質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.12%

tableViewを利用したlabelの表示について

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 578
退会済みユーザー

退会済みユーザー

swift4.1

import UIKit

class ViewController: UIViewController,UITableViewDataSource,UITableViewDelegate{

  @IBOutlet weak var mytableView: UITableView!
  var add = UILabel()
  var item = [String]()


  //+ボタン
  @IBAction func addlabel(_ sender: Any) {
    alert()
  }

  //ラベルについて
  func label(){
    add = UILabel(frame: CGRect(x: 130, y:250, width: 100, height:20))
    //ラベルの大きさ、座標指定
    //add.text = "labelです"
    //文字を変更

    add.backgroundColor = UIColor.lightGray

    add.font = UIFont.systemFont(ofSize: 30)
    //文字の大きさ

    add.textColor = UIColor.black
    //文字カラー

    add.sizeToFit()
    //文字数にあわせてlabelの大きさを変更(サイズが文字にフィットする)

    self.view.addSubview(add)
    //実際にviewに見える形でlabelが出現する
  }

  func alert(){
    // テキストフィールド付きアラート表示

    let alert = UIAlertController(title: "タイトル", message: "メッセージ", preferredStyle: .alert)

    // OKボタンの設定
    let okAction = UIAlertAction(title: "OK", style: .default, handler: {
      (action:UIAlertAction!) -> Void in

      // OKを押した時入力されていたテキストを表示
      if let textFields = alert.textFields {

        // アラートに含まれるすべてのテキストフィールドを調べる
        for textField in textFields {
          self.label()
          self.item.insert(textField.text!, at: 0)
          self.mytableView.insertRows(at: [IndexPath(row: 0, section: 0)],with: UITableViewRowAnimation.automatic)
          self.add.text = textField.text!
          self.add.sizeToFit()
          print(textField.text!)
          self.Gesture()
          self.doubleclic()
        }
      }
    })
    alert.addAction(okAction)

    // キャンセルボタンの設定
    let cancelAction = UIAlertAction(title: "Cancel", style: .cancel, handler: nil)
    alert.addAction(cancelAction)

    // テキストフィールドを追加
    alert.addTextField(configurationHandler: {(textField: UITextField!) -> Void in
      textField.placeholder = "テキスト"
    })

    alert.view.setNeedsLayout() // シミュレータの種類によっては、これがないと警告が発生

    // アラートを画面に表示
    self.present(alert, animated: true, completion: nil)

  }

  func deletealert() {
    let alert = UIAlertController(title:"you realy want to delete?", message: "メッセージ", preferredStyle: .alert)

    let okAction = UIAlertAction(title: "YES", style: .default, handler: {
      (action:UIAlertAction!) -> Void in

      //labelの削除について
      self.add.tag = 1

      self.view.subviews.forEach {
        if $0.tag == 1{
          $0.removeFromSuperview()

        }
      }
    })
     alert.addAction(okAction)

    // キャンセルボタンの設定
    let cancelAction = UIAlertAction(title: "Cancel", style: .cancel, handler: nil)
    alert.addAction(cancelAction)

    alert.view.setNeedsLayout() // シミュレータの種類によっては、これがないと警告が発生
    // アラートを画面に表示
    self.present(alert, animated: true, completion: nil)

  }


  @objc func longpress(sender: UILongPressGestureRecognizer){

    // 長押し開始〜
    if(sender.state == UIGestureRecognizerState.began)
    {

    } else if (sender.state == UIGestureRecognizerState.ended)
    {
      //labelの削除について
      self.add.tag = 1

      self.view.subviews.forEach {
        if $0.tag == 1{
          $0.removeFromSuperview()

        }
      }
      alert()
      print("ロングタップされたよ。")
    }

  }

  func Gesture() {

    // UILongPressGestureRecognizerインスタンス作成
   let longPressGesture = UILongPressGestureRecognizer(target: self, action: #selector(ViewController.longpress(sender:)))
    // 時間(デフォルト0.5秒)
    longPressGesture.minimumPressDuration = 0.5
    self.add.isUserInteractionEnabled = true
    self.add.addGestureRecognizer(longPressGesture)



  }

  func doubleclic(){
    // ダブルタップ
    let doubeltapGesture = UITapGestureRecognizer(target: self, action: #selector(ViewController.doubletap(sender:)))
    doubeltapGesture.numberOfTapsRequired = 2
    self.add.isUserInteractionEnabled = true
    self.add.addGestureRecognizer(doubeltapGesture)
  }

  @objc func doubletap(sender: UITapGestureRecognizer){
    if(sender.state == UIGestureRecognizerState.began)
    {
    }else if(sender.state == UIGestureRecognizerState.ended)
    {
      deletealert()
      print("tapされたよ")
    }

  }



  func tableView(_ tableView: UITableView, numberOfRowsInSection section: Int) -> Int {
    return item.count
  }

  func tableView(_ tableView: UITableView, cellForRowAt indexPath: IndexPath) -> UITableViewCell {
    let cell = tableView.dequeueReusableCell(withIdentifier: "cell", for: indexPath)
    //cell.textLabel?.text = add.text
    let todoLabel = item[indexPath.row]
    cell.textLabel?.text = todoLabel
    return cell
  }


  override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()
   mytableView.dataSource = self
   mytableView.delegate = self
  }



  override func didReceiveMemoryWarning() {
    super.didReceiveMemoryWarning()
    // Dispose of any resources that can be recreated.
  }


}

やりたいこと
tabelviewのcell内にlabelを挿入したい

困っていること
labelをコードから作っているためcell内に挿入する方法が分からない
エラーは起きないがcellの中に挿入できずにいる。コンソールには入力した文字は表示されるので下記のコードが良くないのかなと推測できるがどうすればいいの分からずいに困っています。
//ラベルについて

 func label(){
    add = UILabel (frame: CGRect())
   ...
   ...
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

とりあえずハードコードなitemを展開するためのコードです。
これで挙動が確認できたらitemのデータ操作をしかるべきものにすればよいかと。
itemのデータ操作をしたら、テーブルビューのインスタンスメソッド、reloadData()にて再描画するのも忘れずに。

import UIKit

class ViewController: UIViewController,UITableViewDataSource,UITableViewDelegate{

    @IBOutlet weak var mytableView: UITableView!
    var add = UILabel()
    var item = ["kei","hoge","fuga"] // test

    @IBAction func addlabel(_ sender: Any) {

        alert()
    }

    //ラベルについて
    func label(){
        add = UILabel (frame: CGRect())
        //ラベルの大きさ、座標指定
        //add.text = "labelです"
        //文字を変更

        add.backgroundColor = UIColor.lightGray

        add.font = UIFont.systemFont(ofSize: 30)
        //文字の大きさ

        add.textColor = UIColor.black
        //文字カラー

        add.sizeToFit()
        //文字数にあわせてlabelの大きさを変更(サイズが文字にフィットする)

        self.view.addSubview(add)
        //実際にviewに見える形でlabelが出現する
    }

    func alert(){
        // テキストフィールド付きアラート表示

        let alert = UIAlertController(title: "タイトル", message: "メッセージ", preferredStyle: .alert)

        // OKボタンの設定
        let okAction = UIAlertAction(title: "OK", style: .default, handler: {
            (action:UIAlertAction!) -> Void in

            // OKを押した時入力されていたテキストを表示
            if let textFields = alert.textFields {

                // アラートに含まれるすべてのテキストフィールドを調べる
                for textField in textFields {
                    self.label()
                    self.add.text = textField.text!
                    self.add.sizeToFit()
                    print(textField.text!)
                    self.Gesture()
                    self.doubleclic()
                }
            }
        })
        alert.addAction(okAction)

        // キャンセルボタンの設定
        let cancelAction = UIAlertAction(title: "Cancel", style: .cancel, handler: nil)
        alert.addAction(cancelAction)

        // テキストフィールドを追加
        alert.addTextField(configurationHandler: {(textField: UITextField!) -> Void in
            textField.placeholder = "テキスト"
        })

        alert.view.setNeedsLayout() // シミュレータの種類によっては、これがないと警告が発生

        // アラートを画面に表示
        self.present(alert, animated: true, completion: nil)

    }

    func deletealert() {
        let alert = UIAlertController(title:"you realy want to delete?", message: "メッセージ", preferredStyle: .alert)

        let okAction = UIAlertAction(title: "YES", style: .default, handler: {
            (action:UIAlertAction!) -> Void in

            //labelの削除について
            self.add.tag = 1

            self.view.subviews.forEach {
                if $0.tag == 1{
                    $0.removeFromSuperview()

                }
            }
        })
        alert.addAction(okAction)

        // キャンセルボタンの設定
        let cancelAction = UIAlertAction(title: "Cancel", style: .cancel, handler: nil)
        alert.addAction(cancelAction)

        alert.view.setNeedsLayout() // シミュレータの種類によっては、これがないと警告が発生
        // アラートを画面に表示
        self.present(alert, animated: true, completion: nil)

    }


    @objc func longpress(sender: UILongPressGestureRecognizer){

        // 長押し開始〜
        if(sender.state == UIGestureRecognizerState.began)
        {

        } else if (sender.state == UIGestureRecognizerState.ended)
        {
            //labelの削除について
            self.add.tag = 1

            self.view.subviews.forEach {
                if $0.tag == 1{
                    $0.removeFromSuperview()

                }
            }
            alert()
            print("ロングタップされたよ。")
        }

    }

    func Gesture() {

        // UILongPressGestureRecognizerインスタンス作成
        let longPressGesture = UILongPressGestureRecognizer(target: self, action: #selector(ViewController.longpress(sender:)))
        // 時間(デフォルト0.5秒)
        longPressGesture.minimumPressDuration = 0.5
        self.add.isUserInteractionEnabled = true
        self.add.addGestureRecognizer(longPressGesture)

    }

    func doubleclic(){
        // ダブルタップ
        let doubeltapGesture = UITapGestureRecognizer(target: self, action: #selector(ViewController.doubletap(sender:)))
        doubeltapGesture.numberOfTapsRequired = 2
        self.add.isUserInteractionEnabled = true
        self.add.addGestureRecognizer(doubeltapGesture)
    }

    @objc func doubletap(sender: UITapGestureRecognizer){
        if(sender.state == UIGestureRecognizerState.began)
        {
        }else if(sender.state == UIGestureRecognizerState.ended)
        {
            deletealert()
            print("tapされたよ")
        }

    }

    func tableView(_ tableView: UITableView, numberOfRowsInSection section: Int) -> Int {
        return item.count
    }

    func tableView(_ tableView: UITableView, cellForRowAt indexPath: IndexPath) -> UITableViewCell {

        let cell = tableView.dequeueReusableCell(withIdentifier: "cell", for: indexPath)

        //cell.textLabel?.text = add.text
        cell.textLabel?.text = item[indexPath.row] // itemセット

        return cell
    }


    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        mytableView.dataSource = self // これがないとデータ展開のためのデリゲートメソッドが呼ばれない
        //mytableView.delegate = self  セルタップ等のハンドルするならこれも必要

    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }


}

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/04/03 14:44

    コードを編集したので見て欲しいです。
    今の状態ですとalertで入力したものがcellに挿入されるのとlabelと入力内容が画面上に表示されるようになりました。
    ここからなんですがself.item.insert(textField.text!, at: 0)のitemの部分をaddを加えるとエラーが出てしまいます。
    この部分にaddを入れれないとおそらくcellには挿入できないと思うのですがちがうのでしょうか?

    キャンセル

  • 2018/04/03 15:58

    意味がよくわからないのですが、addそのものをcellに置きたいということですか?であれば、cellにaddSubview()すればよいかと。

    キャンセル

  • 2018/04/05 11:24

    add = UILabel(frame: CGRect(x: 130, y:250, width: 100, height:20))
    この部分の座標指定の指定をなくせばlabelがcell内に挿入出来るようになると思うので座標指定をなくして横幅と縦幅だけしてする方法はありますか?

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.12%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る