質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
Vue.js

Vue.jsは、Webアプリケーションのインターフェースを構築するためのオープンソースJavaScriptフレームワークです。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

解決済

Object内の要素をひとつだけ上書きしたい

addyson
alison

総合スコア16

Vue.js

Vue.jsは、Webアプリケーションのインターフェースを構築するためのオープンソースJavaScriptフレームワークです。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

1回答

0評価

0クリップ

218閲覧

投稿2022/08/01 14:52

編集2022/08/03 19:55

前提

バックエンドにRails(API)、フロントエンドにVue.jsの構成で記事投稿サービスを開発しています。

実現したいこと

ユーザー詳細ページでは該当ユーザーが投稿した記事の一覧が表示されようになっています。
その中のどれかの記事にいいねしたときに、Vueが保持しているデータから該当の記事のみ上書きしたいです。
目的は自分がこの記事をいいねしているか否かいいね数といったデータが変化するので、いいねアイコンの状態の切り替えといいね数の表示を更新するためです。

発生している問題・エラーメッセージ

this.user.articles.find((v) => v.id === articleId) = response.data;
このようにObjectに対してfind()で検索をかけ、ヒットしたオブジェクトを上書きしようとしているのですが下記のエラーが出てしまいます。

Parsing error: Invalid left-hand side in assignment expression.

処理の流れ

現状の実装では下記のようになっており、③の部分で躓いています。

① ユーザー詳細ページアクセス時にユーザーのデータを取得する(ユーザーが投稿した記事のデータも入っている)
② いいねを登録する
③いいねした記事のデータを取得し、上書きする

該当のソースコード

まず、ユーザー詳細ページにアクセスした際に下記のフォーマットでjsonを取得する。
(表題に関係なさそうな部分は省略しています)

javascript

setUser() { axios.get(process.env.VUE_APP_API_BASEURL + '/users/' + this.$route.params['user_id']) .then((response) => { this.user = response.data; }); }

json

{ "id": 1, "name": "user1", }, "articles": [ { "id": 1, "title": "user1の記事1", "body": "本文", "created_at": "2022-07-04T12:14:59.869+09:00", "updated_at": "2022-07-04T18:35:23.705+09:00", "image": { "url": null }, "user_id": 1, "like_count": 2, "is_liked": true }, { "id": 2, "title": "user1の記事2", "body": "本文", "created_at": "2022-07-18T12:29:04.418+09:00", "updated_at": "2022-07-18T12:29:04.418+09:00", "image": { "url": null }, "user_id": 1, "like_count": 1, "is_liked": false } ] }

is_likedがfalseになっている記事でいいねアイコンをクリックすると、createLike()メソッドでいいねが登録され、is_likedlike_countが変化する。

javascript

createLike(articleId) { axios.post(process.env.VUE_APP_API_BASEURL + '/articles/' + articleId + '/article_likes', { user_id: this.current_user_id }) .then(() => { this.setArticle(articleId); }); },

③setArticle()でいいねした記事のデータの取得と上書きをする。
①で取得した記事のまとまりがthis.user.articlesとして扱えるので、そのうちの一つの記事だけデータを上書きする。

javascript

setArticle(articleId) { axios.get(process.env.VUE_APP_API_BASEURL + '/articles/' + articleId) .then((response) => { this.user.articles.find((v) => v.id === articleId) = response.data; }); }

json:setArticle()のレスポンス

{ "id": 1, "title": "user1の記事1", "body": "本文", "created_at": "2022-07-04T12:14:59.869+09:00", "updated_at": "2022-07-04T18:35:23.705+09:00", "image": { "url": null }, "user_id": 1, "like_count": 2, "is_liked": true }

試したこと

下記のように一度変数に入れて再代入する形にすると'article' is assigned a value but never usedというエラーになりました。

javascript

setArticle(articleId) { axios.get(process.env.VUE_APP_API_BASEURL + '/articles/' + articleId) .then((response) => { var article = this.user.articles.find((v) => v.id === articleId); article = response.data; }); }

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

Ruby on Rails: 6.1.4
Vue.js: 2.6.14

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Vue.js

Vue.jsは、Webアプリケーションのインターフェースを構築するためのオープンソースJavaScriptフレームワークです。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。