質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.79%

Unityでニフクラを使ってログイン機能を実装したいです

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 467

ShotaTakasaki

score 21

Unityでログイン機能を実装したいです

そこで、こちらを参考に、
シーンファイルのダウンロード
ニフクラ mobile backendの初期設定
mobile backendと通信して、ログインや新規登録を行う
ログイン画面と新規登録画面を切り替える

と順にやっていったのですが
シーンに遷移ができません

ログイン情報の登録はできているように思います
イメージ説明

因みに別のゲームで実装したかったので、新しくプロジェクトを作成し、行いました
遷移したいシーンもとりあえずStageという名で作り、Build&Settingから登録も行いました
念の為、シーンの遷移のスクリプトが古かったので、
using UnityEngine.SceneManagement;を追加して
SceneManager.LoadScene("Stage");に変更したりもしました

以下スクリプトですが

using UnityEngine;
using System.Collections;
using UnityEngine.SceneManagement;

public class LogInManager : MonoBehaviour
{

    private GameObject guiTextLogIn;   // ログインテキスト
    private GameObject guiTextSignUp;  // 新規登録テキスト

    // ログイン画面のときtrue, 新規登録画面のときfalse
    private bool isLogIn;

    // ボタンが押されると対応する変数がtrueになる
    private bool logInButton;
    private bool signUpMenuButton;
    private bool signUpButton;
    private bool backButton;

    // テキストボックスで入力される文字列を格納
    public string id;
    public string pw;
    public string mail;

    void Start()
    {

        FindObjectOfType<UserAuth>().logOut();

        // ゲームオブジェクトを検索し取得する
        guiTextLogIn = GameObject.Find("GUITextLogIn");
        guiTextSignUp = GameObject.Find("GUITextSignUp");

        isLogIn = true;
        guiTextSignUp.SetActive(false);
        guiTextLogIn.SetActive(true);

    }

    void OnGUI()
    {

        // ログイン画面 
        if (isLogIn)
        {

            drawLogInMenu();

            // ログインボタンが押されたら
            if (logInButton)
                FindObjectOfType<UserAuth>().logIn(id, pw);

            // 新規登録画面に移動するボタンが押されたら
            if (signUpMenuButton)
                isLogIn = false;
        }

        // 新規登録画面
        else
        {

            drawSignUpMenu();

            // 新規登録ボタンが押されたら
            if (signUpButton)
                FindObjectOfType<UserAuth>().signUp(id, mail, pw);

            // 戻るボタンが押されたら
            if (backButton)
                isLogIn = true;
        }

        // currentPlayerを毎フレーム監視し、ログインが完了したら
        if (FindObjectOfType<UserAuth>().currentPlayer() != null)
            SceneManager.LoadScene("Stage");

    }

    private void drawLogInMenu()
    {
        // テキスト切り替え
        guiTextSignUp.SetActive(false);
        guiTextLogIn.SetActive(true);

        // テキストボックスの設置と入力値の取得
        GUI.skin.textField.fontSize = 20;
        int txtW = 150, txtH = 40;
        id = GUI.TextField(new Rect(Screen.width * 1 / 2, Screen.height * 1 / 3 - txtH * 1 / 2, txtW, txtH), id);
        pw = GUI.PasswordField(new Rect(Screen.width * 1 / 2, Screen.height * 1 / 2 - txtH * 1 / 2, txtW, txtH), pw, '*');

        // ボタンの設置
        int btnW = 180, btnH = 50;
        GUI.skin.button.fontSize = 20;
        logInButton = GUI.Button(new Rect(Screen.width * 1 / 4 - btnW * 1 / 2, Screen.height * 3 / 4 - btnH * 1 / 2, btnW, btnH), "Log In");
        signUpMenuButton = GUI.Button(new Rect(Screen.width * 3 / 4 - btnW * 1 / 2, Screen.height * 3 / 4 - btnH * 1 / 2, btnW, btnH), "Sign Up");

    }

    private void drawSignUpMenu()
    {
        // テキスト切り替え
        guiTextLogIn.SetActive(false);
        guiTextSignUp.SetActive(true);

        // テキストボックスの設置と入力値の取得
        int txtW = 150, txtH = 35;
        GUI.skin.textField.fontSize = 20;
        id = GUI.TextField(new Rect(Screen.width * 1 / 2, Screen.height * 1 / 4 - txtH * 1 / 2, txtW, txtH), id);
        pw = GUI.PasswordField(new Rect(Screen.width * 1 / 2, Screen.height * 2 / 5 - txtH * 1 / 2, txtW, txtH), pw, '*');
        mail = GUI.TextField(new Rect(Screen.width * 1 / 2, Screen.height * 11 / 20 - txtH * 1 / 2, txtW, txtH), mail);

        // ボタンの設置
        int btnW = 180, btnH = 50;
        GUI.skin.button.fontSize = 20;
        signUpButton = GUI.Button(new Rect(Screen.width * 1 / 4 - btnW * 1 / 2, Screen.height * 3 / 4 - btnH * 1 / 2, btnW, btnH), "Sign Up");
        backButton = GUI.Button(new Rect(Screen.width * 3 / 4 - btnW * 1 / 2, Screen.height * 3 / 4 - btnH * 1 / 2, btnW, btnH), "Back");
    }

}
UserAuth.cs

using UnityEngine;
using System.Collections;
using NCMB;
using System.Collections.Generic;

public class UserAuth : MonoBehaviour
{

    private string currentPlayerName;

    // mobile backendに接続してログイン ------------------------

    public void logIn(string id, string pw)
    {

        NCMBUser.LogInAsync(id, pw, (NCMBException e) => {
            // 接続成功したら
            if (e == null)
            {
                currentPlayerName = id;
            }
        });
    }

    // mobile backendに接続して新規会員登録 ------------------------

    public void signUp(string id, string mail, string pw)
    {

        NCMBUser user = new NCMBUser();
        user.UserName = id;
        user.Email = mail;
        user.Password = pw;
        user.SignUpAsync((NCMBException e) => {

            if (e == null)
            {
                currentPlayerName = id;
            }
        });
    }

    // mobile backendに接続してログアウト ------------------------

    public void logOut()
    {

        NCMBUser.LogOutAsync((NCMBException e) => {
            if (e == null)
            {
                currentPlayerName = null;
            }
        });
    }

    // 現在のプレイヤー名を返す --------------------
    public string currentPlayer()
    {
        return currentPlayerName;
    }

}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

こちらしばらくしたらできました

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.79%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る