質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.59%

Unity2018.3でのMissingが検出できない

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 4,330

score 317

前提・実現したいこと

アセットのMissingをチェックする処理をいくつかのサイト様を参考に作成していましたが、Unity2018.3にアップデートした途端、検出しなくなってしまいました。

以下がチェック処理になります。

IEnumerable<UnityEngine.Object> assets = AssetDatabase.LoadAllAssetsAtPath(asset_path);
foreach (UnityEngine.Object target_asset in assets)
{
  SerializedObject serialized_object = new SerializedObject(target_asset);
  SerializedProperty property = serialized_object.GetIterator();
  while (property.Next(true))
  {
    if (SerializedPropertyType.ObjectReference != property.propertyType) { continue; }
    if (null != property.objectReferenceValue) { continue; }
    if (0 == property.objectReferenceInstanceIDValue) { continue; }
    missing_list.Add(target_asset);
  }
}


missingの状態でもnullの状態でもSerializedProperty.objectReferenceInstanceIDValueが0を返すので、何かあるのかを確認の為にGitHub上の該当ソースを参照してみたところ、2018.3からは以下のように変わってしまったようです。

public int objectReferenceInstanteIDValue
{
  get
  {
    UnityObject obj = objectReferenceValue;
    return obj ? obj.GetInstanceID() : 0;
  }
}

Inspectorではちゃんとmissingが検出されているので、何かしら方法がないかと探っているところなのですが、どなたか情報をお持ちではないでしょうか。
よろしくお願いします。

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

Unity2018.1 検出可能
Unity2018.3 検出不可

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

はたしてこれでいいのか検証が不十分ですが、property.objectReferenceValuenullだった場合に、その子プロパティm_FileIDを調べ、それの値が0なら「None」、0でなければ「Missing」のような気がします。

下図のような状態にあるアセットを選択した状態で...

インスペクタ

ご質問者さんのコードをベースにした、下記のようなスクリプトを作ってメニューから実行したところ...

using System.Collections.Generic;
using UnityEditor;
using UnityEngine;

public class MissingFinder : MonoBehaviour
{
    [MenuItem("Utility/Find Missings")]
    private static void FindMissings()
    {
        var asset_path = AssetDatabase.GetAssetPath(Selection.activeObject);
        var missing_list = new List<Object>();

        Debug.Log($"Find missings in {asset_path}...");

        IEnumerable<UnityEngine.Object> assets = AssetDatabase.LoadAllAssetsAtPath(asset_path);
        foreach (UnityEngine.Object target_asset in assets)
        {
            Debug.Log($"{target_asset}:");

            SerializedObject serialized_object = new SerializedObject(target_asset);
            SerializedProperty property = serialized_object.GetIterator();

            while (property.Next(true))
            {
                string propertyStatus;

                if (SerializedPropertyType.ObjectReference != property.propertyType)
                {
                    propertyStatus = "Not object reference.";
                }
                else
                {
                    var objectReferenceValue = property.objectReferenceValue;

                    if (null != objectReferenceValue)
                    {
                        propertyStatus = "Not null.";
                    }
                    else
                    {
                        if (property.hasChildren)
                        {
                            var fileId = property.FindPropertyRelative("m_FileID");
                            if (fileId != null)
                            {
                                if (fileId.intValue != 0)
                                {
                                    propertyStatus = "<color=red>Missing!</color>";
                                    missing_list.Add(target_asset);
                                }
                                else
                                {
                                    propertyStatus = "Null (file ID is 0).";
                                }
                            }
                            else
                            {
                                propertyStatus = "Null (file ID not found).";
                            }
                        }
                        else
                        {
                            propertyStatus = "Null (has no children).";
                        }
                    }
                }

                Debug.Log($"\t{property.name}:{propertyStatus}");
            }
        }

        Debug.Log($"{missing_list.Count} missings found.");
    }
}

下図のようにMaterial2の「None」と、Material3の「Missing」を区別することができました。

コンソール

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/01/09 10:51 編集

    ありがとうございます!
    以前のものとの比較をまだしきれていないですが、少なくとも判定はできているようです!

    2019/01/09 10:57 追記
    念のため、2018.1の環境に対して、頂いた方法でチェックすると同様な結果が得られました!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.59%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る