質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.51%

  • C#

    8507questions

    C#はマルチパラダイムプログラミング言語の1つで、命令形・宣言型・関数型・ジェネリック型・コンポーネント指向・オブジェクティブ指向のプログラミング開発すべてに対応しています。

C#でスコープ外のプログラムを引用する。

解決済

回答 2

投稿 ・編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 107

hayato208

score 1

実現したいこと

C#でスコープ外のプログラム(クラス?)にアクセスしたいです。
下記プログラムで言えばcase2を選択した場合、「 Console.WriteLine("0:ラーメン 1:カレー");」を選択できるようにしたいです。

    public static void Main()
    {
        Console.WriteLine("0:ラーメン 1:カレー");
        Console.Write("好きな食べ物――");
        String stfood = Console.ReadLine();//p35
        int nfood = Int32.Parse(stfood);
        if (nfood == 0)
        {
            Console.WriteLine("0:醤油 1:味噌 2:食べ物の選択肢に戻る");
            Console.Write("何味が好き――");
            String deathWhere = Console.ReadLine();//p35
            switch (deathWhere)//p113
            {
                case "0":
                    Console.WriteLine("――私も醤油が好きです――");
                    break;
                case "1":
                    Console.WriteLine("――味噌も美味しいですね――");
                    break;
                case "2"://ここに何かしらの処理を加えて、「Console.WriteLine("0:ラーメン 1:カレー");」の選択肢を再び表示させたい
            }
        }

お手数ですが、回等願います。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

+2

プロジェクトに含めているなら、uses に追加しとけば参照できるけど、そういうことかな?

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/03/15 00:02

    すみません、あっているか分かりませんのでusesについて解説されているリンクか何か頂けないでしょうか。
    やりたい挙動と致しましては、case2が選ばれた場合、3行目の「Console.WriteLine("0:ラーメン 1:カレー");」に飛ぶ(戻る)処理です。
    goto文も考えたのですが、スコープ外には制御が移せませんでした。

    キャンセル

  • 2019/03/15 00:08

    ああ、そこに戻るだけなら、全体をwhileのループで囲んでしまえばいいだけですね。
    って、別回答で出てるので、それを参照してください

    #質問を深読みしすぎてしまったw

    キャンセル

  • 2019/03/15 00:15

    解答ありがとうございます。
    whileでループする形が一番無難そうですね。ありがとうございました。

    キャンセル

checkベストアンサー

+1

2通りのやり方がある。

1.全体をwhileで囲んで、case2以外をbreakさせる
2.冒頭にラベルを張って、case2の時にgoto ラベルする

1.

        static void Main(string[] args)
        {
            while (true)
            {
                Console.WriteLine("0:ラーメン 1:カレー");
                Console.Write("好きな食べ物――");
                string stfood = Console.ReadLine();

                if (int.TryParse(stfood, out int nfood))
                {
                    if (nfood == 0)
                    {
                        Console.WriteLine("0:醤油 1:味噌 2:食べ物の選択肢に戻る");
                        Console.Write("何味が好き――");
                        string deathWhere = Console.ReadLine();

                        switch (deathWhere)
                        {
                            case "0":
                                Console.WriteLine("――私も醤油が好きです――");
                                break;
                            case "1":
                                Console.WriteLine("――味噌も美味しいですね――");
                                break;
                        }

                        if (deathWhere != "2")
                        {
                            break;
                        }
                    }
                }
            }
        }

2.

        static void Main(string[] args)
        {
            Start:
            Console.WriteLine("0:ラーメン 1:カレー");
            Console.Write("好きな食べ物――");
            string stfood = Console.ReadLine();

            if (int.TryParse(stfood, out int nfood))
            {
                if (nfood == 0)
                {
                    Console.WriteLine("0:醤油 1:味噌 2:食べ物の選択肢に戻る");
                    Console.Write("何味が好き――");
                    string deathWhere = Console.ReadLine();

                    switch (deathWhere)
                    {
                        case "0":
                            Console.WriteLine("――私も醤油が好きです――");
                            break;
                        case "1":
                            Console.WriteLine("――味噌も美味しいですね――");
                            break;
                        default:
                            goto Start;
                    }
                }
            }
        }

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/03/15 00:17

    迅速な解答ありがとうございます。
    少し理解できていない部分もありますが落ち着いて読み解いていこうと思います。
    コードも載せていただきありがとうございました。

    キャンセル

同じタグがついた質問を見る

  • C#

    8507questions

    C#はマルチパラダイムプログラミング言語の1つで、命令形・宣言型・関数型・ジェネリック型・コンポーネント指向・オブジェクティブ指向のプログラミング開発すべてに対応しています。