質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
86.12%
JupyterLab

JupyterLabは、Jupyter notebookの後継の対話型開発環境(IDE)です。データの可視化がインタラクティブで、プラグイン作成により新しいコンポーネントの追加および既存のコンポーネントも統合可能。サーバに閉じているため、データ分析に向いています。

解決済

jupyterlabでtidyverseをインストールしたいです。

purplehaze_16
purplehaze_16

総合スコア10

JupyterLab

JupyterLabは、Jupyter notebookの後継の対話型開発環境(IDE)です。データの可視化がインタラクティブで、プラグイン作成により新しいコンポーネントの追加および既存のコンポーネントも統合可能。サーバに閉じているため、データ分析に向いています。

1回答

0グッド

0クリップ

686閲覧

投稿2022/03/31 06:11

編集2022/03/31 07:25

M1mac(macOS Monterey12.3)でminiforgeを使ってPythonやRの環境構築を行いました。そこで、jupyterlabでRのパッケージであるtidyverseをインストールしようとし、
install.packages("tidyverse”)やinstall.packages("tidyverse", dependencies = TRUE)を実行したのですが、

Warning message in install.packages("tidyverse"): “installation of package ‘fs’ had non-zero exit status” Warning message in install.packages("tidyverse"): “installation of package ‘sass’ had non-zero exit status” Warning message in install.packages("tidyverse"): “installation of package ‘gargle’ had non-zero exit status” Warning message in install.packages("tidyverse"): “installation of package ‘bslib’ had non-zero exit status” Warning message in install.packages("tidyverse"): “installation of package ‘googledrive’ had non-zero exit status” Warning message in install.packages("tidyverse"): “installation of package ‘rmarkdown’ had non-zero exit status” Warning message in install.packages("tidyverse"): “installation of package ‘googlesheets4’ had non-zero exit status” Warning message in install.packages("tidyverse"): “installation of package ‘reprex’ had non-zero exit status” Warning message in install.packages("tidyverse"): “installation of package ‘tidyverse’ had non-zero exit status” Updating HTML index of packages in '.Library' Making 'packages.html' ... done

となってしまい、‘sass’, ‘bslib’, ‘gargle’, ‘fs’, ‘rmarkdown’, ‘googledrive’, ‘googlesheets4’, ‘reprex’がインストールできませんでした。

library(tidyverse)を実行しても

Error in library(tidyverse): ‘tidyverse’ という名前のパッケージはありません Traceback: 1. library(tidyverse)

となってしまい、tidyverseが見つからないようです。

ターミナルを確認したのですが、

Invalid configuration `arm64-apple-darwin20.0.0': machine `arm64-apple' not recognized configure: error: /bin/sh ./config.sub arm64-apple-darwin20.0.0 failed make: *** [Makevars:31: libuv-1.38.1/Makefile] Error 1 ERROR: compilation failed for package ‘fs’ * removing ‘/Users/miniforge3/envs/ds_env/lib/R/library/fs’ ERROR: dependency ‘fs’ is not available for package ‘sass’ * removing ‘/Users/miniforge3/envs/ds_env/lib/R/library/sass’ ERROR: dependency ‘fs’ is not available for package ‘gargle’ * removing ‘/Users/miniforge3/envs/ds_env/lib/R/library/gargle’ ERROR: dependency ‘sass’ is not available for package ‘bslib’ * removing ‘/Users/miniforge3/envs/ds_env/lib/R/library/bslib’ ERROR: dependency ‘gargle’ is not available for package ‘googledrive’ * removing ‘/Users/miniforge3/envs/ds_env/lib/R/library/googledrive’ ERROR: dependencies ‘gargle’, ‘googledrive’ are not available for package ‘googlesheets4’ * removing ‘/Users/miniforge3/envs/ds_env/lib/R/library/googlesheets4’ ERROR: dependency ‘bslib’ is not available for package ‘rmarkdown’ * removing ‘/Users/miniforge3/envs/ds_env/lib/R/library/rmarkdown’ ERROR: dependencies ‘fs’, ‘rmarkdown’ are not available for package ‘reprex’ * removing ‘/Users/miniforge3/envs/ds_env/lib/R/library/reprex’ ERROR: dependencies ‘googledrive’, ‘googlesheets4’, ‘reprex’ are not available for package ‘tidyverse’ * removing ‘/Users/miniforge3/envs/ds_env/lib/R/library/tidyverse’

と記載がありました。

どうすればjupyterlab(構築した環境)にtidyverseをインストールできますか。
もしくは、M1macには対応していないのでしょうか?

以下のような質問にはグッドを送りましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

グッドが多くついた質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

melian

2022/03/31 06:49

依存関係にあるパッケージもインストールする様にしてみると上手く行くかもしれません。 install.packages("tidyverse", dependencies = TRUE)
purplehaze_16

2022/03/31 06:59

ありがとうございます。 こちらも試してみましたが、同様の結果になってしまいました。 ターミナルを確認したのですが、 Invalid configuration `arm64-apple-darwin20.0.0': machine `arm64-apple' not recognized configure: error: /bin/sh ./config.sub arm64-apple-darwin20.0.0 failed と記載がありました。

回答1

0

自己解決

fsパッケージがM1mac対応済みになったので、conda install r-fsでインストールした後、
jupyter labでRを開いて、install.pacakges(”tidyverse”)を実行することでインストールすることができました。

投稿2022/09/27 07:34

purplehaze_16

総合スコア10

良いと思った回答にはグッドを送りましょう。
グッドが多くついた回答ほどページの上位に表示されるので、他の人が素晴らしい回答を見つけやすくなります。

下記のような回答は推奨されていません。

  • 間違っている回答
  • 質問の回答になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

このような回答には修正を依頼しましょう。

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
86.12%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

JupyterLab

JupyterLabは、Jupyter notebookの後継の対話型開発環境(IDE)です。データの可視化がインタラクティブで、プラグイン作成により新しいコンポーネントの追加および既存のコンポーネントも統合可能。サーバに閉じているため、データ分析に向いています。