質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.82%

ラズパイのSambaでファイル共有するとエラーが出る

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 3,422

dufasbl-150

score 7

質問したいこと

こんにちは。
Sambaを使い、raspberrypiに接続した外付けHDDをwifiで共有しようとしています。
そこにパスワードを設定しようとしています。

しかし、windows10のエクスプローラーからアクセスしようとすると、以下のエラーメッセージが出ます。

\\192.168.11.OO\piに対するアクセス許可がありません。ネットワーク管理者にアクセス許可を要求してください。

試したこと

以下のコードを書きました。

smb.conf

[pi]
browseable = yes
writeable = yes
path = /media/pi/ハードディスク名/フォルダ名/
force create mode = 0777
force directory mode = 0777
force group = sambashare
guest ok = yes
guest only = yes

上記のコードはこのサイトを参考にしました

・Sambaの利用者登録はしてあります。
・Sambaに登録するために、ラズパイのユーザーも作ってあります

現在の状態をまとめると・・・

・windowsエクスプローラーからアクセスしようとすると、資格情報の入力も表示されずに、  \\192.168.11.OO\piに対するアクセス許可がありません。ネットワーク管理者にアクセス許可を要求してください。と表示される。 

・Sambaの共有設定はしっかりできているはず。

ご回答よろしくお願いします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • dufasbl-150

    2019/05/21 18:35

    smb.conf の [global] セクションは以下の通りです。

    #======================= Global Settings =======================

    [global]
    unix charset = UTF-8
    dos charset = CP932
    security = user
    ntlm auth = yes
    ## Browsing/Identification ###

    # Change this to the workgroup/NT-domain name your Samba server will part of
    workgroup = WORKGROUP

    # Windows Internet Name Serving Support Section:
    # WINS Support - Tells the NMBD component of Samba to enable its WINS Server
    # wins support = no

    # WINS Server - Tells the NMBD components of Samba to be a WINS Client
    # Note: Samba can be either a WINS Server, or a WINS Client, but NOT both
    ; wins server = w.x.y.z

    # This will prevent nmbd to search for NetBIOS names through DNS.
    dns proxy = no

    #### Networking ####

    # The specific set of interfaces / networks to bind to
    # This can be either the interface name or an IP address/netmask;
    # interface names are normally preferred
    ; interfaces = 127.0.0.0/8 eth0

    # Only bind to the named interfaces and/or networks; you must use the
    # 'interfaces' option above to use this.
    # It is recommended that you enable this feature if your Samba machine is
    # not protected by a firewall or is a firewall itself. However, this
    # option cannot handle dynamic or non-broadcast interfaces correctly.
    ; bind interfaces only = yes



    #### Debugging/Accounting ####

    # This tells Samba to use a separate log file for each machine
    # that connects
    log file = /var/log/samba/log.%m

    # Cap the size of the individual log files (in KiB).
    max log size = 1000

    # If you want Samba to only log through syslog then set the following
    # parameter to 'yes'.
    # syslog only = no

    # We want Samba to log a minimum amount of information to syslog. Everything
    # should go to /var/log/samba/log.{smbd,nmbd} instead. If you want to log
    # through syslog you should set the following parameter to something higher.
    syslog = 0

    # Do something sensible when Samba crashes: mail the admin a backtrace
    panic action = /usr/share/samba/panic-action %d


    ####### Authentication #######

    # Server role. Defines in which mode Samba will operate. Possible
    # values are "standalone server", "member server", "classic primary
    # domain controller", "classic backup domain controller", "active
    # directory domain controller".
    #
    # Most people will want "standalone sever" or "member server".
    # Running as "active directory domain controller" will require first
    # running "samba-tool domain provision" to wipe databases and create a
    # new domain.
    server role = standalone server

    # If you are using encrypted passwords, Samba will need to know what
    # password database type you are using.
    passdb backend = tdbsam

    obey pam restrictions = yes

    # This boolean parameter controls whether Samba attempts to sync the Unix
    # password with the SMB password when the encrypted SMB password in the
    # passdb is changed.
    unix password sync = yes

    # For Unix password sync to work on a Debian GNU/Linux system, the following
    # parameters must be set (thanks to Ian Kahan <<kahan@informatik.tu-muenchen.de> for
    # sending the correct chat script for the passwd program in Debian Sarge).
    passwd program = /usr/bin/passwd %u
    passwd chat = *Enter\snew\s*\spassword:* %n\n *Retype\snew\s*\spassword:* %n\n *password\supdated\ssuccessfully* .

    # This boolean controls whether PAM will be used for password changes
    # when requested by an SMB client instead of the program listed in
    # 'passwd program'. The default is 'no'.
    pam password change = yes

    # This option controls how unsuccessful authentication attempts are mapped
    # to anonymous connections
    map to guest = bad user

    ########## Domains ###########

    #
    # The following settings only takes effect if 'server role = primary
    # classic domain controller', 'server role = backup domain controller'
    # or 'domain logons' is set
    #

    # It specifies the location of the user's
    # profile directory from the client point of view) The following
    # required a [profiles] share to be setup on the samba server (see
    # below)
    ; logon path = \\%N\profiles\%U
    # Another common choice is storing the profile in the user's home directory
    # (this is Samba's default)
    # logon path = \\%N\%U\profile

    # The following setting only takes effect if 'domain logons' is set
    # It specifies the location of a user's home directory (from the client
    # point of view)
    ; logon drive = H:
    # logon home = \\%N\%U

    # The following setting only takes effect if 'domain logons' is set
    # It specifies the script to run during logon. The script must be stored
    # in the [netlogon] share
    # NOTE: Must be store in 'DOS' file format convention
    ; logon script = logon.cmd

    # This allows Unix users to be created on the domain controller via the SAMR
    # RPC pipe. The example command creates a user account with a disabled Unix
    # password; please adapt to your needs
    ; add user script = /usr/sbin/adduser --quiet --disabled-password --gecos "" %u

    # This allows machine accounts to be created on the domain controller via the
    # SAMR RPC pipe.
    # The following assumes a "machines" group exists on the system
    ; add machine script = /usr/sbin/useradd -g machines -c "%u machine account" -d /var/lib/samba -s /bin/false %u

    # This allows Unix groups to be created on the domain controller via the SAMR
    # RPC pipe.
    ; add group script = /usr/sbin/addgroup --force-badname %g

    ############ Misc ############

    # Using the following line enables you to customise your configuration
    # on a per machine basis. The %m gets replaced with the netbios name
    # of the machine that is connecting
    ; include = /home/samba/etc/smb.conf.%m

    # Some defaults for winbind (make sure you're not using the ranges
    # for something else.)
    ; idmap uid = 10000-20000
    ; idmap gid = 10000-20000
    ; template shell = /bin/bash

    # Setup usershare options to enable non-root users to share folders
    # with the net usershare command.

    # Maximum number of usershare. 0 (default) means that usershare is disabled.
    ; usershare max shares = 100

    # Allow users who've been granted usershare privileges to create
    # public shares, not just authenticated ones
    usershare allow guests = yes

    キャンセル

  • dufasbl-150

    2019/05/21 18:39 編集

    (1) path を外付けHDDではなく、ローカルのディレクトリにした場合、どうなるか
    →なにもエラーを出さずにフォルダーを表示してくれました。外付けHDDにもどすと、質問と同じエラーがでます。
    (2) Windows ではなく、raspberrypi の端末から smbclient コマンドで接続した場合、どうなるか
      →raspberrypiの端末がsambaサーバとして使用している端末1台しかないため、試すことができませんでした。申し訳ありません。

    キャンセル

  • TaichiYanagiya

    2019/05/21 22:25

    情報ありがとうございます。
    smb.conf は、できれば質問文を編集して追記ください。
    また、smbclient は Samba サーバーと同一ホストから "smbclient //127.0.0.1/pi -U (ユーザー名)" で構いません。

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

0

ローカルのディレクトリにした場合、成功することから、/media/pi/ハードディスク名/フォルダ名/ の途中のディレクトリのパーミッションに問題があるのではないでしょうか。

ls -ld /media/pi/ハードディスク名/フォルダ名/
ls -ld /media/pi/ハードディスク名/
ls -ld /media/pi/
ls -ld /media/


どれか 1つでも o+rx 権限が抜けていると、アクセスできません。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/05/23 18:20 編集

    smbclientで試してみました。 mkdir test と入力したところ、 NT_STATUS_ACCESS_DENIED making remote directory \test と表示され、フォルダーは作成されていませんでした。一度パーミッションが本当に 777 なのか確認したところ、 755 になっていました。そこで sudo chmod を使い 777 にしようとしましたが反映されません(10回やっても20回やっても 755 )。反映させるには設定(?)をする必要があるのですか?

    キャンセル

  • 2019/05/23 18:23

    ファイルシステムが FAT32 とのことですので、マウントオプション uid, gid, umask でパーミッションが決まります。
    chmod では変更できません。
    マウントオプションを確認ください。

    キャンセル

  • 2019/05/25 19:12 編集

    返信遅れてすいません。パスワード認証で表示させる、フォルダーの読み書きが自由にできるようにする、この2つを解決することができました。詳しく教えていただき本当にありがとうございました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.82%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る