質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

91.36%

  • Swift

    5052questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

  • iOS

    2960questions

    iOSとは、Apple製のスマートフォンであるiPhoneやタブレット端末のiPadに搭載しているオペレーションシステム(OS)です。その他にもiPod touch・Apple TVにも搭載されています。

  • Swift 2

    1296questions

    Swift 2は、Apple社が独自に開発を行っている言語「Swift」のアップグレード版です。iOSやOS X、さらにLinuxにも対応可能です。また、throws-catchベースのエラーハンドリングが追加されています。

iosでの課金で審査に通過した後のテスト

解決済

回答 1

投稿 2017/12/04 10:36

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 67

Kw6ZG2sV

score 29

タイトルにもありますが、
iosで課金処理を実装していて、
アプリをリリースする前のsandboxテストでは正常に動作しており、
審査に通過した後、AppStoreから製品版をダウンロードして
うまくいくかどうか試そうとしたんですが、
「itunesアカウントの作成は許可されていません。このAppleIDは現時点でiTunesStoreには使用できません。時間をおいてもう一度お試しください。」という
アラートが出ます。

そこで質問なのですが、一度リリースしたアプリは(製品版)は課金テストできないのでしょうか?おそらく、xcodeから同じものをRunしたものだと課金テスト出来るのでしょうが
製品版ではできないのかと疑問に感じています。
知っている方がいましたらご教授願いします。

ちなみに課金テストした際のアカウントはsandbox欄に登録したものを使っています。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

sandbox用と本番(製品)用とは別の違うAppleIDを使ってみて下さい
(製品版では実際に課金が発生する確認しかできません/課金が発生しないsamdbox課金テストは製品版ではできません)

投稿 2017/12/04 10:39

編集 2017/12/04 10:42

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/12/04 10:46

    えーつまり、iTunesConnectのsandboxテスターに
    製品版とテスト版の2つのアカウントが必要ということでしょうか?

    キャンセル

  • 2017/12/04 10:49

    製品版での動作確認はsandboxではなく一般のお客様と同じ立場での確認しかできないということです

    キャンセル

  • 2017/12/04 10:50

    そしてsandboxのアカウントは製品版に利用できません

    キャンセル

  • 2017/12/04 10:52

    そういうことなんですね。わかりました。
    すぐにご回答していただきありがとうございました!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

ただいまの回答率

91.36%

関連した質問

  • 解決済

    プロモーションビデオを配信するタイミング

    お疲れ様です。 現在、アプリのマーケティングで、プロモーションビデオを作るか否かの判断をしようとしています。 もうすぐアプリをリリースするのですが、現段階では、コンセプトをうまく

  • 解決済

    【ios】リリース前のプッシュ通知について

    アップル提出用のアプリをxcodeから端末にインストールして 確認していたところプッシュ通知が届かないのですが、本来届くものなのでしょうか? AdHoc版ではなく、リリース

  • 解決済

    ベータ版 App Review 情報のデモアカウントには何を入力すれば良いか

    TestFlightで外部テストを行うため、審査の為のTestFlight ベータ版情報を入力しているのですが、入力すべきことがわからない部分があります。 1ベータ版 App

  • 解決済

    iTunes Connectにmy appsが表示されない

    はじめて質問させていただきます。 この度、初めてiOSアプリを作成し、app storeへの登録申請をしようとしているのですが、 その際、webにて申請手順を調べているとi

  • 解決済

    リリース後の課金機能の実装について

    質問内容 現在あるアプリを作成しています。 取り急ぎバージョン1では課金機能を実装せずにリリースしたいと思っています。 1.この場合、次回バージョンアップデート時に課金機

  • 受付中

    iOSのpush通知について

    APNsPHPを利用してIOSに対しpush通知をしているのですが、もし本番PRODUCTION環境にSANDBOX時のTokenを送ったらもうその本番PRODUCTION環境が使

  • 解決済

    APNs Provider API(HTTP/2)のアプリアンインストール時の挙動

    前提・実現したいこと APNs Provider API(HTTP/2)を使用して、プッシュ通知アプリを作成しています。 発生している問題・エラーメッセージ デバイスのi

  • 受付中

    写真アプリへの画像の保存について

    前提・実現したいこと 数百〜数千件ある画像をサーバからダウンロードし、写真アプリへ保存する仕組みを作りたいです。 ダウンロードと登録は並行で行いたいです(1ファイルダウンロード

同じタグがついた質問を見る

  • Swift

    5052questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

  • iOS

    2960questions

    iOSとは、Apple製のスマートフォンであるiPhoneやタブレット端末のiPadに搭載しているオペレーションシステム(OS)です。その他にもiPod touch・Apple TVにも搭載されています。

  • Swift 2

    1296questions

    Swift 2は、Apple社が独自に開発を行っている言語「Swift」のアップグレード版です。iOSやOS X、さらにLinuxにも対応可能です。また、throws-catchベースのエラーハンドリングが追加されています。