質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.04%

Cloud Functions上でユーザーのIDを取得したい

解決済

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 1,044

score 8

現在Firebase上のCloudFunctionsで投稿の再生数をカウントをする関数を書いています。

そこで、もし再生したユーザーが投稿したユーザーと同じであればカウントをせず、同じでなければカウントを元の数に+1するという処理を書く際に、再生したユーザーを特定するため、現在ログインしているユーザーを取得したいのですが、どうすればよいでしょうか?

使用しているデータベースはCloud Firestoreで、認証はFirebase Authenticationを使っています。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • xenbeat

    2019/04/02 21:58

    > もし再生したユーザーが投稿したユーザーと同じであればカウントをせず、同じでなければカウントを元の数に+1する

    モデルが提示されてないためこちらのイメージが掴みきれていないのですが、Teratailで言うと、質問の「高評価」を押した時のようなイメージでしょうか。

    またそれをFunctions(Firestoreトリガー)でやろうとしている理由をお聞かせください。
    特になければ別の方法が提案できるかもしれません。

    キャンセル

  • studiokaiji

    2019/04/02 22:13

    Teratailで言うVIEWのカウントのようなものです。
    理由は元の投稿を編集して再生数のカウントをするため、クライアント上でカウントできるようにしてしまうと投稿を閲覧できるユーザーであれば誰でも投稿の編集が可能になってしまうのを防ぐためです。

    キャンセル

  • Res

    2019/04/04 22:35

    ログイン方法は何認証ですか?

    キャンセル

回答 2

checkベストアンサー

+2

onCallでの実装例です。ユーザーがFirebase Authenticationでログイン中であればauthにユーザー情報が入っています。

カウントに関しては実装が不透明なため、回答はタイトルにある取得方法のみになります

const functions = require('firebase-functions')
exports.hoge = functions.https.onCall(async (data, context) => {
  const auth = context.auth
  if (auth) {
    console.log('ユーザーID', auth.uid)
  }
})

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

-1

メールログインでしたらこちらです。
var config = {
apiKey: "--------",
authDomain: "------",
databaseURL: "-----",
projectId: "-----",
storageBucket: "-----",
messagingSenderId: "-----"
};
の部分は置き換えてください。
${user.displayName}で名前、${user.email}でメールです。
サンプル(ログイン中ユーザーの所得)

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>ログイン状態の確認</title>
</head>
<body>
  <h1>読み込み中...</h1>
  <div id="info"></div>

  <script src="https://www.gstatic.com/firebasejs/5.8.1/firebase-app.js"></script>
  <script src="https://www.gstatic.com/firebasejs/5.8.1/firebase-auth.js"></script>
  <script>
  //----------------------------------------------
// Firebaseの初期化
//----------------------------------------------
var config = {
    apiKey: "--------",
    authDomain: "------",
    databaseURL: "-----",
    projectId: "-----",
    storageBucket: "-----",
    messagingSenderId: "-----"
};
firebase.initializeApp(config);

//----------------------------------------------
// ドメインとポート番号
//----------------------------------------------
let domain = document.domain;
let port   = (domain === 'localhost')?  5000:80;
  </script>
  <script>
    firebase.auth().onAuthStateChanged( (user) => {
      let h1   = document.querySelector('h1');
      let info = document.querySelector('#info');

      if(user) {
        h1.innerText   = 'ログインに成功!';
        info.innerHTML =   `${user.displayName}さんがログインしました`
                         + '<ul>'
                         +   `<li>${user.email}</li>`
                         +   `<li>メールの確認:${user.emailVerified}(false=未確認 true=確認済み)</li>`
                         + '<ul>';
        console.log(user);
      }
      else {
        h1.innerText = 'ログインされていません。';
      }
    });
  </script>
</body>
</html>

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/04/04 23:42

    回答ありがとうございます。
    回答していただいたコードはおそらくWeb上で取得する方法だと思うのですが、質問はCloud Functions上での取得についてなので、それについて教えていただけると幸いです。

    キャンセル

  • 2019/05/26 11:44

    あの、Cloud Firestoreのドキュメントにフィールド
    mail="mail@mail.com"
    を書き込む時に追加してユーザーを認証するのはどうですか?

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.04%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る