプリケーションから呼び出されることだけを想定したクラスにしないことが指針です。

https://docs.spring.io/spring/docs/current/javadoc-api/org/springframework/stereotype/Service.html

1Controllerから常に1つのServiceしか呼び出さない(呼び出せない)作りはControllerの実装が簡潔になりますが、Controllerから呼び出されるServiceクラスの責務が重くなります。わかりやすい事例では、Serviceから別のクラスを呼び出す関係性や制御を担うことになり、メソッドや引数のパターンが増える懸念があります。ただしトランザクション境界をController-Service間へ画一的に設計できる楽な面があるでしょう。

1Controllerから複数のServiceを呼び出す場合はServiceクラスの責務は軽くなり、Serviceクラスを呼び出す順序はControllerによって制御されます。一見こちらが良さそうに思えますが、トランザクション境界を@Controllerに置くか、特定の@Serviceに置くかを検討しなければならないでしょう。

WebアプリケーションないしはWebAPIとして提供する場合、ServiceクラスはWebのレスポンス内容に依存した結果を返さない想定であるため、Terasolunaの実装例ではHelperが用意されています。
これをViewModelなどの出力用クラスに置き換える設計指針もあります。(個人的には、Helperという名前がやや曖昧にも感じます。)

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

0

Controller側は1つのServiceを呼び、そこから他のServiceを呼ぶのか、
Controller側で必要な複数のServiceを呼ぶのか。
どちらが良いのかわかりませんでした。

ここは要件次第だと思います。
コントローラにどこまでの役割を持たせるのか、
サービスにどこまでの役割を持たせるのか。

画面や機能によっても違うと思います。

サービスとコントローラがどれくらい密接になっているかにもよると思います。
もし他のサービスで同じような機能が呼び出されているのでしたらなるべくそちらを使ったほうが良いでしょうし、ないのでしたらそのコントローラ独自の機能ということで自分のサービスに書くしかないと思います。

ただ、サービスからサービスを呼ぶというのはあまりないと思いますので、
「コントローラから必要なサービスを呼ぶ」が正解とは思います。

私が以前関わった業務ではJUnitによる単体テストはサービスのみを通していました。コントローラはあくまで「サービスを通して画面に必要な情報を取得する場所」という位置づけであるためですね。

つまり、

後者の場合は、ASeviceの処理結果を呼び出し元に返し、その結果をBServiceに渡して、BServiceの結果を受け取り、この2つの処理の結果を呼び出し元で結合する。

この場合、「A」だけ「B」だけで単体評価が可能となるのか?というのがカギになってきます。
もちろん、「Aを呼び出した結果を利用してBのテストを通す」という前提にすれば可能かもしれませんが、
それだと単体というより結合なので、やはりあくまで単体で要件が完了することが望ましいと思います。

コントローラに返ってくるのはBの結果なので「Aって何のためにあるの?」という疑問もあります。
こういったモデルも本質的には役割分担を目的としているので、なるべく「部品を作って組み立てる(組み合わせる)」ような考え方ができれば良いのではと。
「Aが単体で使われるのか」「Bが単体で使われるのか」という部分も含めて設計ですね。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.12%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる