質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.48%

  • Arduino

    551questions

    Arduinoは、AVRマイコン、単純なI/O(入出力)ポートを備えた基板、C言語を元としたArduinoのプログラム言語と、それを実装した統合開発環境から構成されたシステムです。

Arduino でRTCを使って得た時刻の比較を行いたい

解決済

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,195

fenri

score 3

Arduinoを使用して、時計のようなFWを作成しています。

RTCはDS3231を使用し、
<DS3232RTC.h>    //http://github.com/JChristensen/DS3232RTC
をincludeして使用しています。

そこでタイムアップ処理を組み込む為に、時刻の比較(差分)を行いたいのですが
うまくいっていません。

#include <DS3232RTC.h>    //http://github.com/JChristensen/DS3232RTC
#include <Time.h>         //http://www.arduino.cc/playground/Code/Time
time_t time1;
処理1
{
        time1 = RTC.get();
}

処理2
{
        time_t timeNow = RTC.get();
        double dift = difftime(timeNow, time1);
}


上記のようなソースでコンパイルすると
error: 'difftime' was not declared in this scope
とエラーが出てしまいます。

別途

include <time.h>

を追記してみましたが同様のエラーになります。

どうしたらスマートに時刻の比較ができますでしょうか。
ご教授お願いします。

開発環境は
Windows10、ArduinoIDE
Arduino Pro mini 5V
RTC:DS3231
電源はPCのUSB 5Vから供給

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • dodox86

    2018/04/16 16:52

    開発環境は普通にArduinoIDEですか。それとも arduino for visual studioなどでしょうか。より詳細に、正確に書いた方が回答を得やすいと思います。

    キャンセル

  • fenri

    2018/04/16 17:21

    大変失礼しました。開発環境を追記しました。

    キャンセル

回答 2

+2

difftimeというキーワードが見つからない、といってますので、見つけられるようにしてやってください

#include <Time.h>  #include <time.h>  

 
にすればいいんじゃないかな


質問の追記による追記

を追記してみましたが同様のエラーになります。 

同様だろうけど、全く同じエラーじゃないよね?

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/04/16 16:57

    ファイル名が違って、もし#includeができないのであれば別のエラーになると思います。
    https://github.com/PaulStoffregen/Time や https://www.pjrc.com/teensy/td_libs_TimeAlarms.html でみると、ArduinoのTimeライブラリのヘッダーファイル名は "Time.h" です。

    キャンセル

  • 2018/04/16 17:01

    ところが、質問者が出したURLみると、どーもdifftimeがないみたいなのだよ。
    んで、ぐぐったら、time.h にdifftimeが定義されてるという記事ががが

    どーしたもんかねえw

    キャンセル

  • 2018/04/16 17:03 編集

    標準のCランタイムのdifftimeを使おうとしているのではないかと思いました。difftimeはArduinoのTimeライブラリのものではないはずです。だからプロトタイプ宣言が無いのでエラーになっているものと踏んでいます。

    キャンセル

  • 2018/04/16 17:17

    しかし、オレオレライブラリを公開してくれるのはいいが、ヘッダファイルの名前が既存のものと同一ってのはヤバイ。
    なに考えてんだ。。

    キャンセル

  • 2018/04/16 17:31

    y_waiwai様
    dodox86様
    回答ありがとうございます。
    dodox86様がおっしゃる通り、標準のCランタイムを使おうとしているのですが、
    エラになる。という事が質問内容になります。
    「Arduinoで標準のCランタイム」というキーワードでもう少し調べて見ます。

    キャンセル

  • 2018/04/16 17:32

    全く同じエラーが出るんじゃないよね?
    出たエラーをコピペで出してくだされ

    キャンセル

  • 2018/04/16 17:39

    Arduino 1.8.5 のIDEをインストールしてみたのですが、標準のtime.h自体は存在していて、difftime()のプロトタイプ宣言もありました。
    ただ、返り値の方はdouble ではなく、int32_t です。ヘッダ部のコメントに注意書きがあります。
    > Section 7.23.2.2, difftime()
    > Due to the lack of a 64 bit double, the function difftime() returns a long integer. In most cases
    > this change will be invisible to the user, handled automatically by the compiler.

    思うに、RTC用の別のTime.hが#includeされて、標準のtime.h が隠れてしまっているのではないかと。

    キャンセル

  • 2018/04/16 17:48

    これ、やっかいやなあ。
    想定してた最悪いっとるw

    キャンセル

  • 2018/04/16 18:12

    RTCのDS3231が秒までの解像度なので、無理してdifftime使わなくても良いかもしれないし、自分で独自実装してしまってもいいでしょうし、
    リンクでエラーが出なければ、単にプロトタイプ宣言を自分でしてしまえばいいかもしれません。time.h
    私のArduino開発環境のtime.hのプロトタイプ宣言を抜粋しますと、
    /**
    The difftime function returns the difference between two binary time stamps,
    time1 - time0.
    */
    int32_t difftime(time_t time1, time_t time0);

    キャンセル

  • 2018/04/16 18:24

    まあ、標準のtime.hを使おうとするなら、後付けのTime.h がどこかにあるのでそれ探して、それを削除するか、コンパイラのインクルードパスからそのディレクトリを外すか、ということになりますねー
    同名の関数があるなら、後付のライブラリファイルも削除する必要がありますな。

    キャンセル

checkベストアンサー

+1

手持ちのArduinoUNOを引っ張り出して確認してみました。とは言えRTCのDS3231を実装して試したわけではないので、ビルドが通るまでしか確認できてませんが。

結論としては、Cの標準関数版のdifftime関数は使えないので、代替して何とかする必要があります。
time_t型は本来、必ずしも秒単位ではないですが、ArduinoのTimeライブラリだと、time_t型は秒単位です。なので、Arduinoのプロジェクトに限っては秒として扱って問題無いはずです。

    time_t start_time = RTC.get();
    ... // いろいろ処理

    time_t end_time = RTC.get();

    time_t elapsed = end_time - start_time;


で elapsed変数に経過秒数が入ります。これでdifftime関数の結果と同等と考えてよさそうです。これで充分(と言うかこれしか無い)ではないでしょうか。


以下、参考情報として:

RTCのDS3232用のライブラリはArduinoのTimeライブラリに依存している為、Timeライブラリを使えるようインクルードしないとエラーになります。

Arduino:1.8.5 (Windows 7), ボード:"Arduino/Genuino Uno"

In file included from D:\Users\user01\Documents\Arduino\sketch_apr16a\sketch_apr16a.ino:3:0:

D:\Users\user01\Documents\Arduino\libraries\DS3232RTC-master\src/DS3232RTC.h:25:70: fatal error: TimeLib.h: No such file or directory

 #include <TimeLib.h>        // https://github.com/PaulStoffregen/Time

そうするとリンクするライブラリが変わるようで、試しに標準関数版difftimeを自力でプロトタイプ宣言して使うようにしても、リンクでエラーになります。

// ※ビルドの結果を見る為だけのコードの為、内容にはほとんど意味はありません
#include <stdio.h>
#include <Time.h> // https://github.com/PaulStoffregen/Time
#include <DS3232RTC.h>

int32_t difftime(time_t time1, time_t time0);

time_t start_time;
void setup() {
  start_time = RTC.get();
}

void loop() {
  time_t current_time;
  time_t elapsed_time;

  current_time = RTC.get();
  elapsed_time = current_time - start_time;

  // start_time 〜 current_timeの経過秒数を取得
  elapsed_time = difftime(current_time, start_time);
}


ビルドの結果です。

C:\Users\user01\AppData\Local\Temp\ccjcKCug.ltrans0.ltrans.o: In function `loop':

D:\Users\user01\Documents\Arduino\sketch_apr16a/sketch_apr16a.ino:19: undefined reference to `difftime(unsigned long, unsigned long)'

collect2.exe: error: ld returned 1 exit status

exit status 1


DS3231用ライブラリを使う限り、標準関数版のdifftime、更には標準のtime.hで宣言される各種time関連関数は、使用をあきらめなければならないようです。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/04/17 08:48

    わざわざ検証までしていただきありがとうございます。
    time.hは使用できないのですね。。。
    ひとまずdiffについては time_tの差で見てみようと思います。
    ありがとうございました。

    キャンセル

  • 2018/04/17 09:45 編集

    コード中のdifftime関数の使い方が間違っていたので記述を修正しました。
    ※久しぶりにArduinoUNOを使ったので愉しかったですw

    キャンセル

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Arduino

    551questions

    Arduinoは、AVRマイコン、単純なI/O(入出力)ポートを備えた基板、C言語を元としたArduinoのプログラム言語と、それを実装した統合開発環境から構成されたシステムです。