質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.01%

ECサイトで最適な商品を表示するための機械学習手法について

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 713

trafalbad

score 222

EC2サイトで定着率をあげる方法をして、Amazonを参考にしたところ以下の内容が考えられえました

Amazon SEO(A9)の検索エンジンと同様の理論で検索ワードに以下の条件で、適した商品をランキングとして表示
・直近の注文回数
・クリック率と成約率
・購入者によるレビュー
・ページ内キーワード
***検索の領域(SQLとか)だが、機械学習で使える部分はないか検討中

②レコメンドで購入者のみにメールを送る。サイト内にレコメンド欄を設置
(ユーザーとしてはサイト内にあって便利という意見が多い)

③検索ワードに関連したカスタマーレビューが高くとユーザー評価の高いバイヤーを提示(レコメンド)


現段階では、検索表示でユーザーに適切な商品が提示されないため、上記の①で示した通り、Amazom SEOのように、ユーザーに最適な商品を提示することを機械学習でできないでしょうか?
SEOを機械学習でやるには全く知識はないのですが、適切な商品を表示させる上で、それに近いことを機械学習ができることなどありましたらご教授お願いします。参考になる情報や知恵をご教授いただけないでしょうか?よろしくお願いします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • mkgrei

    2018/06/26 19:57 編集

    「機械学習」のおかげで「リピート率」が高まったとどのように示すのですか?その先にはマーケティングのモデルが必要な気がします。例えば、クリック率を上げるとリピート率は上がる。機械学習でいいレコメンデーションができればクリック率を高められる、のように。それか逃げるゴミ箱の反対に、マウスに追従するリンクを作ってページ誘導する、そこでマウスの挙動を推定する機械学習モデル、のように。

    キャンセル

  • trafalbad

    2018/06/26 20:05

    現段階では、検索表示でユーザーに適切な商品が提示されないため、質問文のようにAmazom SEOのように、ユーザーに最適な商品を提示することを機械学習でできないでしょうか? SEOを機械学習でやるには全く知識はないのですが、適切な商品を表示させる上で、それに近いことを機械学習ができることなどありましたらご教授お願いします。

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

0

https://www.kaggle.com/c/instacart-market-basket-analysis/discussion

基本的に人間が処理できる情報量に限界があるとして、その限界になるまでに、買いたいものを提示できることがマーケティングに大事なことです。

そして、商品カタログは人間が処理できる量を凌駕しています。

であるならば、ブラウジングを辞めてしまう前に、買う確率の高い商品を提示することが目標としてあげられます。

ゆえにレコメンデーションの精度を高めることがリピート率を高めると考えられています。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/06/26 23:47 編集

    SEO対策ではなく、サイト運営側としてより良い商品を提示するSEOを機械学習で作る方法を探してるのですが、運営側としてよいSEOに寄与する機械学習の施策とかありませんでしょうか?

    キャンセル

  • 2018/06/27 00:17

    https://www.kaggle.com/c/instacart-market-basket-analysis/discussion
    はご覧になりました?

    リピータが購入する確率の高い品物を予測するコンペです。
    スコアが高かったのはみんな大好きニューラルネットワークです。
    うまく損失関数を用意できたことがよかったようです。

    キャンセル

  • 2018/06/27 04:58

    参考になりました、ありがとうございます

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.01%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる