質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
85.53%
AWS(Amazon Web Services)

Amazon Web Services (AWS)は、仮想空間を機軸とした、クラスター状のコンピュータ・ネットワーク・データベース・ストーレッジ・サポートツールをAWSというインフラから提供する商用サービスです。

Q&A

解決済

1回答

2126閲覧

CloudFormationテンプレートでEventBridge作成時にエラー「Property Id cannot be empty.」

teltel07

総合スコア42

AWS(Amazon Web Services)

Amazon Web Services (AWS)は、仮想空間を機軸とした、クラスター状のコンピュータ・ネットワーク・データベース・ストーレッジ・サポートツールをAWSというインフラから提供する商用サービスです。

0グッド

0クリップ

投稿2022/05/14 07:13

CloudFormationでEventBridge -> Lambra -> SNS のリソースを作成するべく
ymlでテンプレートファイルを書きました

yml

1AWSTemplateFormatVersion: 2010-09-09 2 3Parameters: 4 5 BucketName: 6 Type: String 7 SourceCodeFile: 8 Type: String 9 ResourceName: 10 Type: String 11 12Resources: 13 LambdaFunction: 14 Type: AWS::Lambda::Function 15 Properties: 16 Handler: lambda_function.lambda_handler 17 Code: 18 S3Bucket: !Ref BucketName 19 S3Key: !Ref SourceCodeFile 20 FunctionName: !Sub ${ResourceName}-function 21 Runtime: python3.9 22 Environment: 23 Variables: 24 TopicArn : !Sub arn:aws:sns:${AWS::Region}:${AWS::AccountId}:${ResourceName}-sns 25 Role: !GetAtt 26 - LambdaExecutionRole 27 - Arn 28 29 LambdaExecutionRole: 30 Type: AWS::IAM::Role 31 Properties: 32 RoleName: !Sub ${ResourceName}-function-execution-role 33 AssumeRolePolicyDocument: 34 Version: 2012-10-17 35 Statement: 36 - Effect: Allow 37 Principal: 38 Service: 39 - lambda.amazonaws.com 40 Action: sts:AssumeRole 41 Policies: 42 - PolicyName: !Sub ${ResourceName}-function-policy 43 PolicyDocument: 44 Version: 2012-10-17 45 Statement: 46 - Resource: !Sub arn:aws:logs:${AWS::Region}:${AWS::AccountId}:log-group:/aws/lambda/${ResourceName}-function:* 47 Effect: Allow 48 Action: 49 - logs:CreateLogGroup 50 - logs:CreateLogStream 51 - logs:PutLogEvents 52 - logs:CreateExportTask 53 - s3:GetBucketAcl 54 - s3:PutObject 55 - PolicyName: !Sub ${ResourceName}-function-nsn-policy 56 PolicyDocument: 57 Version: 2012-10-17 58 Statement: 59 - Resource: !Sub arn:aws:sns:${AWS::Region}:${AWS::AccountId}:${ResourceName}-sns 60 Effect: Allow 61 Action: 62 - sns:Publish 63 64 SnsTopic: 65 Type: AWS::SNS::Topic 66 Properties: 67 DisplayName: !Sub ${ResourceName}-sns 68 FifoTopic: false 69 TopicName: !Sub ${ResourceName}-sns 70 71 EventBridgeRule: 72 Type: AWS::Events::Rule 73 Properties: 74 EventBusName: default 75 # EventPattern: Json 76 Name: !Sub ${ResourceName}-eventbridge-rule 77 RoleArn: String 78 ScheduleExpression: rate(5 minutes) 79 State: ENABLED 80 Targets: 81 - Arn: !GetAtt 82 - LambdaFunction 83 - Arn 84 - Id: TargetFunction1

実行してみたところ、Lambda、SNSは作成できたのですが、EventBridgeでエラーが出てしまいました

Property Id cannot be empty.

イメージ説明

「Idは空にしちゃダメだよー」というエラーだと思いますが、Idにはちゃんと値を入れています

Targets: - Arn: !GetAtt - LambdaFunction - Arn - Id: TargetFunction1

どなたか修正方法をご教示いただけないでしょうか?
よろしくお願い致します。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもMYページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

mike2mike4

2022/05/14 07:19

TargetFunction1が宣言されてませんが
teltel07

2022/05/14 07:29

すみません、ymlを書くのが初めてなので恐縮なのですが、 TargetFunction1は変数のつもりではなく、文字列としてそのままEventBridgeに登録するものと思っていました。 宣言文を書くべきなのでしょうか?
mike2mike4

2022/05/14 09:08

ENABLEという形式ではなく、function.xxx.idという形になるかと思います。
guest

回答1

0

自己解決

Twitterにて回答いただいた方がいました。
Idの前にハイフン(-)を付けちゃうと別のオブジェクトと認識されてしまうが、
Arnと同じ箱(ハイフン)の中に入ってないとダメだったようです!
ymlについてもっと理解を深めて行きます

※本エラー突破後、また別のエラーが出たため、ゴニョゴニョいじった結果、以下のような形になりました。
※CloudFormationが無事に動いてリソースを作ってくれましたが、
作成されたリソースはまだ正常に動いていません。そちらは引き続き...

yml

1 EventBridgeRule: 2 Type: AWS::Events::Rule 3 Properties: 4 EventBusName: default 5 Name: !Sub ${ResourceName}-eventbridge-rule 6 ScheduleExpression: rate(5 minutes) 7 State: ENABLED 8 Targets: 9 # - Arn: !GetAtt 10 # - LambdaFunction 11 # - LambdaFunction.Arn 12 # Id: TargetFunction1 13 - Arn: !GetAtt LambdaFunction.Arn 14 Id: LambdaFunction 15 # DependsOn: 16 # - LambdaFunction 17

投稿2022/05/17 12:21

teltel07

総合スコア42

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

あなたの回答

tips

太字

斜体

打ち消し線

見出し

引用テキストの挿入

コードの挿入

リンクの挿入

リストの挿入

番号リストの挿入

表の挿入

水平線の挿入

プレビュー

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
85.53%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問