質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.51%

  • Python 3.x

    9820questions

    Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

  • Google API

    672questions

    Googleは多種多様なAPIを提供していて、その多くはウェブ開発者向けのAPIです。それらのAPIは消費者に人気なGoogleのサービス(Google Maps, Google Earth, AdSense, Adwords, Google Apps,YouTube等)に基づいています。

  • OAuth 2.0

    105questions

    OAuth 2.0(Open Authorization 2.0)は、APIを通して保護されたリソース(サードパーティのアプリケーション)へアクセスする為のオープンプロトコルです。

  • Hangouts

    5questions

    Googleが提供するサービス。モバイル向けにもAndroidとiOSのソフトウェアが提供されています。 グループでのチャット、インターネット電話、ビデオ電話などが利用可能です。 Googleドライブとも連携しており、遠方との共同作業が可能になっています。

google hangout用のbotを動かすときのGoogle認証について教えてください

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 202

TE2

score 2

前提・実現したいこと

プログラマーではないので、詳しくないのでご教授願いたいのですが、
さくらサーバーの領域にTera termにてpython3にて作られたgoogle hangout用のbot(https://github.com/hangoutsbot/hangoutsbot)をアップロードして、 hangupsbot.py ファイルを実行したのですが、
「auth.py」でのGoogle認証がうまくいきません(メールアドレスやパスワードは入力時間違ってないはずですが・・)、どのようにすればよろしいでしょうか?

発生している問題・エラーメッセージ

% python3 hangupsbot.py
17:31:07 INFO config: /home/●●●/.local/share/hangupsbot/config.json read
17:31:07 INFO root: memory = /home/●●●/.local/share/hangupsbot/memory.json, failsafe = 3, delay = 1
17:31:07 INFO config: /home/●●●/.local/share/hangupsbot/memory.json read
Sign in with your Google account:
Email: ●●●@gmail.com
Password:
17:32:50 ERROR root: LOGIN FAILED

Traceback (most recent call last):
File "/home/●●●/local/python/lib/python3.5/site-packages/hangups/auth.py", line 197, in get_auth
raise GoogleAuthError("Refresh token not found")
hangups.auth.GoogleAuthError: Refresh token not found

During handling of the above exception, another exception occurred:

Traceback (most recent call last):
File "/home/●●●/local/python/lib/python3.5/site-packages/hangups/auth.py", line 340, in _get_authorization_code
return browser.get_cookie('oauth_code')
File "/home/●●●/local/python/lib/python3.5/site-packages/hangups/auth.py", line 298, in get_cookie
return self._session.cookies[name]
File "/home/●●●/local/python/lib/python3.5/site-packages/requests/cookies.py", line 328, in getitem
return self._find_no_duplicates(name)
File "/home/●●●/local/python/lib/python3.5/site-packages/requests/cookies.py", line 399, in _find_no_duplicates
raise KeyError('name=%r, domain=%r, path=%r' % (name, domain, path))
KeyError: "name='oauth_code', domain=None, path=None"

During handling of the above exception, another exception occurred:

Traceback (most recent call last):
File "hangupsbot.py", line 139, in login
cookies = hangups.auth.get_auth_stdin(cookies_path)
File "/home/●●●/local/python/lib/python3.5/site-packages/hangups/auth.py", line 233, in get_auth_stdin
CredentialsPrompt(), refresh_token_cache, manual_login=manual_login
File "/home/●●●/local/python/lib/python3.5/site-packages/hangups/auth.py", line 208, in get_auth
session, credentials_prompt
File "/home/●●●/local/python/lib/python3.5/site-packages/hangups/auth.py", line 342, in _get_authorization_code

raise GoogleAuthError('Authorization code cookie not found')
hangups.auth.GoogleAuthError: Authorization code cookie not found
17:32:50 ERROR root: Valid login required, exiting

以下「auth.py」のテキスト(文字量制限のため途中まで)

"""Google login authentication using OAuth 2.0.

Logging into Hangouts using OAuth2 requires a private scope only whitelisted
for certain clients. This module uses the client ID and secret from iOS, so it
will appear to Google to be an iOS device. Access can be revoked from this
page:
https://security.google.com/settings/security/activity

This module should avoid logging any sensitive login information.

This module may be tested by invoking it directly:
python -m hangups.auth
"""

import getpass
import logging
import platform
import urllib.parse

import mechanicalsoup
import requests

from hangups import version

logger = logging.getLogger(name)
(# Set the logging level for requests to at least INFO, since the DEBUG level
(# will log sensitive data:
if logging.getLogger('requests').isEnabledFor(logging.DEBUG):
logging.getLogger('requests').setLevel(logging.INFO)

OAUTH2_CLIENT_ID = '●●●.apps.googleusercontent.com'
OAUTH2_CLIENT_SECRET = '●●●'
OAUTH2_SCOPES = [
'https://www.google.com/accounts/OAuthLogin',
'https://www.googleapis.com/auth/userinfo.email',
]
(# Note that '+' separating scopes must not be escaped by urlencode
OAUTH2_LOGIN_URL = (
'https://accounts.google.com/o/oauth2/programmatic_auth?{}'.format(
urllib.parse.urlencode(dict(
scope='+'.join(OAUTH2_SCOPES),
client_id=OAUTH2_CLIENT_ID,
), safe='+')
)
)
OAUTH2_TOKEN_REQUEST_URL = 'https://accounts.google.com/o/oauth2/token'
FORM_SELECTOR = '#gaia_loginform'
EMAIL_SELECTOR = '#Email'
PASSWORD_SELECTOR = '#Passwd'
VERIFICATION_FORM_SELECTOR = '#challenge'
TOTP_CHALLENGE_SELECTOR = '[action="/signin/challenge/totp/2"]'
PHONE_CHALLENGE_SELECTOR = '[action="/signin/challenge/ipp/4"]'
TOTP_CODE_SELECTOR = '#totpPin'
PHONE_CODE_SELECTOR = '#idvPreregisteredPhonePin'
USER_AGENT = 'hangups/{} ({} {})'.format(
version.version, platform.system(), platform.machine()
)

MANUAL_LOGIN_INSTRUCTIONS = '''
To sign in with your Google account:

1) Open the URL provided below in your browser.

2) Log into your Google account normally.

3) You should be redirected to a loading screen. Copy the oauth_code
cookie value set by this page and paste it here.

To obtain the cookie value using Chrome or Firefox:

1) Press F12 to open developer tools.

2) Select the "Application" (Chrome) or "Storage" (Firefox) tab.

3) In the sidebar, expand "Cookies" and select
https://accounts.google.com.

4) In the cookie list, double click on the value for the oauth_code
cookie to select it, and copy the value.

{}
'''.format(OAUTH2_LOGIN_URL)

class GoogleAuthError(Exception):
"""A Google authentication request failed."""

```

エラーメッセージ

raise GoogleAuthError('Authorization code cookie not found')
hangups.auth.GoogleAuthError: Authorization code cookie not found
17:32:50 ERROR root: Valid login required, exiting

該当のソースコード

BotライブラリのGitHubページは↓
GitHub – hangoutsbot/hangoutsbot: Google Hangouts bot

https://github.com/hangoutsbot/hangoutsbot

試したこと

「auth.py」のなかに
OAUTH2_CLIENT_ID = '●●●.com'
OAUTH2_CLIENT_SECRET = '●●●'
OAUTH2_SCOPES = [
'https://www.google.com/accounts/OAuthLogin',
'https://www.googleapis.com/auth/userinfo.email',

OAUTH2_CLIENT_ID とOAUTH2_CLIENT_SECRET とあったので、

https://developer.a-blogcms.jp/document/externalservice/entry-2541.html

を参考にしてそれと思われるものを直接テキストに書き込んだがうまくいかず

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

auth.pyの中身がどうなっているのか、という話になるかと思います。

hangupsbotは以下を参考にしてインストールしました。

https://qiita.com/Shota_Fukuda/items/bd36c543ac6fbefb685e

ただし、上記サイトの冒頭にある通り
「2018/08/20時点でGoogle側の認証方法が変わったのか、下記の方法で作成したBotは動きません。」
とあります。同じgit clone(というのでしょうか、データ参照元)で、Google側の認証方法変更以後(去年の6月頃?)も、環境は違えどbotを動かした人がいるようですので、動かす方法はあるんだと思うんですが、どうしていいかわかりません。


1月20日
プログラミングに詳しい方が上記のbotを試してくださり、記述の方法(VS2017でのbot構築手順)では同じように認証エラーとなったが、回避方法が分かったとのこと。ただし教わった内容を自分の環境で試したところ、今までとは挙動が変わりましたが、エラーになり動きません。途中いろいろ内容をいじってしまったのでその影響かと思われます。トークン・クッキーの取得と認証、といったあたりで躓いていたようです。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

1月20日
プログラミングに詳しい方が上記のbotを試してくださり、記述の方法(VS2017でのbot構築手順)では同じように認証エラーとなったが、回避方法が分かったとのこと。ただし教わった内容を自分の環境で試したところ、今までとは挙動が変わりましたが、エラーになり動きません。途中いろいろ内容をいじってしまったのでその影響かと思われます。トークン・クッキーの取得と認証、といったあたりで躓いていたようです。

2月2日
知人のプログラマーに見て頂いて、どうやらSSL認証で躓いているようだ、と教えてもらいました。やり方は任せてしまいましたが、まず、インストールしているPythonを3.5.6から3.6.5に入れなおしました、それとopenSSLなるものをインストールしてもらいました。SSL認証の参照先がなぜか古いほうになってたらしいので、さくらサーバーの最新のSSL認証を参照してもらうように記述を変えてもらいました。

前回マニュアルログイン時にハンドシェイクに失敗していたものが、OAUTHコードを取得できるようになったため、マニュアルログイン時に取得したコードを入力したところ認証が通りました。hangupsbot.py ファイルも実行可能になりました。

残念ながら上記の説明は私ではちゃんと書けないので、これを参照された方は
解決に至らないかもしれません、なによりGoogle+のAPIが2019年4月2日以降使えなくなりそうです、2020年にはハングアウトのサービスも終わってしまいます(hangout chatという後継のソフトは別物)
結局職業プログラマ数人に聞かないとわからなかったのは、私が少しイレギュラーなことをしていた(環境というか構成、実行環境の違いなど)のと、コマンドもわからないような素人にはちょっと難しい、そもそもやってる内容がマイナーで日本語での資料等も少ないと、かなり無茶をしたな、というところだと思います。プログラマーではない私の人生でこういうことに携わる機会は、まずありませんので勉強になりました。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

同じタグがついた質問を見る

  • Python 3.x

    9820questions

    Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

  • Google API

    672questions

    Googleは多種多様なAPIを提供していて、その多くはウェブ開発者向けのAPIです。それらのAPIは消費者に人気なGoogleのサービス(Google Maps, Google Earth, AdSense, Adwords, Google Apps,YouTube等)に基づいています。

  • OAuth 2.0

    105questions

    OAuth 2.0(Open Authorization 2.0)は、APIを通して保護されたリソース(サードパーティのアプリケーション)へアクセスする為のオープンプロトコルです。

  • Hangouts

    5questions

    Googleが提供するサービス。モバイル向けにもAndroidとiOSのソフトウェアが提供されています。 グループでのチャット、インターネット電話、ビデオ電話などが利用可能です。 Googleドライブとも連携しており、遠方との共同作業が可能になっています。