質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.87%

  • HTML

    8033questions

    HTMLとは、ウェブ上の文書を記述・作成するためのマークアップ言語のことです。文章の中に記述することで、文書の論理構造などを設定することができます。ハイパーリンクを設定できるハイパーテキストであり、画像・リスト・表などのデータファイルをリンクする情報に結びつけて情報を整理します。現在あるネットワーク上のほとんどのウェブページはHTMLで作成されています。

  • Python

    6304questions

    Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

  • Flask

    147questions

    FlaskはPython用のマイクロフレームワークであり、Werkzeug・Jinja 2・good intentionsをベースにしています。

flask 変数の値を渡したい

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 194

Jose

score 6

独学でFlaskアプリを製作中です。
ログイン(login.html)→コース選択(show_entries.html)→終了時間を出力(course30.html)するプログラムです。

解決できない部分は、終了時間を出力する画面を127.0.0.1:5000/course30としたいのですが、/show_entriesとなることです。

終了時間の値を持っているtime1を@app.route("/course30"に渡したいのですが、
可能でしょうか?

それとも、他の方法がありましたらご教示いただければ幸いです。

# -*- coding: utf-8 -*-
import sqlite3
from flask import Flask, request, session, g, redirect, url_for, abort, render_template, flash
from contextlib import closing
import datetime
from flask import Flask
from flask_bootstrap import Bootstrap
import os
from flask import Flask, make_response, redirect, url_for

# 各種設定
DATABASE = 'flaskr.db' # <- チュートリアルと異なる
DEBUG = True
SECRET_KEY = 'development key'
USERNAME = 'admin'
PASSWORD = 'default'
COURSE30 = '30'
COURSE60 = '60'
COURSE90 = '90'
MODORU = 1

# アプリ生成
app = Flask(__name__)
app.config.from_object(__name__)
app.config.from_envvar('FLASKR_SETTINGS', silent=True)
bootstrap = Bootstrap(app)

# app = Flask(__name__)
# bootstrap = Bootstrap(app)


# DB接続
def connect_db():
    return sqlite3.connect(app.config['DATABASE'])


def init_db():
    with closing(connect_db()) as db:
        with app.open_resource('schema.sql', mode='r') as f:
            db.cursor().executescript(f.read())
        db.commit()

@app.before_request
def before_request():
    g.db = connect_db()

@app.teardown_request
def teardown_request(exception):
    db = getattr(g, 'db', None)
    if db is not None:
        db.close()

@app.route('/')
def index():
    return render_template('bootstrap.html')
#ユーザのログインとログアウトを行うためのページ
@app.route('/login', methods=['GET', 'POST'])
def login():
    error = None
    if request.method == 'POST':
        if request.form['username'] != app.config['USERNAME']:
            error = u'ユーザ名が間違っています'
        elif request.form['password'] != app.config['PASSWORD']:
            error = u'パスワードが間違っています'
        else:
            session['logged_in'] = True
            flash(u'ログインしました')
            return redirect(url_for('show_entries'))
    return render_template('login.html', error=error)


@app.route('/logout')
def logout():
    session.pop('logged_in', None)
    flash(u'ログアウトしました')
    return redirect(url_for('login'))


#データベースに保存されている全てのエントリーの一覧のページ
@app.route('/show_entries', methods=['GET', 'POST'])
def show_entries():
    error = None
    if request.method == 'POST':
        if request.form['comp_select'] == app.config['COURSE30']:
            time = datetime.datetime.now()
            time1 = time + datetime.timedelta(minutes=30)
            time1 = time1.strftime("%H:%M")
            return redirect(url_for('course30'))
            # return render_template('course30.html', time1=time1)
        elif request.form['comp_select'] == app.config['COURSE60']:
            time = datetime.datetime.now()
            time1 = time + datetime.timedelta(minutes=60)
            time1 = time1.strftime("%H:%M")
            # return redirect(url_for('course30'))
            return render_template('course30.html', time1=time1)
            return redirect(url_for('course30'))
        elif request.form['comp_select'] == app.config['COURSE90']:
            time = datetime.datetime.now()
            time1 = time + datetime.timedelta(minutes=90)
            time1 = time1.strftime("%H:%M")
            # return redirect(url_for('course30'))
            return render_template('course30.html', time1=time1)
        elif request.form['comp_select'] == app.config['MODORU']:
            return render_template('show_entries.html', modoru=modoru)
    return render_template('show_entries.html', error=error)

@app.route("/course30" , methods=['GET', 'POST'])
def course30():

    # return redirect(url_for('course30'))
    return render_template('course30.html')


if __name__ == '__main__':
    port = int(os.environ.get("PORT", 5000))
    app.run(host="0.0.0.0", port=port)
<!-- 各エントリを表示するためのテンプレート -->
{% extends "layout.html" %}
{% block body1 %}
    {% if error %}<p class="error"><strong>エラー:</strong> {{ error }}{% endif %}
    <form action="{{ url_for('show_entries') }}" method="post">
      <dl>
        <dt>コースを選んでください:
      </dl>
      <dl>
        <select class="form-group" id="comp_select" name="comp_select">
          <option value="30">30分</option>
          <option value="60">60分</option>
          <option value="90">90分</option>
        </select>
      </dl>
      <div class="form-group">
        <button type="submit" value="Go!" >決定</button>
      </div>
    </form>
{% endblock %}
<!-- ログイン画面用のテンプレート -->
{% extends "layout.html" %}
{% block body1 %}
  {% if error %}<p class="error"><strong>エラー:</strong> {{ error }}{% endif %}
  <form action="{{ url_for('login') }}" method="post">
    <dl>
      <dt>ユーザ名:
      <dd><input type="text" name="username">
      <dt>パスワード:
      <dd><input type="password" name="password">
      <dd><input type="submit" value="ログイン">
    </dl>
  </form>
{% endblock %}
<!-- 各テンプレートの基本となるもので,タイトルなど大枠部分が記述される -->
<!doctype html>
{% extends "bootstrap/base.html" %}
{% block navbar %}
  <nav class="navbar navbar-inverse" role="navigaton">
    <div class="container">
      <a class="navbar-brand" href="#">リアルタイム出勤</a>
    </div>
  </nav>
  <link rel=stylesheet type=text/css href="{{ url_for('static', filename='style.css') }}">
  <div class="page">
    <div class="metanav">
      {% if not session.logged_in %}
        <a href="{{ url_for('login') }}">ログイン</a>
      {% else %}
        <a href="{{ url_for('logout') }}">ログアウト</a>
      {% endif %}
  </div>
  {% block body1 %}{% endblock %}
{% endblock %}
<!-- 各エントリを表示するためのテンプレート -->
{% extends "layout.html" %}
{% block body1 %}
  {% if session.logged_in %}
    <form action="{{ url_for('course30') }}" method="post">
      <strong>終了時間:</strong> {{ time1 }}
      <div class="form-group">
        <button type="submit" value="Go!" onclick="location.href='http://127.0.0.1:5000/show_entries'">戻る</button>
      </div>
  {% endif %}
{% endblock %}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

いろいろ試したところ global time1 とすればできそうな気がしてきました。
トライ中です。。1
<追記>
ローカル環境ではうまく行きましたが、herokuではNameError: name 'time1' is not defined
となりました
<追記>
git init での初期化をわすれてました。
うまくいきました。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.87%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • HTML

    8033questions

    HTMLとは、ウェブ上の文書を記述・作成するためのマークアップ言語のことです。文章の中に記述することで、文書の論理構造などを設定することができます。ハイパーリンクを設定できるハイパーテキストであり、画像・リスト・表などのデータファイルをリンクする情報に結びつけて情報を整理します。現在あるネットワーク上のほとんどのウェブページはHTMLで作成されています。

  • Python

    6304questions

    Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

  • Flask

    147questions

    FlaskはPython用のマイクロフレームワークであり、Werkzeug・Jinja 2・good intentionsをベースにしています。