質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
85.53%
Windows 10

Windows 10は、マイクロソフト社がリリースしたOSです。Modern UIを標準画面にした8.1から、10では再びデスクトップ主体に戻され、UIも変更されています。PCやスマホ、タブレットなど様々なデバイスに幅広く対応していることが特徴です。

SSH

SSH(Secure Shell)は、セキュアチャネルを通してデータを交換するためのネットワークプロトコルです。リモートサーバーへのコマンド実行やファイル転送を行う時に一般的に使用されます。

Ubuntu

Ubuntuは、Debian GNU/Linuxを基盤としたフリーのオペレーティングシステムです。

Q&A

解決済

3回答

17868閲覧

WSLのUbuntuにSSH接続を行う方法

ksilverwall

総合スコア15

Windows 10

Windows 10は、マイクロソフト社がリリースしたOSです。Modern UIを標準画面にした8.1から、10では再びデスクトップ主体に戻され、UIも変更されています。PCやスマホ、タブレットなど様々なデバイスに幅広く対応していることが特徴です。

SSH

SSH(Secure Shell)は、セキュアチャネルを通してデータを交換するためのネットワークプロトコルです。リモートサーバーへのコマンド実行やファイル転送を行う時に一般的に使用されます。

Ubuntu

Ubuntuは、Debian GNU/Linuxを基盤としたフリーのオペレーティングシステムです。

0グッド

0クリップ

投稿2018/06/11 09:24

編集2018/06/11 10:22

現象

Windows Subsystem for LinuxにUbuntuを載せています。
adminユーザーを作成し、SSH接続を行いましたが Permission denied と言われ接続できません。

$ ssh wsl@localhost wsl@localhost's password: Permission denied, please try again.

sshd_config

# Package generated configuration file # See the sshd_config(5) manpage for details # What ports, IPs and protocols we listen for Port 22 # Use these options to restrict which interfaces/protocols sshd will bind to #ListenAddress :: #ListenAddress 0.0.0.0 Protocol 2 # HostKeys for protocol version 2 HostKey /etc/ssh/ssh_host_rsa_key HostKey /etc/ssh/ssh_host_dsa_key HostKey /etc/ssh/ssh_host_ecdsa_key HostKey /etc/ssh/ssh_host_ed25519_key #Privilege Separation is turned on for security UsePrivilegeSeparation yes # Lifetime and size of ephemeral version 1 server key KeyRegenerationInterval 3600 ServerKeyBits 1024 # Logging SyslogFacility AUTH LogLevel INFO # Authentication: LoginGraceTime 120 PermitRootLogin prohibit-password StrictModes yes RSAAuthentication yes PubkeyAuthentication yes #AuthorizedKeysFile %h/.ssh/authorized_keys # Don't read the user's ~/.rhosts and ~/.shosts files IgnoreRhosts yes # For this to work you will also need host keys in /etc/ssh_known_hosts RhostsRSAAuthentication no # similar for protocol version 2 HostbasedAuthentication no # Uncomment if you don't trust ~/.ssh/known_hosts for RhostsRSAAuthentication #IgnoreUserKnownHosts yes # To enable empty passwords, change to yes (NOT RECOMMENDED) PermitEmptyPasswords no # Change to yes to enable challenge-response passwords (beware issues with # some PAM modules and threads) ChallengeResponseAuthentication no # Change to no to disable tunnelled clear text passwords PasswordAuthentication yes # Kerberos options #KerberosAuthentication no #KerberosGetAFSToken no #KerberosOrLocalPasswd yes #KerberosTicketCleanup yes # GSSAPI options #GSSAPIAuthentication no #GSSAPICleanupCredentials yes X11Forwarding yes X11DisplayOffset 10 PrintMotd no PrintLastLog yes TCPKeepAlive yes #UseLogin no #MaxStartups 10:30:60 #Banner /etc/issue.net # Allow client to pass locale environment variables AcceptEnv LANG LC_* Subsystem sftp /usr/lib/openssh/sftp-server # Set this to 'yes' to enable PAM authentication, account processing, # and session processing. If this is enabled, PAM authentication will # be allowed through the ChallengeResponseAuthentication and # PasswordAuthentication. Depending on your PAM configuration, # PAM authentication via ChallengeResponseAuthentication may bypass # the setting of "PermitRootLogin without-password". # If you just want the PAM account and session checks to run without # PAM authentication, then enable this but set PasswordAuthentication # and ChallengeResponseAuthentication to 'no'. UsePAM yes

SSHD再起動時にメッセージ

$ sudo /etc/init.d/ssh restart [sudo] password for wsl: Could not load host key: /etc/ssh/ssh_host_rsa_key Could not load host key: /etc/ssh/ssh_host_dsa_key Could not load host key: /etc/ssh/ssh_host_ecdsa_key Could not load host key: /etc/ssh/ssh_host_ed25519_key * Restarting OpenBSD Secure Shell server sshd Could not load host key: /etc/ssh/ssh_host_rsa_key Could not load host key: /etc/ssh/ssh_host_dsa_key Could not load host key: /etc/ssh/ssh_host_ecdsa_key Could not load host key: /etc/ssh/ssh_host_ed25519_key [ OK ]

22番ポートの状態確認

Openしているようです。

wsl@NP-143:/mnt/c/Users/kazuki_tsunemi$ nmap -p ssh localhost Starting Nmap 7.01 ( https://nmap.org ) at 2018-06-11 19:19 DST Problem binding to interface , errno: 92 socket_bindtodevice: Protocol not available Problem binding to interface , errno: 92 socket_bindtodevice: Protocol not available Problem binding to interface , errno: 92 socket_bindtodevice: Protocol not available Problem binding to interface , errno: 92 socket_bindtodevice: Protocol not available Problem binding to interface , errno: 92 socket_bindtodevice: Protocol not available Nmap scan report for localhost (127.0.0.1) Host is up (0.88s latency). PORT STATE SERVICE 22/tcp open ssh

確認ポイント

  • /etc/ssh/sshd_configPasswordAuthentication yes になっている
  • Windows側のFWは切っている
  • ユーザーのパスワードは設定している
  • sshサービスが設定後に再起動をしている
  • 22ポートは開いている

なにか思い当たる原因がありましたら教えてください。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもMYページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

guest

回答3

0

自己解決

sshd_configにListenAddressを指定するのを忘れていました。

ListenAddress 127.0.0.1 ListenAddress ::1

投稿2018/06/12 05:43

ksilverwall

総合スコア15

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

0

wsl内でssh username@localhostでログインできますか?

sshサービスが設定後に再起動されていない。(必要ないかもしれないが、確認していない)

ユーザーのパスワードが設定されていない。

22ポートをlistenしていない。(デフォルトの挙動かもしれないが、確認ry)

投稿2018/06/11 09:39

mkgrei

総合スコア8560

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

0

Ubuntuはデフォルトではsshでrootユーザーのパスワードログインはできない設定になってます。

投稿2018/06/11 09:38

編集2018/06/11 09:42
退会済みユーザー

退会済みユーザー

総合スコア0

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

ksilverwall

2018/06/11 09:47

adminユーザーを作成したのですが、そちらでも弾かれてしまいました。
退会済みユーザー

退会済みユーザー

2018/06/11 09:53

とにかく普通のユーザーを作成してログインしてください。
guest

あなたの回答

tips

太字

斜体

打ち消し線

見出し

引用テキストの挿入

コードの挿入

リンクの挿入

リストの挿入

番号リストの挿入

表の挿入

水平線の挿入

プレビュー

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
85.53%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問