質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.77%

(windows32API)ツールバーのアイコンが反映されない・ただの白い箱が表示される。

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,376

mercurian-teto

score 75

visualstudio2017でwindows apiのプログラミングをしています。
ツールバーの表示がうまくいきません。
イメージ説明
toolbarにつかうbmpファイルは
visualstudioで新規作成したときに自動生成されるアイコンファイルがある場所に保存しましたし、何が原因でこのようなことが起きるのでしょうか。
回答お願いします。

#include <windows.h>
#include <tchar.h>
#include <commctrl.h>
#include "resource.h"
#include "toolbar.h"
#define TITLE TEXT("toolbar")


HWND hToolBar; // ツールバーのウィンドウハンドル

char szClassName[] = "toolbar";        //ウィンドウクラス

TBBUTTON tbb[] = {
    {0, 0, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
    {1, 1, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
    {2, 2, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
    {3, 3, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
    {4, 4, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
{5, 4, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
{6, 4, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
{7, 4, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},

};
TBBUTTON tb = { 0, 0, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_SEP, 0, 0 };


int WINAPI WinMain(HINSTANCE, HINSTANCE, LPSTR, int);
LRESULT CALLBACK WndProc(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM);
BOOL InitApp(HINSTANCE, LPCTSTR);
BOOL InitInstance(HINSTANCE, LPCTSTR, int);



int WINAPI WinMain(HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInst,
    LPSTR lpsCmdLine, int nCmdShow)
{

    MSG msg;
    LPCTSTR szClassName = _T("aaaaaaaaaa");        //ウィンドウクラス

    if (!hPrevInst) {
        if (!InitApp(hInstance, szClassName))
            return 0;


    }
    if (!InitInstance(hInstance, szClassName, nCmdShow)) {
        return 0;
    }
    while (GetMessage(&msg, NULL, 0, 0)) {
        TranslateMessage(&msg);
        DispatchMessage(&msg);
    }
    return (int)msg.wParam;
}

//ウィンドウ・クラスの登録 BOOLはTRUEかFALSEしか返さないの意味

BOOL InitApp(HINSTANCE hInst, LPCTSTR szClassName)
{
    WNDCLASS wc;
    wc.style = CS_HREDRAW | CS_VREDRAW;
    wc.lpfnWndProc = WndProc;    //プロシージャ名
    wc.cbClsExtra = 0;
    wc.cbWndExtra = 0;
    wc.hInstance = hInst;        //インスタンス
    wc.hIcon = LoadIcon(NULL, IDI_APPLICATION);
    wc.hCursor = LoadCursor(NULL, IDC_ARROW);
    wc.hbrBackground = (HBRUSH)GetStockObject(WHITE_BRUSH);
    wc.lpszMenuName = NULL;    //メニュー名
    wc.lpszClassName = szClassName;
    return (RegisterClass(&wc));
}

//ウィンドウの生成

BOOL InitInstance(HINSTANCE hInst, LPCTSTR szClassName, int nCmdShow)
{

    HWND hWnd;

    hWnd = CreateWindow(szClassName,
        _T("toolbar"),//タイトルバーにこの名前が表示されます
        WS_OVERLAPPEDWINDOW,    //ウィンドウの種類
        CW_USEDEFAULT,    //X座標
        CW_USEDEFAULT,    //Y座標
        CW_USEDEFAULT,    //幅
        CW_USEDEFAULT,    //高さ
        NULL,            //親ウィンドウのハンドル、親を作るときはNULL
        NULL,            //メニューハンドル、クラスメニューを使うときはNULL
        hInst,            //インスタンスハンドル
        NULL);
    if (!hWnd)
        return FALSE;
    ShowWindow(hWnd, nCmdShow);
    UpdateWindow(hWnd);
    return TRUE;
}

//ウィンドウプロシージャ

//
//LRESULT CALLBACK WndProc(HWND hWnd, UINT msg, WPARAM wp, LPARAM lp)
//{
//    PAINTSTRUCT ps;
//    HDC hdc;
//    TCHAR greeting[] = _T("Hello, World!");
//    switch (msg)
//    {
//    case WM_PAINT:
//        //  描画処理の開始
//        hdc = BeginPaint(hWnd, &ps);
//        // 文字列の出力。「Hello, World!」と出力する。
//        TextOut(hdc,
//            5, 5,
//            greeting, _tcslen(greeting));
//        //  ペイント処理の終了
//        EndPaint(hWnd, &ps);
//        break;
//    case WM_DESTROY:
//        PostQuitMessage(0);
//        break;
//    default:
//        return DefWindowProc(hWnd, msg, wp, lp);
//        break;
//    }
//
//    return 0;
//}
//


LRESULT CALLBACK WndProc(HWND hWnd, UINT msg, WPARAM wp, LPARAM lp)
{
    int id;
    HINSTANCE hInst;

    switch (msg) {
    case WM_CREATE:
        hInst = (HINSTANCE)GetWindowLong(hWnd, -6);
        InitCommonControls();
        hToolBar = CreateToolbarEx(
            hWnd, 
            WS_CHILD | WS_VISIBLE, 
            ID_TOOLBAR, // コントロールID
            4, //イメージの数
            hInst,
            ID_MYBMP,
            tbb,
            7, // ボタンの数
            0, //ボタンの幅
            0, //ボタンの高さ
            15, //イメージの幅
            15, //イメージの高さ
            sizeof(TBBUTTON));
        SendMessage(hToolBar, TB_INSERTBUTTON,
            3, (LPARAM)&tb); //toolbarをさらに追加
        break;
    case WM_SIZE:
        SendMessage(hToolBar, WM_SIZE, wp, lp);
        break;
    case WM_COMMAND:
        switch (LOWORD(wp)) {
        case 1:
            MessageBox(hWnd,
                _T("1"), _T("ボタンの反応"), MB_OK);
            break;
        case 2:
            MessageBox(hWnd,
                _T("2"), _T("ボタンの反応"), MB_OK);
            break;
        case 3:
            MessageBox(hWnd,
                _T("3"), _T("ボタンの反応"), MB_OK);
            break;
        case 4:
            MessageBox(hWnd,
                _T("4"), _T("ボタンの反応"), MB_OK);
            break;
        }
        break;
    case WM_CLOSE:
        id = MessageBox(hWnd,
            _T("終了してもよいですか"),
            _T("終了確認"),
            MB_YESNO | MB_ICONQUESTION);
        if (id == IDYES) {
            DestroyWindow(hWnd);
        }
        break;
    case WM_DESTROY:
        PostQuitMessage(0);
        break;
    default:
        return (DefWindowProc(hWnd, msg, wp, lp));
    }
    return 0L;
}
// toolbar.rc
#include "windows.h"
#include "toolbar.h"

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//
// Bitmap
//

ID_MYBMP                BITMAP  DISCARDABLE     "toolbar.bmp"


イメージ説明
toolbar4.bmp

完成形

#define _CRT_SECURE_NO_WARNINGS
#include <windows.h>
#include <tchar.h>
#include <commctrl.h>
#include "toolbar.h"
#define TITLE TEXT("Kitty on your lap")


HWND hToolBar; // ツールバーのウィンドウハンドル

char szClassName[] = "toolbar";        //ウィンドウクラス

#define TOOLBAR_FLAT    0x800

TBBUTTON tbb[] = {
    {0, IDM_1, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
    {1, IDM_2, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
    {2, IDM_3, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
    {3, IDM_4, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
    {4, IDM_4, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
{5, IDM_4, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
{6, IDM_4, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
{8, IDM_4, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
{9, IDM_4, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
{10, IDM_4, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
{11, IDM_4, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},


};
TBBUTTON tb = { 0, 0, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_SEP, 0, 0 };


int WINAPI WinMain(HINSTANCE, HINSTANCE, LPSTR, int);
LRESULT CALLBACK WndProc(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM);
BOOL InitApp(HINSTANCE, LPCTSTR);
BOOL InitInstance(HINSTANCE, LPCTSTR, int);



int WINAPI WinMain(HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInst,
    LPSTR lpsCmdLine, int nCmdShow)
{

    MSG msg;
    LPCTSTR szClassName = _T("timer");        //ウィンドウクラス

    if (!hPrevInst) {
        if (!InitApp(hInstance, szClassName))
            return 0;


    }
    if (!InitInstance(hInstance, szClassName, nCmdShow)) {
        return 0;
    }
    while (GetMessage(&msg, NULL, 0, 0)) {
        TranslateMessage(&msg);
        DispatchMessage(&msg);
    }
    return (int)msg.wParam;
}


BOOL InitApp(HINSTANCE hInst, LPCTSTR szClassName)
{
    WNDCLASS wc;
    wc.style = CS_HREDRAW | CS_VREDRAW;
    wc.lpfnWndProc = WndProc;    //プロシージャ名
    wc.cbClsExtra = 0;
    wc.cbWndExtra = 0;
    wc.hInstance = hInst;        //インスタンス
    wc.hIcon = LoadIcon(NULL, IDI_APPLICATION);
    wc.hCursor = LoadCursor(NULL, IDC_ARROW);
    wc.hbrBackground = (HBRUSH)GetStockObject(WHITE_BRUSH);
    wc.lpszMenuName = NULL;    //メニュー名
    wc.lpszClassName = szClassName;
    return (RegisterClass(&wc));
}

//ウィンドウの生成

BOOL InitInstance(HINSTANCE hInst, LPCTSTR szClassName, int nCmdShow)
{

    HWND hWnd;

    hWnd = CreateWindow(szClassName,
        _T("toolbar"),//タイトルバーにこの名前が表示されます
        WS_OVERLAPPEDWINDOW,    //ウィンドウの種類
        CW_USEDEFAULT,    //X座標
        CW_USEDEFAULT,    //Y座標
        CW_USEDEFAULT,    //幅
        CW_USEDEFAULT,    //高さ
        NULL,            //親ウィンドウのハンドル、親を作るときはNULL
        NULL,            //メニューハンドル、クラスメニューを使うときはNULL
        hInst,            //インスタンスハンドル
        NULL);
    if (!hWnd)
        return FALSE;
    ShowWindow(hWnd, nCmdShow);
    UpdateWindow(hWnd);
    return TRUE;
}

//ウィンドウプロシージャ

//
//LRESULT CALLBACK WndProc(HWND hWnd, UINT msg, WPARAM wp, LPARAM lp)
//{
//    PAINTSTRUCT ps;
//    HDC hdc;
//    TCHAR greeting[] = _T("Hello, World!");
//    switch (msg)
//    {
//    case WM_PAINT:
//        //  描画処理の開始
//        hdc = BeginPaint(hWnd, &ps);
//        // 文字列の出力。「Hello, World!」と出力する。
//        TextOut(hdc,
//            5, 5,
//            greeting, _tcslen(greeting));
//        //  ペイント処理の終了
//        EndPaint(hWnd, &ps);
//        break;
//    case WM_DESTROY:
//        PostQuitMessage(0);
//        break;
//    default:
//        return DefWindowProc(hWnd, msg, wp, lp);
//        break;
//    }
//
//    return 0;
//}
//


LRESULT CALLBACK WndProc(HWND hWnd, UINT msg, WPARAM wp, LPARAM lp)
{
    int id;
    HINSTANCE hInst;
    static HBITMAP hBitmap;

    switch (msg) {
    case WM_CREATE:
        hInst = (HINSTANCE)GetWindowLong(hWnd, -6);
        InitCommonControls();
        hBitmap = LoadBitmap(
            ((LPCREATESTRUCT)lp)->hInstance,
            MAKEINTRESOURCE(ID_MYBMP)
        );
        hToolBar = CreateToolbarEx(
            hWnd, 
             WS_CHILD | WS_VISIBLE,
            ID_TOOLBAR, // コントロールID
            9, //イメージの数
            NULL,
            (UINT_PTR)hBitmap, //リソースかmakeintresource
            tbb,
            9, // ボタンの数
            0, //ボタンの幅
            0, //ボタンの高さ
            16, //イメージの幅
            15, //イメージの高さ
            sizeof(TBBUTTON));
        //SendMessage(hToolBar, TB_INSERTBUTTON,3, (LPARAM)&tb); //toolbar(空白)をさらに追加
        break;
    case WM_SIZE:
        SendMessage(hToolBar, WM_SIZE, wp, lp);
        break;
    case WM_COMMAND:
        switch (LOWORD(wp)) {
        case IDM_1:
            MessageBox(hWnd,
                _T("1"), _T("ボタンの反応"), MB_OK);
            break;
        case IDM_2:
            MessageBox(hWnd,
                _T("2"), _T("ボタンの反応"), MB_OK);
            break;
        case IDM_3:
            MessageBox(hWnd,
                _T("3"), _T("ボタンの反応"), MB_OK);
            break;
        case IDM_4:
            MessageBox(hWnd,
                _T("4"), _T("ボタンの反応"), MB_OK);
            break;
        }
        break;
    case WM_CLOSE:
        id = MessageBox(hWnd,
            _T("終了してもよいですか"),
            _T("終了確認"),
            MB_YESNO | MB_ICONQUESTION);
        if (id == IDYES) {
            DestroyWindow(hWnd);
        }
        break;
    case WM_DESTROY:
        PostQuitMessage(0);
        break;
    default:
        return (DefWindowProc(hWnd, msg, wp, lp));
    }
    return 0L;
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

ソースに問題はありますが、ビットマップが表示されない理由とは考えられません。おそらくリソースで指定しているビットマップの形式に問題があると推測されます。CreateToolbarEx にリソース ID 形式で指定可能なビットマップはパレット付ビットマップまたは 32 ビット ARGB 形式のビットマップのみ(Windows 10 の場合)となります。16 ビットと 24 ビットビットマップを指定する場合、LoadBitmap か LoadImage で読み込んだビットマップハンドルをビットマップの ID を指定しているところに指定してください。その際、hInst に NULL を指定するようにしてください。
また、ビットマップの幅が 120 ピクセルに満たない場合も同じ現象が発生する可能性はあります。

上記以外に、ソース上で問題のあるところを指摘します。

TBBUTTON tbb[] = {
    {0, 0, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
    {1, 1, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
    {2, 2, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
    {3, 3, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
    {4, 4, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
{5, 4, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
{6, 4, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},
{7, 4, TBSTATE_ENABLED, TBSTYLE_BUTTON, 0, 0},

};
...
        hToolBar = CreateToolbarEx(
            hWnd, 
            WS_CHILD | WS_VISIBLE, 
            ID_TOOLBAR, // コントロールID
            4, //イメージの数
            hInst,
            ID_MYBMP,
            tbb,
            7, // ボタンの数
            0, //ボタンの幅
            0, //ボタンの高さ
            15, //イメージの幅
            15, //イメージの高さ
            sizeof(TBBUTTON));


は、イメージの数が一致していません。イメージの数は 4 を指定していますが、tbb のイメージのインデックスは 7 まで指定されています。ただ、CreateToolbarEx では指定したイメージの数は無視されるので、表示されない理由とは関係がないと推測されます。

        hInst = (HINSTANCE)GetWindowLong(hWnd, -6);


は、以下のように書き換えることができます。

        hInst = (HINSTANCE)GetWindowLong(hWnd, GWL_HINSTANCE);

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/12/11 00:52

    元のソースで気になってたのは
    #include "resource.h"
    #include "toolbar.h"
    と2つインクルードがあることですね。rc ファイルに toolbar.h がインクルードしてあるなら resource.h は不要かと思いますが、その辺はどうなっていますか?

    キャンセル

  • 2018/12/12 08:42

    ↑でMAKEINTRESOURCEの名前が間違ってまたのを修正しました。

    キャンセル

  • 2018/12/16 17:09

    <hBitmap = LoadBitmap(((LPCREATESTRUCT)lp)->hInstance,
    <MAKEINTRESOURCE(ID_MYBMP));
    <ですね。hBitmap の値が NULL ではないか確認してみてください。
    24 ビットビットマップのツールバーのbmpファイルにしてから
    atataさんの最終的に提示した方法でちゃんと画像を表示
    することができました。最終的なコードは追記の完成形で書いてあります。
    ほかの細かいところも修正しました。
    回答ありがとうございました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.77%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る