質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.61%

  • C#

    6853questions

    C#はマルチパラダイムプログラミング言語の1つで、命令形・宣言型・関数型・ジェネリック型・コンポーネント指向・オブジェクティブ指向のプログラミング開発すべてに対応しています。

  • ASP.NET

    509questions

    ASP.NETは動的なWebサイトやWebアプリケーション、そしてWebサービスを構築出来るようにする為、Microsoftによって開発されたウェブアプリケーション開発フレームワークです。

ASP.NETでのテーブルの各セルの文字数制限がかけられません

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,134

YAMI

score 1

ASP.NET(C#、Webフォーム)について質問です。
現在テーブルを作成してデータはXMLから読み込んでおります。
その際に各セルに文字数制限をかけたいのですが(文字数が超えていた場合それ以降の文字を表示しないなど)、asp側でMaxLengthなど効果がなく
どのようにすればいいのか困っております。
以下要点のソースコードになります。

ASP側
<asp:Table ID="Tbl_memberlist" runat="server" style="border-collapse:collapse;table-layout:fixed;">
                <asp:TableHeaderRow style=" background-color:chartreuse;"> 
                    <asp:TableHeaderCell ID="Header_No" Text="No" Width="80"runat="server" style="border: 1px solid;"></asp:TableHeaderCell> 
                    <asp:TableHeaderCell ID="Header_Name" Text="Name" Width="150"runat="server" style="border: 1px solid"></asp:TableHeaderCell> 
                    <asp:TableHeaderCell ID="Header_Add" Text="Address" Width="150"runat="server" style="border: 1px solid"></asp:TableHeaderCell> 
                    <asp:TableHeaderCell ID="Header_Skill" Text="Skill" Width="150"runat="server" style="border: 1px solid"></asp:TableHeaderCell> 
                    <asp:TableHeaderCell ID="Header_Status" Text="Status" Width="150"runat="server" style="border: 1px solid"></asp:TableHeaderCell> 
                </asp:TableHeaderRow>
            </asp:Table>
C#側
//プルダウンメニューにて選択した項目別に表示するデータを切り替え、ボタンを押して実行
protected void Btn_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            string filePath = "XMLファイルがあるフォルダのパス";
            string xmlPath = string.Empty;

            switch(Ddl_List.SelectedValue) {
                case "1":
                    //デフォルトで選択している空白の状態
                    return;
                case "2":
                    xmlPath = Path.Combine(filePath,"1.xml");
                    break;
                case "3":
                    xmlPath = Path.Combine(filePath,"2.xml");
                    break;
                case "4":
                    xmlPath = Path.Combine(filePath, "3.xml");
                    break;
                case "5":
                    xmlPath = Path.Combine(filePath, "4.xml");
                    break;
                default:
                    return;
            }
             //XmlRender生成
            XmlReader reader = null;
            

            try {
                //XML読み込み
                reader = new XmlTextReader(xmlPath);
                
                int no      = 0;
                string name = string.Empty;
                string add = string.Empty;
                string skill = string.Empty;
                string status = string.Empty;

                while(reader.Read()) {
                    if(reader.NodeType == XmlNodeType.Element) {

                        switch(reader.LocalName) {
                            case "no":
                                no = int.Parse(reader.ReadString());
                                break;
                            case "name":
                                name = reader.ReadString();
                                break;
                            case "add":
                                add = reader.ReadString();
                                break;
                            case "skill":
                                skill = reader.ReadString();
                                break;
                            case "status":
                                status = reader.ReadString();

                                //一覧セット
                 //下に書いてある関数です。
                                setList(no, name, add, skill, status);

                                //初期化
                                no = 0;
                                name = string.Empty;
                                add = string.Empty;
                                skill = string.Empty;
                                status = string.Empty;
                                break;
                            default:
                                break;
                        }
                    }
                }
            }

            catch(Exception ex) {
      //lbl_Errorは画面にエラー表示させるラベルです。
                lbl_Error.Text = "データ取得に失敗しました。";
                lbl_Error.Visible = true;
            }
            finally {
                reader.Close();

            }
        }
        private void setList(int no, string name, string add, string skill, string status) {
            // テーブル(行)オブジェクト
            TableRow row = new TableRow();

            // テーブル(セル)オブジェクト
            TableCell cell = new TableCell();

            string[] IdName = { "lbl_No", "lbl_Name", "lbl_Add", "lbl_Skill", "lbl_Status" };
            string[] Text = { no.ToString(), name, add, skill, status };

            for (int i = 0; i < IdName.Length; i++)
            {
                // セルにNoのデータセット
                cell.ID = IdName[i];
                cell.Text = Text[i];
                cell.BorderStyle = BorderStyle.Solid;
                cell.BorderWidth = 1;
                if(cell.ID == "lbl_No")
                    cell.HorizontalAlign = HorizontalAlign.Right;
                else
                    cell.HorizontalAlign = HorizontalAlign.Center;
                // 行にセルを追加
                row.Cells.Add(cell);
                // セルを再生成
                cell = new TableCell();
            }
            Tbl_memberlist.Rows.Add(row);
        }
    }
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

asp.netは使ったことがないのですが、バリデーション(Validation)、正規表現(RegularExpression)で調べると、いろいろ分かるのではないかと思います。

・How To: ASP.NET への入力を制約するために正規表現を使用する方法
・TextBox: Minimum and Maximum Character Length Validation using ASP.Net RegularExpression Validators

ご参考までに。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2015/08/04 14:03

    回答ありがとうございます。
    検証の件も考えたのですが、直接値を制限したいということで正規表現ではできない状態でした。
    ソースコードを見直したら
    name = name.Substring(0, (name.Length <= 10 ? name.Length : 10));
    というやり方を思いつき、解決できましたので報告させていただきました。
    ありがとうございました!

    キャンセル

  • 2015/08/04 14:23

    バリデーションは入力される値に一定の制限を設けるフィルタ処理なので、最終的に入力値をそのまま保存しない場合でも、可能なら使う事をお勧めします。

    入力後の処理が複雑怪奇にならずに済みます。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.61%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • C#

    6853questions

    C#はマルチパラダイムプログラミング言語の1つで、命令形・宣言型・関数型・ジェネリック型・コンポーネント指向・オブジェクティブ指向のプログラミング開発すべてに対応しています。

  • ASP.NET

    509questions

    ASP.NETは動的なWebサイトやWebアプリケーション、そしてWebサービスを構築出来るようにする為、Microsoftによって開発されたウェブアプリケーション開発フレームワークです。