質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.53%

  • MySQL

    5836questions

    MySQL(マイエスキューエル)は、TCX DataKonsultAB社などが開発するRDBMS(リレーショナルデータベースの管理システム)です。世界で最も人気の高いシステムで、オープンソースで開発されています。MySQLデータベースサーバは、高速性と信頼性があり、Linux、UNIX、Windowsなどの複数のプラットフォームで動作することができます。

  • Ruby on Rails 5

    1734questions

  • RSpec

    176questions

    RSpecはRuby用のBDD(behaviour-driven development)フレームワークです。

rspecを実行するとテストの前にテストdbのテーブルが全て消えてしまう

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 363

k.m.m.m

score 57

rspecを実行すると
実行前に作成してあったmysqlのテストデータベースの中にあるテーブルが全て消えて無くなり、テストを始める以前にそもそもテストが実行できなくなり、下記のエラーが出てしまいます。
どのようにしたらデータベースがrspec実行直後に初期化されるのを防ぐことができるでしょうか。
Rspec 3.7rails 5.1.4

$ bundle exec rspe
ActiveRecord::StatementInvalid:
       Mysql2::Error: Table 'projectname_test.users' doesn't exist: SHOW FULL FIELDS FROM `users`

ググったのですが、テスト実行完了後にレコードを消したいなどの記事がたくさん出てきたのですが、テストの実行直後にレコード以前にテーブル自体が全て消えてしまう症状が出ている方が見つからず対処法がわからない状態です。
よろしくお願いします。

gemfile

source 'https://rubygems.org'

# Bundle edge Rails instead: gem 'rails', github: 'rails/rails'
gem 'rails', '~> 5.1.4'
# Use mysql as the database for Active Record
gem 'mysql2', '>= 0.3.18', '< 0.5'
# Use Puma as the app server
gem 'puma', '~> 3.7'
# Use SCSS for stylesheets
gem 'sass-rails', '~> 5.0'
# Use Uglifier as compressor for JavaScript assets
gem 'uglifier', '>= 1.3.0'
# See https://github.com/rails/execjs#readme for more supported runtimes
gem 'therubyracer', platforms: :ruby

# Use CoffeeScript for .coffee assets and views
gem 'coffee-rails', '~> 4.2'
# Turbolinks makes navigating your web application faster. Read more: https://github.com/turbolinks/turbolinks
gem 'turbolinks', '~> 5'
# Build JSON APIs with ease. Read more: https://github.com/rails/jbuilder
gem 'jbuilder', '~> 2.5'
# Use Redis adapter to run Action Cable in production
# gem 'redis', '~> 3.0'
# Use ActiveModel has_secure_password
# gem 'bcrypt', '~> 3.1.7'

# Use Capistrano for deployment
# gem 'capistrano-rails', group: :development

gem 'webpacker', github: 'rails/webpacker'
gem 'foreman'

gem 'slim-rails'
gem 'html2slim'
gem 'ridgepole'
gem 'devise'
gem "refile", require: "refile/rails", github: 'manfe/refile'
gem "refile-mini_magick"
gem "refile-s3", '~> 0.2.0'
gem 'devise_token_auth'
gem 'grape'
gem 'grape-jbuilder'
gem 'grape_logging'
gem 'omniauth', '>= 1.0.0'
gem 'seed-fu'
gem 'geocoder'
gem 'rqrcode_png'
gem 'chunky_png'

group :development, :test do
  gem 'byebug', platforms: [:mri, :mingw, :x64_mingw]
  gem 'capybara', '~> 2.13'
  gem 'selenium-webdriver'
  gem 'pry-rails'
  gem 'rspec-rails', '~> 3.7'
  gem 'factory_bot_rails'
end

group :development do
  # Access an IRB console on exception pages or by using <%= console %> anywhere in the code.
  gem 'web-console', '>= 3.3.0'
  gem 'listen', '>= 3.0.5', '< 3.2'
  # Spring speeds up development by keeping your application running in the background. Read more: https://github.com/rails/spring
  gem 'spring'
  gem 'spring-watcher-listen', '~> 2.0.0'
end
spec_helper

# This file was generated by the `rails generate rspec:install` command. Conventionally, all
# specs live under a `spec` directory, which RSpec adds to the `$LOAD_PATH`.
# The generated `.rspec` file contains `--require spec_helper` which will cause
# this file to always be loaded, without a need to explicitly require it in any
# files.
#
# Given that it is always loaded, you are encouraged to keep this file as
# light-weight as possible. Requiring heavyweight dependencies from this file
# will add to the boot time of your test suite on EVERY test run, even for an
# individual file that may not need all of that loaded. Instead, consider making
# a separate helper file that requires the additional dependencies and performs
# the additional setup, and require it from the spec files that actually need
# it.
#
# See http://rubydoc.info/gems/rspec-core/RSpec/Core/Configuration
RSpec.configure do |config|
  # rspec-expectations config goes here. You can use an alternate
  # assertion/expectation library such as wrong or the stdlib/minitest
  # assertions if you prefer.
  config.expect_with :rspec do |expectations|
    # This option will default to `true` in RSpec 4. It makes the `description`
    # and `failure_message` of custom matchers include text for helper methods
    # defined using `chain`, e.g.:
    #     be_bigger_than(2).and_smaller_than(4).description
    #     # => "be bigger than 2 and smaller than 4"
    # ...rather than:
    #     # => "be bigger than 2"
    expectations.include_chain_clauses_in_custom_matcher_descriptions = true
  end

  # rspec-mocks config goes here. You can use an alternate test double
  # library (such as bogus or mocha) by changing the `mock_with` option here.
  config.mock_with :rspec do |mocks|
    # Prevents you from mocking or stubbing a method that does not exist on
    # a real object. This is generally recommended, and will default to
    # `true` in RSpec 4.
    mocks.verify_partial_doubles = true
  end

  # This option will default to `:apply_to_host_groups` in RSpec 4 (and will
  # have no way to turn it off -- the option exists only for backwards
  # compatibility in RSpec 3). It causes shared context metadata to be
  # inherited by the metadata hash of host groups and examples, rather than
  # triggering implicit auto-inclusion in groups with matching metadata.
  config.shared_context_metadata_behavior = :apply_to_host_groups

# The settings below are suggested to provide a good initial experience
# with RSpec, but feel free to customize to your heart's content.
=begin
  # This allows you to limit a spec run to individual examples or groups
  # you care about by tagging them with `:focus` metadata. When nothing
  # is tagged with `:focus`, all examples get run. RSpec also provides
  # aliases for `it`, `describe`, and `context` that include `:focus`
  # metadata: `fit`, `fdescribe` and `fcontext`, respectively.
  config.filter_run_when_matching :focus

  # Allows RSpec to persist some state between runs in order to support
  # the `--only-failures` and `--next-failure` CLI options. We recommend
  # you configure your source control system to ignore this file.
  config.example_status_persistence_file_path = "spec/examples.txt"

  # Limits the available syntax to the non-monkey patched syntax that is
  # recommended. For more details, see:
  #   - http://rspec.info/blog/2012/06/rspecs-new-expectation-syntax/
  #   - http://www.teaisaweso.me/blog/2013/05/27/rspecs-new-message-expectation-syntax/
  #   - http://rspec.info/blog/2014/05/notable-changes-in-rspec-3/#zero-monkey-patching-mode
  config.disable_monkey_patching!

  # Many RSpec users commonly either run the entire suite or an individual
  # file, and it's useful to allow more verbose output when running an
  # individual spec file.
  if config.files_to_run.one?
    # Use the documentation formatter for detailed output,
    # unless a formatter has already been configured
    # (e.g. via a command-line flag).
    config.default_formatter = "doc"
  end

  # Print the 10 slowest examples and example groups at the
  # end of the spec run, to help surface which specs are running
  # particularly slow.
  config.profile_examples = 10

  # Run specs in random order to surface order dependencies. If you find an
  # order dependency and want to debug it, you can fix the order by providing
  # the seed, which is printed after each run.
  #     --seed 1234
  config.order = :random

  # Seed global randomization in this process using the `--seed` CLI option.
  # Setting this allows you to use `--seed` to deterministically reproduce
  # test failures related to randomization by passing the same `--seed` value
  # as the one that triggered the failure.
  Kernel.srand config.seed
=end
end
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • IPU

    2018/05/14 17:55

    Gemfileとspec/spec_helper.rbの設定内容を貼り付けてくれませんか?

    キャンセル

  • k.m.m.m

    2018/05/14 18:54

    編集依頼ありがとうございます。編集させていただきました。

    キャンセル

回答 1

check解決した方法

0

spec/rails_helper.rbの以下の行をコメントアウトしたらテスト直前にテーブルがなくならなくなりました。
rigepoleを使っていたのでテストの実行のたびにマイグレーションのチェックが入ってしまうことが原因でした。

rails_helper.rb

# ActiveRecord::Migration.maintain_test_schema!

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/05/15 16:00

    情報追記してくれたのに、コメントできなくてすいませんでした。
    解決できたようで、良かったです。

    キャンセル

  • 2018/05/17 12:43

    いえいえ、解決後なのにコメントありがとうございます。
    rspecに関しての質問なので、rspecの設定が書いてあるspec_helper.rbとrails_helper.rbを最初から載せるべきでした。
    追記以来をしていただいたのでそれに気づきました。
    ありがとうございました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.53%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • MySQL

    5836questions

    MySQL(マイエスキューエル)は、TCX DataKonsultAB社などが開発するRDBMS(リレーショナルデータベースの管理システム)です。世界で最も人気の高いシステムで、オープンソースで開発されています。MySQLデータベースサーバは、高速性と信頼性があり、Linux、UNIX、Windowsなどの複数のプラットフォームで動作することができます。

  • Ruby on Rails 5

    1734questions

  • RSpec

    176questions

    RSpecはRuby用のBDD(behaviour-driven development)フレームワークです。