質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.36%

  • Raspberry Pi

    888questions

    Raspberry Piは、ラズベリーパイ財団が開発した、名刺サイズのLinuxコンピュータです。 学校で基本的なコンピュータ科学の教育を促進することを意図しています。

  • Google API

    565questions

    Googleは多種多様なAPIを提供していて、その多くはウェブ開発者向けのAPIです。それらのAPIは消費者に人気なGoogleのサービス(Google Maps, Google Earth, AdSense, Adwords, Google Apps,YouTube等)に基づいています。

Raspberry PIにて計測した温度,気圧データをGoogleスプレッドシートに書き込み

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 354

yasegata

score 1

ラズパイにて測定した温度気圧データをGoogleスプレッドシートに上げたいのですが,コードを起動すると,書き込みエラーが出てしまいました.

python google_spreadsheet.py
Logging sensor measurements to t,h every 30 seconds.
Press Ctrl-C to quit.
Temperature: 25.5 C
Humidity:    51.2 %
Append error, logging in again

こちらのサイトを参考にしております.
リンク内容

こちらに従ってAPIを有効化,サービスアカウントキーも取得しております.
取得したアカウントキーの内容もコードに記述いたしました.

#!/usr/bin/python

# Google Spreadsheet DHT Sensor Data-logging Example

# Depends on the 'gspread' and 'oauth2client' package being installed.  If you
# have pip installed execute:
#   sudo pip install gspread oauth2client

# Also it's _very important_ on the Raspberry Pi to install the python-openssl
# package because the version of Python is a bit old and can fail with Google's
# new OAuth2 based authentication.  Run the following command to install the
# the package:
#   sudo apt-get update
#   sudo apt-get install python-openssl

# Copyright (c) 2014 Adafruit Industries
# Author: Tony DiCola

# Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy
# of this software and associated documentation files (the "Software"), to deal
# in the Software without restriction, including without limitation the rights
# to use, copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell
# copies of the Software, and to permit persons to whom the Software is
# furnished to do so, subject to the following conditions:

# The above copyright notice and this permission notice shall be included in all
# copies or substantial portions of the Software.

# THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR
# IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY,
# FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE
# AUTHORS OR COPYRIGHT HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER
# LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING FROM,
# OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN THE
# SOFTWARE.
import json
import sys
import time
import datetime

import Adafruit_DHT
import gspread
from oauth2client.service_account import ServiceAccountCredentials

# Type of sensor, can be Adafruit_DHT.DHT11, Adafruit_DHT.DHT22, or Adafruit_DHT.AM2302.
DHT_TYPE = Adafruit_DHT.DHT22

# Example of sensor connected to Raspberry Pi pin 23
DHT_PIN  = 23
# Example of sensor connected to Beaglebone Black pin P8_11
#DHT_PIN  = 'P8_11'

# Google Docs OAuth credential JSON file.  Note that the process for authenticating
# with Google docs has changed as of ~April 2015.  You _must_ use OAuth2 to log
# in and authenticate with the gspread library.  Unfortunately this process is much
# more complicated than the old process.  You _must_ carefully follow the steps on
# this page to create a new OAuth service in your Google developer console:
#   http://gspread.readthedocs.org/en/latest/oauth2.html
#
# Once you've followed the steps above you should have downloaded a .json file with
# your OAuth2 credentials.  This file has a name like SpreadsheetData-<gibberish>.json.
# Place that file in the same directory as this python script.
#
# Now one last _very important_ step before updating the spreadsheet will work.
# Go to your spreadsheet in Google Spreadsheet and share it to the email address
# inside the 'client_email' setting in the SpreadsheetData-*.json file.  For example
# if the client_email setting inside the .json file has an email address like:
#   149345334675-md0qff5f0kib41meu20f7d1habos3qcu@developer.gserviceaccount.com
# Then use the File -> Share... command in the spreadsheet to share it with read
# and write acess to the email address above.  If you don't do this step then the
# updates to the sheet will fail!
GDOCS_OAUTH_JSON       = 'gspread1-12bd8xxxxxxx.json' #取得データを書き込み
ました
# Google Docs spreadsheet name.
GDOCS_SPREADSHEET_NAME = 'xxxxxxxxxxxx' #設定したスプレッドシート名を書き込み

# How long to wait (in seconds) between measurements.
FREQUENCY_SECONDS      = 30


def login_open_sheet(oauth_key_file, spreadsheet):
    """Connect to Google Docs spreadsheet and return the first worksheet."""
    try:
        scope =  ['https://spreadsheets.google.com/feeds',
                  'https://www.googleapis.com/auth/drive'] #この行を追記しました.
        credentials = ServiceAccountCredentials.from_json_keyfile_name('gspread1-12bd8xxxxxxxxx.json', scope) #取得データを書き込みました
        gc = gspread.authorize(credentials)
        worksheet = gc.open('xxxxxxxxx').sheet1 #設定したスプレッドシート名を書き込みました
        return worksheet
    except Exception as ex:
        print('Unable to login and get spreadsheet.  Check OAuth credentials, spreadsheet name, and make sure spreadsheet is shared to the client_email address in the OAuth .json file!')
        print('Google sheet login failed with error:', ex)
        sys.exit(1)


print('Logging sensor measurements to {0} every {1} seconds.'.format(GDOCS_SPREADSHEET_NAME, FREQUENCY_SECONDS))
print('Press Ctrl-C to quit.')
worksheet = None
while True:
    # Login if necessary.
    if worksheet is None:
        worksheet = login_open_sheet(GDOCS_OAUTH_JSON, GDOCS_SPREADSHEET_NAME)

    # Attempt to get sensor reading.
    humidity, temp = Adafruit_DHT.read(DHT_TYPE, DHT_PIN)

    # Skip to the next reading if a valid measurement couldn't be taken.
    # This might happen if the CPU is under a lot of load and the sensor
    # can't be reliably read (timing is critical to read the sensor).
    if humidity is None or temp is None:
        time.sleep(2)
        continue

    print('Temperature: {0:0.1f} C'.format(temp))
    print('Humidity:    {0:0.1f} %'.format(humidity))

    # Append the data in the spreadsheet, including a timestamp
    try:
        worksheet.append_row((datetime.datetime.now(), temp, humidity))
    except:
        # Error appending data, most likely because credentials are stale.
        # Null out the worksheet so a login is performed at the top of the loop.
        print('Append error, logging in again')
        worksheet = None
        time.sleep(FREQUENCY_SECONDS)
        continue

    # Wait 30 seconds before continuing
    print('Wrote a row to {0}'.format(GDOCS_SPREADSHEET_NAME))
    time.sleep(FREQUENCY_SECONDS)


どこが間違っているのか,ご指摘いただけると助かります.

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

回答がつかないようなので、直接的な解決策ではないかと思いますが、IFTTTを使ってGoogleSpreadSheetに書き込んでみてはどうでしょうか?

私はこんな感じでやっています。
https://qiita.com/masa328/items/8d1749bb24e41fada6d4

ここも参考に
http://www.daipanman.com/entry/2017/07/07/071949

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/08/21 09:58

    Masa_328様
    ご回答いただき誠にありがとうございます。
    教えていただいたIFTTTの方法を一度試してみました。

    リンクに従い作業の方進めました。
    ただ、リンクにある”Maker Webhooks”が見つからなかったため代わりに”Webhooks”を使用いたしました。
    その後"test it"からのGoogle sheetへの書き込みを試しましたがGoogle sheetに反映されませんでした。

    引き続き何が原因なのかを探ってみたいと思います。

    キャンセル

  • 2018/08/30 11:03

    Masa_328様

    あれから教えていただいたやり方を何度か試し、無事にIFTTTを通してGoogleスプレッドシートに1時間毎の温度湿度を書き込むことができました。
    余裕があるときにあらためてGoogleAPIを用いてスプレッドシートにデータを書き込むコードを書いてみたいと思います。

    キャンセル

  • 2018/08/30 11:24

    お疲れ様でした。出来てしまうと何だぁという感じですよね。これからもよろしくお願い致します。

    キャンセル

同じタグがついた質問を見る

  • Raspberry Pi

    888questions

    Raspberry Piは、ラズベリーパイ財団が開発した、名刺サイズのLinuxコンピュータです。 学校で基本的なコンピュータ科学の教育を促進することを意図しています。

  • Google API

    565questions

    Googleは多種多様なAPIを提供していて、その多くはウェブ開発者向けのAPIです。それらのAPIは消費者に人気なGoogleのサービス(Google Maps, Google Earth, AdSense, Adwords, Google Apps,YouTube等)に基づいています。