質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.59%

Pixi.jsのテクスチャにシェーダーから読み込むと、乗算済み(premultiplied)の状態になってしまう。

受付中

回答 0

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,456

 前提・実現したいこと

pixi.jsのシェーダーでテクスチャを読み込んで、RGBの値にアクセスすると、テクスチャにアルファがかかってる場合にRGAにアルファが乗算済みの状態で入力されてしまいます。
初期化パラメータには transparent:'notMultiplied' という設定もあるのですが、うまく効いてくれません。

 実験用のソースコード

            // 'notmultiply' つけて初期化 
            var app = new PIXI.Application(800, 600, {
                backgroundColor : 0xcccccc,
                transparent: 'notMultiplied'
            });
            document.body.appendChild(app.view);

            // アルファ0.5,カラー赤でまるを描画 ( 画面左側に描画 )
            var graphic = new PIXI.Graphics();
            graphic.alpha = 0.5;
            graphic.beginFill(0xff0000);
            graphic.drawCircle(100,100,100);
            graphic.endFill();
            app.stage.addChild(graphic);

            // 丸のグラフィックをテクスチャとして使用したメッシュを作成 ( 画面右側に描画 )
            var mesh = new PIXI.mesh.Mesh( graphic.generateCanvasTexture() );
            mesh.position.set(300,100);
            app.stage.addChild(mesh);

            // MeshRenderer の シェーダを変更して、乗算済みになってることが確認できるようにする
            app.renderer.plugins.mesh.shader = new PIXI.Shader(
                app.renderer.gl,
                // vertex shader はオリジナルと同じものをコピー
                ` 
                    attribute vec2 aVertexPosition;
                    attribute vec2 aTextureCoord;

                    uniform mat3 projectionMatrix;
                    uniform mat3 translationMatrix;
                    uniform mat3 uTransform;

                    varying vec2 vTextureCoord;

                    void main(void) {
                        gl_Position = vec4((projectionMatrix * translationMatrix * vec3(aVertexPosition, 1.0)).xy, 0.0, 1.0);
                        vTextureCoord = (uTransform * vec3(aTextureCoord, 1.0)).xy;
                    }
                `,

                // fragment shader を変更し、テクスチャのRGBのみ使用するように。
                `
                    varying vec2 vTextureCoord;
                    uniform vec4 uColor;
                    uniform sampler2D uSampler;

                    void main(void) {
                        //gl_FragColor = texture2D(uSampler, vTextureCoord) * uColor; <- remove
                        gl_FragColor = vec4(texture2D(uSampler, vTextureCoord).rgb, 1.0); 
                    }
                `
            );

            // 描画
            app.render();

 結果

イメージ説明

 本当はこうなってほしい

イメージ説明

 試したこと

ここではグラフィックスをテクスチャとして使用しましたが、context2dのcanvasにアルファを持たせて描画したものをソースにテクスチャを作成しても同じでした。

試してはいませんが、Filterのシェーダでも同じになるっぽいようなことを書いている人もいました。

テクスチャをGPGPUにも使いたいため、RGBの値が変更された状態で入力されてしまうと困ってしまいます。
もとのRGBAをそのまま保持して入力する方法をご存知でしたら教えて頂けると幸いです。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.59%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る