質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.51%

  • Python 3.x

    8932questions

    Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

  • selenium

    641questions

    Selenium(セレニウム)は、ブラウザをプログラムで作動させるフレームワークです。この原理を使うことにより、ブラウザのユーザーテストなどを自動化にすることができます。

  • スクレイピング

    430questions

    スクレイピングとは、公開されているWebサイトからページ内の情報を抽出する技術です。

  • Anaconda

    262questions

HttpError: <HttpError 400 when requesting https://www.googleapis.com/gmail/v1/・・・

受付中

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 467

masa0924

score 4

 前提・実現したいこと

Anacondaをインストールし、
spyderでwindows上にPython環境を作り、Seleniumで
スクレイピングのソースコードがあります。

プログラムの内容は、スクレイピングで
Gmail APIを利用していて、
10秒毎にGmailアカウントを閲覧し、メールの件名に、
指定した文字列のメール受信があった場合は、
自動的にブラウザを起動して、証券会社の口座へログインし、
特定のブラウザ操作を行うというものです。

しかし起動して、放置しておくと、たまに下記のようなエラーが出て、
プログラムが止まってしまっています。

原因と対処法、エラーが出てもプログラムが止まらないようにしたいです。

 発生している問題・エラーメッセージ

2018/06/15 04:07:10 waiting...
2018/06/15 04:07:21 waiting...
2018/06/15 04:07:33 waiting...
2018/06/15 04:07:44 waiting...
2018/06/15 04:07:56 waiting...
Traceback (most recent call last):

  File "<ipython-input-5-a859b0451739>", line 1, in <module>
    runfile('C:/Users/masa/Documents/Auto_Trading_System_shinki_sashine.py', wdir='C:/Users/masa/Documents')

  File "C:\Users\masa\Anaconda3\lib\site-packages\spyder\utils\site\sitecustomize.py", line 705, in runfile
    execfile(filename, namespace)

  File "C:\Users\masa\Anaconda3\lib\site-packages\spyder\utils\site\sitecustomize.py", line 102, in execfile
    exec(compile(f.read(), filename, 'exec'), namespace)

  File "C:/Users/masa/Documents/Auto_Trading_System_shinki_sashine.py", line 58, in <module>
    info=fetch_inbox()

  File "C:/Users/masa/Documents/Auto_Trading_System_shinki_sashine.py", line 33, in fetch_inbox
    results = service.users().messages().list(userId='me', labelIds='INBOX', maxResults=10).execute()

  File "C:\Users\masa\Anaconda3\lib\site-packages\oauth2client\_helpers.py", line 133, in positional_wrapper
    return wrapped(*args, **kwargs)

  File "C:\Users\masa\Anaconda3\lib\site-packages\googleapiclient\http.py", line 841, in execute
    raise HttpError(resp, content, uri=self.uri)

HttpError: <HttpError 400 when requesting https://www.googleapis.com/gmail/v1/users/me/messages?labelIds=INBOX&maxResults=10&alt=json returned "Bad Request">

 該当のソースコード

# -*- coding: utf-8 -*-
#!/usr/bin/python
"""
Created on Wed Apr 17 23:24:27 2018
@author: Starwars
"""
from __future__ import print_function
import time
from datetime import datetime
from datetime import date
from httplib2 import Http
from googleapiclient import sample_tools
from apiclient import discovery
from apiclient.discovery import build
from oauth2client import client
from oauth2client import tools
from oauth2client import file
from oauth2client.file import Storage
from selenium import webdriver
from selenium.webdriver.common.keys import Keys
from selenium.webdriver.support.ui import Select
import dateutil.parser as parser

SCOPES = 'https://www.googleapis.com/auth/gmail.readonly'
store = file.Storage('C:\\Users\\masa\\Documents\\credentials-gmail.json')
creds = store.get()
if not creds or creds.invalid:
    flow = client.flow_from_clientsecrets('client_secret.json', SCOPES)
    creds = tools.run_flow(flow, store)
service = build('gmail', 'v1', http=creds.authorize(Http()))
def fetch_inbox():
    output=[]
    results = service.users().messages().list(userId='me', labelIds='INBOX', maxResults=10).execute()
    for msg in results['messages']:
        topid = msg['id']
        msg = service.users().messages().get(userId='me', id=topid).execute()
        payld = msg['payload']
        headr = payld['headers']
        for k in headr:
            if k['name']=='Date':
                temp_date=(parser.parse(k['value'])).strftime("%Y/%m/%d %H:%M:%S")
        for j in headr:
            if j['name']=='From':
                temp_from=j['value']
        for i in headr:
            if i['name']=='Subject':
                temp_subject=i['value']
        output.append((temp_date, temp_from, temp_subject, msg['snippet']))
#        print(msg['snippet'])
    return(output)

    #  シグナル検知で打診で成行して、3回ナンピンします。
    #  1、買いbtn1 売りbtn2指定  2、ATR指定  3、枚数(numbers)指定

print(datetime.today().strftime("%Y/%m/%d %H:%M:%S"),"先物自動エントリーシステムを起動しました")
judge=False
while judge==False:
    info=fetch_inbox()
    for i in range(len(info)):
        dt1=datetime.today()
        dt2=datetime.strptime(info[i][0],"%Y/%m/%d %H:%M:%S")
        delta=dt1-dt2
        if info[i][2]=='FW: Trend Beam' and delta.seconds<60:
            print(datetime.today().strftime("%Y/%m/%d %H:%M:%S"),"ただ今、MT4より売買指示のメールを受信しました")
            judge=True
    if judge==False:
        print(datetime.today().strftime("%Y/%m/%d %H:%M:%S"),"waiting...")
        time.sleep(10)

if judge==True:
    print(datetime.today().strftime("%Y/%m/%d %H:%M:%S"),"これより先物自動エントリーの処理を開始します")
    user_id="00XXXXXX"
    user_password="ATXXXXXXXXX"
    temp_path=r"C:\Users\masa\Documents\chromedriver.exe"

    #ナンピンの1回あたりの枚数を指定
    numbers="1"

    driver = webdriver.Chrome(temp_path)
    driver.implicitly_wait(60)
    driver.get("https://s10.kabu.co.jp/_mem_bin/members/login.asp?/Members/")
    driver.find_element_by_name("SsLogonUser").send_keys(user_id)
    driver.find_element_by_name("SsLogonPassword").send_keys(user_password)
    driver.find_element_by_name("image1").click()
    driver.implicitly_wait(60)
    driver.find_element_by_name("nav_g_02").click()
    driver.implicitly_wait(60)

    #「先物タブ」をクリック
    driver.find_element_by_xpath('/html/body/table[3]/tbody/tr[1]/td[1]/table/tbody/tr/td[13]/a/div').click()
    driver.implicitly_wait(60)

    #ラージ現在価格の取得
    sahine = driver.find_element_by_xpath('//*[@id="BoardMainPanel"]/div[1]/table[2]/tbody/tr[2]/td[2]/span')

    # ATRを指定 ※売りエントリーの場合はマイナス表記で
    ATR = -20
    #ナンピンの指値の計算
    x = (int(sahine.text)-(ATR))
    y = (int(sahine.text)-(ATR)-(ATR))
    z = (int(sahine.text)-(ATR)-(ATR)-(ATR))
    print(x)
    print(y)
    print(z)

    #「先物タブ」をクリック
    driver.find_element_by_xpath('/html/body/table[3]/tbody/tr[1]/td[1]/table/tbody/tr/td[13]/a/div').click()
    #ページ上部から16番目のa class="openinput"をクリックさせる
    driver.find_elements_by_css_selector('a.openinput')[15].click()
    #買いbtn1 売りbtn2
    driver.find_element_by_xpath("//*[@id='orderInput_btn2']").click()
    #「数量」に1を入力
    driver.find_element_by_name("Qty").send_keys(numbers)
    #「成行マーケットオーダー」 をクリック
    driver.find_element_by_xpath('/html/body/table[4]/tbody/tr[1]/td[1]/table/tbody/tr[2]/td/form/div/table[5]/tbody/tr/td/table/tbody/tr/td[1]/table[1]/tbody/tr[3]/td[2]/table[2]/tbody/tr/td[1]/label').click()
    #「確認画面へ」をクリック
    driver.find_element_by_xpath('/html/body/table[4]/tbody/tr[1]/td[1]/table/tbody/tr[2]/td/form/div/table[5]/tbody/tr/td/table/tbody/tr/td[1]/table[2]/tbody/tr/td/table/tbody/tr/td/table/tbody/tr/td/input').click()
    #「注文する」をクリック
    driver.find_element_by_xpath('//*[@id="form2"]/div/table/tbody/tr/td/table[4]/tbody/tr/td/table/tbody/tr/td[3]/input[1]').click()

    #「先物タブ」をクリック
    driver.find_element_by_xpath('/html/body/table[3]/tbody/tr[1]/td[1]/table/tbody/tr/td[13]/a/div').click()
    #ページ上部から16番目のa class="openinput"をクリックさせる
    driver.find_elements_by_css_selector('a.openinput')[15].click()
    # 買いbtn1 売りbtn2
    driver.find_element_by_xpath("//*[@id='orderInput_btn2']").click()
    #「数量」に1を入力
    driver.find_element_by_name("Qty").send_keys(numbers)
    # 指値にチェック
    driver.find_element_by_xpath("//*[@id='orderInput_btn3']").click()
    # 指値の値段を入力
    driver.find_element_by_name("sashineConditions.Price").send_keys(x)
    #「確認画面へ」をクリック
    driver.find_element_by_xpath('/html/body/table[4]/tbody/tr[1]/td[1]/table/tbody/tr[2]/td/form/div/table[5]/tbody/tr/td/table/tbody/tr/td[1]/table[2]/tbody/tr/td/table/tbody/tr/td/table/tbody/tr/td/input').click()
    #「注文する」をクリック
    driver.find_element_by_xpath('//*[@id="form2"]/div/table/tbody/tr/td/table[4]/tbody/tr/td/table/tbody/tr/td[3]/input[1]').click()

    #「先物タブ」をクリック
    driver.find_element_by_xpath('/html/body/table[3]/tbody/tr[1]/td[1]/table/tbody/tr/td[13]/a/div').click()
    #ページ上部から16番目のa class="openinput"をクリックさせる
    driver.find_elements_by_css_selector('a.openinput')[15].click()
    # 買いbtn1 売りbtn2
    driver.find_element_by_xpath("//*[@id='orderInput_btn2']").click()
    #「数量」に1を入力
    driver.find_element_by_name("Qty").send_keys(numbers)
    # 指値にチェック
    driver.find_element_by_xpath("//*[@id='orderInput_btn3']").click()
    # 指値の値段を入力
    driver.find_element_by_name("sashineConditions.Price").send_keys(y)
    #「確認画面へ」をクリック
    driver.find_element_by_xpath('/html/body/table[4]/tbody/tr[1]/td[1]/table/tbody/tr[2]/td/form/div/table[5]/tbody/tr/td/table/tbody/tr/td[1]/table[2]/tbody/tr/td/table/tbody/tr/td/table/tbody/tr/td/input').click()
    #「注文する」をクリック
    driver.find_element_by_xpath('//*[@id="form2"]/div/table/tbody/tr/td/table[4]/tbody/tr/td/table/tbody/tr/td[3]/input[1]').click()

    #「先物タブ」をクリック
    driver.find_element_by_xpath('/html/body/table[3]/tbody/tr[1]/td[1]/table/tbody/tr/td[13]/a/div').click()
    #ページ上部から16番目のa class="openinput"をクリックさせる
    driver.find_elements_by_css_selector('a.openinput')[15].click()
    # 買いbtn1 売りbtn2
    driver.find_element_by_xpath("//*[@id='orderInput_btn2']").click()
    #「数量」に1を入力
    driver.find_element_by_name("Qty").send_keys(numbers)
    # 指値にチェック
    driver.find_element_by_xpath("//*[@id='orderInput_btn3']").click()
    # 指値の値段を入力
    driver.find_element_by_name("sashineConditions.Price").send_keys(z)
    #「確認画面へ」をクリック
    driver.find_element_by_xpath('/html/body/table[4]/tbody/tr[1]/td[1]/table/tbody/tr[2]/td/form/div/table[5]/tbody/tr/td/table/tbody/tr/td[1]/table[2]/tbody/tr/td/table/tbody/tr/td/table/tbody/tr/td/input').click()
    #「注文する」をクリック
    driver.find_element_by_xpath('//*[@id="form2"]/div/table/tbody/tr/td/table[4]/tbody/tr/td/table/tbody/tr/td[3]/input[1]').click()

time.sleep(30)
#driver.close()
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

0

同じよーなエラー
https://github.com/gsuitedevs/python-samples/issues/83
https://stackoverflow.com/questions/28051624/httperror-400-bad-request-google-admin-directory-api-python

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

同じタグがついた質問を見る

  • Python 3.x

    8932questions

    Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

  • selenium

    641questions

    Selenium(セレニウム)は、ブラウザをプログラムで作動させるフレームワークです。この原理を使うことにより、ブラウザのユーザーテストなどを自動化にすることができます。

  • スクレイピング

    430questions

    スクレイピングとは、公開されているWebサイトからページ内の情報を抽出する技術です。

  • Anaconda

    262questions