質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
86.02%
docker-compose

docker-composeとは、複数のコンテナで構成されるサービスを提供する手順を自動的し管理を簡単にするツール。composeファイルを使用しコマンド1回で設定した全サービスを作成・起動することが可能です。

MySQL

MySQL(マイエスキューエル)は、TCX DataKonsultAB社などが開発するRDBMS(リレーショナルデータベースの管理システム)です。世界で最も人気の高いシステムで、オープンソースで開発されています。MySQLデータベースサーバは、高速性と信頼性があり、Linux、UNIX、Windowsなどの複数のプラットフォームで動作することができます。

RSpec

RSpecはRuby用のBDD(behaviour-driven development)フレームワークです。

Ruby on Rails

Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

Circle CI

Circle CIは、クラウド上に簡単にCI環境を構築できるWebサービスです。GitHubと連携させ、CIしたいリポジトリーを選択しビルド・テストを行います。チャット等を利用して結果を確認することが可能です。

Q&A

解決済

ローカルのcircleCI CLIで通るrspecがオンラインでは通らない問題

atsushi_k0613
atsushi_k0613

総合スコア1

docker-compose

docker-composeとは、複数のコンテナで構成されるサービスを提供する手順を自動的し管理を簡単にするツール。composeファイルを使用しコマンド1回で設定した全サービスを作成・起動することが可能です。

MySQL

MySQL(マイエスキューエル)は、TCX DataKonsultAB社などが開発するRDBMS(リレーショナルデータベースの管理システム)です。世界で最も人気の高いシステムで、オープンソースで開発されています。MySQLデータベースサーバは、高速性と信頼性があり、Linux、UNIX、Windowsなどの複数のプラットフォームで動作することができます。

RSpec

RSpecはRuby用のBDD(behaviour-driven development)フレームワークです。

Ruby on Rails

Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

Circle CI

Circle CIは、クラウド上に簡単にCI環境を構築できるWebサービスです。GitHubと連携させ、CIしたいリポジトリーを選択しビルド・テストを行います。チャット等を利用して結果を確認することが可能です。

1回答

0グッド

0クリップ

359閲覧

投稿2022/11/08 21:59

前提

docker、mysqlを使用しrailsでポートフォリオ用のweb appを作ろうとしており、githubにpushした際に自動でcircleCI上でrspec、rubocopが回るようにしようとしております。
circleCI CLIを用いてローカルでテストを実行した際には現れなかったエラーが出て困っております。
また、ローカルのdocker内でrspecを回した場合もエラーは表示されません。

実現したいこと

ここに実現したいことを箇条書きで書いてください。

  • circleCI上でRSpecテストが通るようにしたい

発生している問題・エラーメッセージ

circleCIのdashboard上で確認したエラー

1Error reading historical timing data: invalid character ',' looking for beginning of value 2Requested weighting by historical based timing, but they are not present. Falling back to weighting by name. 3+ bundle exec rspec '' --profile 10 --format RspecJunitFormatter --out /tmp/test-results/rspec/results.xml --format progress 4 5An error occurred while loading .. 6Failure/Error: __send__(method, file) 7 8LoadError: 9 cannot load such file -- /home/circleci/project 10# /home/circleci/project/vendor/bundle/ruby/2.7.0/gems/rspec-core-3.12.0/lib/rspec/core/configuration.rb:2117:in `load' 11# /home/circleci/project/vendor/bundle/ruby/2.7.0/gems/rspec-core-3.12.0/lib/rspec/core/configuration.rb:2117:in `load_file_handling_errors' 12〜中略〜 13# /home/circleci/.rubygems/bin/bundle:25:in `load' 14# /home/circleci/.rubygems/bin/bundle:25:in `<main>' 15# 16# Showing full backtrace because every line was filtered out. 17# See docs for RSpec::Configuration#backtrace_exclusion_patterns and 18# RSpec::Configuration#backtrace_inclusion_patterns for more information. 19No examples found. 20 21 22Top 0 slowest examples (0 seconds, 0.0% of total time): 23 24Finished in 0.00006 seconds (files took 0.40131 seconds to load) 250 examples, 0 failures, 1 error occurred outside of examples

circleCI_CLIで行った結果

1circleci local execute -c .circleci/config.yml --job rspec 2 3~~~ 4====>> RSpec Tests 5 #!/bin/bash -eo pipefail 6#!/usr/bin/env bash 7 8if [ "$CIRCLE_NODE_TOTAL" -eq 1 ]; then 9 printf '%s\n' "Your job parallelism is set to 1." 10 printf '%s\n' "The split test by timings requires at least 2 nodes to generate historical timing data." 11 printf '%s\n' "Consider increasing your job parallelism to 2 or more." 12 printf '%s\n' "See https://circleci.com/docs/2.0/parallelism-faster-jobs/#using-the-circleci-cli-to-split-tests for more information." 13fi 14 15# Disable bash glob expansion 16# Without this, the glob parameter will be expanded before the split command is run 17set -o noglob 18 19if ! mkdir -p "$PARAM_OUT_PATH"; then 20 printf '%s\n' "Failed to create output directory: \"$PARAM_OUT_PATH\"" 21 exit 1 22fi 23 24# Backup IFS 25readonly old_ifs="$IFS" 26 27# Split globs per comma and run the CLI split command 28IFS="," 29read -ra globs <<< "$PARAM_INCLUDE" 30split_files=$(circleci tests glob "${globs[@]}" | circleci tests split --split-by=timings) 31 32# Convert list of test files to array 33# This is necessary because the split command returns a list of files separated by newline 34while IFS= read -r line; do test_files+=("$line"); done <<< "$split_files" 35 36# Rollback IFS 37IFS="$old_ifs" 38 39args=() 40 41if [ -n "$PARAM_ORDER" ]; then 42 args+=(--order "$PARAM_ORDER") 43fi 44 45if [ -n "$PARAM_TAG" ]; then 46 args+=(--tag "$PARAM_TAG") 47fi 48 49# Parse array of test files to string separated by single space and run tests 50# Leaving set -x here because it's useful for debugging what files are being tested 51set -x 52bundle exec rspec "${test_files[@]}" --profile 10 --format RspecJunitFormatter --out "$PARAM_OUT_PATH"/results.xml --format progress "${args[@]}" 53set +x 54 55Your job parallelism is set to 1. 56The split test by timings requires at least 2 nodes to generate historical timing data. 57Consider increasing your job parallelism to 2 or more. 58See https://circleci.com/docs/2.0/parallelism-faster-jobs/#using-the-circleci-cli-to-split-tests for more information. 59Error reading historical timing data: file does not exist 60Requested weighting by historical based timing, but they are not present. Falling back to weighting by name. 61+ bundle exec rspec spec/models/user_spec.rb --profile 10 --format RspecJunitFormatter --out /tmp/test-results/rspec/results.xml --format progress 62. 63 64Top 1 slowest examples (0.26576 seconds, 93.2% of total time): 65 User ユーザー登録 name、email、passwordとpassword_confirmationが存在すれば登録できること 66 0.26576 seconds ./spec/models/user_spec.rb:7 67 68Finished in 0.28512 seconds (files took 11.41 seconds to load) 691 example, 0 failures 70 71+ set +x 72~~~

該当のソースコード

circleci/config.yml

1version: 2.1 2orbs: 3 ruby: circleci/ruby@2.0.0 4jobs: 5 rubocop: 6 docker: 7 - image: 'cimg/ruby:2.7.6' 8 steps: 9 - checkout 10 - ruby/install-deps 11 - ruby/rubocop-check: 12 format: progress 13 label: Inspecting with Rubocop 14 15 rspec: 16 docker: 17 - image: 'cimg/ruby:2.7.6-node' 18 environment: 19 - RAILS_ENV: 'test' 20 - image: 'cimg/mysql:8.0' 21 environment: 22 - MYSQL_ALLOW_EMPTY_PASSWORD: 'true' 23 - MYSQL_ROOT_HOST: '%' 24 - MYSQL_DATABASE: ci_test 25 parallelism: 3 26 steps: 27 - checkout 28 - ruby/install-deps 29 - run: 30 command: 'dockerize -wait tcp://localhost:3306 -timeout 1m' 31 name: Wait for DB 32 - run: 33 name: Use specific database.yml 34 command: mv config/database.yml.ci config/database.yml 35 - run: 36 command: 'bundle exec rails db:schema:load --trace' 37 name: Database setup 38 - ruby/rspec-test 39 - run: ls 40 - run: ls .. 41 - run: ls ../circleci 42 - run: ls ../circleci/project 43 44workflows: 45 version: 2.1 46 build: 47 jobs: 48 - rubocop 49 - rspec

上記で参考にしたリンク
rubyのorb
https://circleci.com/developer/ja/orbs/orb/circleci/ruby
mysqlとの接続について
https://circleci.com/docs/ja/postgres-config/

config/database.yml.ci

1test: 2 adapter: mysql2 3 encoding: utf8mb4 4 pool: <%= ENV.fetch("RAILS_MAX_THREADS") { 5 } %> 5 username: root 6 password: "" 7 host: 127.0.0.1 8 port: 3306 9 database: ci_test

spec/models/user_spec.rb

1require 'rails_helper' 2 3RSpec.describe User, type: :model do 4 let(:user) { create(:user) } 5 6 describe 'ユーザー登録' do 7 it "name、email、passwordとpassword_confirmationが存在すれば登録できること" do 8 expect(user).to be_valid 9 end 10 end 11end

試したこと

Failure/Error: __send__(method, file) LoadError: cannot load such file -- /home/circleci/project

という記述からbundle install周りがうまくいっていないのかと思い試行回数を増やすために
circleCI CLIでローカルに行った場合再現できなくなったため原因の検討がつかず困っております。
参考にしたサイトなどではorbを使わずに実装していることが多いためそちらで行うべきなのでしょうか?

また、rubyのorbのsample(https://circleci.com/developer/ja/orbs/orb/circleci/ruby)
において、
orb
node: circleci/node@x.y
の使用及び

- node/install-packages: cache-key: yarn.lock

の実行が行われており、postgresを使用する場合に行う操作かと思い省いているのですが
これが今回のエラーに関わる可能性はあるのでしょうか?

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

使用イメージ
cimg/ruby:2.7.6-node
cimg/mysql:8.0

gemfile

1source 'https://rubygems.org' 2git_source(:github) { |repo| "https://github.com/#{repo}.git" } 3 4ruby '2.7.6' 5 6# Bundle edge Rails instead: gem 'rails', github: 'rails/rails', branch: 'main' 7gem 'rails', '~> 6.1.7' 8# Use mysql as the database for Active Record 9gem 'mysql2', '~> 0.5' 10# Use Puma as the app server 11gem 'puma', '~> 5.0' 12# Use SCSS for stylesheets 13#gem 'sass-rails', '>= 6' 14# Transpile app-like JavaScript. Read more: https://github.com/rails/webpacker 15gem 'webpacker', '~> 5.0' 16# Turbolinks makes navigating your web application faster. Read more: https://github.com/turbolinks/turbolinks 17gem 'turbolinks', '~> 5' 18# Build JSON APIs with ease. Read more: https://github.com/rails/jbuilder 19gem 'jbuilder', '~> 2.7' 20# Use Redis adapter to run Action Cable in production 21# gem 'redis', '~> 4.0' 22# Use Active Model has_secure_password 23# gem 'bcrypt', '~> 3.1.7' 24 25# Use Active Storage variant 26# gem 'image_processing', '~> 1.2' 27 28# Reduces boot times through caching; required in config/boot.rb 29gem 'bootsnap', '>= 1.4.4', require: false 30 31group :development, :test do 32 # Call 'byebug' anywhere in the code to stop execution and get a debugger console 33 gem 'byebug', platforms: [:mri, :mingw, :x64_mingw] 34 gem 'rspec-rails' 35 gem 'factory_bot_rails' 36 gem 'pry-rails' 37 gem 'rspec_junit_formatter' 38 gem 'rubocop-airbnb' 39end 40 41group :development do 42 # Access an interactive console on exception pages or by calling 'console' anywhere in the code. 43 gem 'web-console', '>= 4.1.0' 44 # Display performance information such as SQL time and flame graphs for each request in your browser. 45 # Can be configured to work on production as well see: https://github.com/MiniProfiler/rack-mini-profiler/blob/master/README.md 46 gem 'rack-mini-profiler', '~> 2.0' 47 gem 'listen', '~> 3.3' 48 # Spring speeds up development by keeping your application running in the background. Read more: https://github.com/rails/spring 49 gem 'spring' 50end 51 52group :test do 53 # Adds support for Capybara system testing and selenium driver 54 gem 'capybara', '>= 3.26' 55 gem 'selenium-webdriver', '>= 4.0.0.rc1' 56 # Easy installation and use of web drivers to run system tests with browsers 57 gem 'webdrivers' 58end 59 60# Windows does not include zoneinfo files, so bundle the tzinfo-data gem 61gem 'tzinfo-data', platforms: [:mingw, :mswin, :x64_mingw, :jruby] 62 63gem "aws-sdk", "~> 3.0" 64gem 'devise' 65gem 'omniauth-twitter' 66gem 'omniauth-google-oauth2' 67gem 'dotenv-rails' 68gem 'rails-i18n', '~> 6.0' 69gem 'devise-i18n'

M1mac使用

以下のような質問にはグッドを送りましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

グッドが多くついた質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

回答1

0

自己解決

とりあえず自力で解決いたしました。
この質問者様のコードから、昔のorbではテストが通るようでしたのでorbを昔のバージョン(1.1.0)に下げてみたところ
rspecが通るようになりました。
circleci -> cimgへのイメージの変化は関係ありませんでした。
また、mysqlやnode関連のインストールもしていますがその時点ではエラー内容に変化ありませんでした。

結論

cannot load such file -- /home/circleci/project
の原因はorbのせいだと考えていますがもし勘違いであるとお気づきの方がいらっしゃいましたらお教えいただけると幸いです。

最終的なコード

circleci/config.yml

1version: 2.1 2orbs: 3 ruby: circleci/ruby@1.1.0 4 node: circleci/node@5.0.3 5jobs: 6 rubocop: 7 docker: 8 - image: 'cimg/ruby:2.7.6' 9 steps: 10 - checkout 11 - ruby/install-deps 12 - ruby/rubocop-check 13 14 rspec: 15 docker: 16 - image: 'cimg/ruby:2.7.6' 17 environment: 18 - RAILS_ENV: 'test' 19 - image: 'cimg/mysql:8.0' 20 command: [--default-authentication-plugin=mysql_native_password] 21 environment: 22 - MYSQL_ALLOW_EMPTY_PASSWORD: 'true' 23 - MYSQL_ROOT_HOST: '%' 24 - MYSQL_DATABASE: ci_test 25 - TZ: Asia 26 parallelism: 3 27 steps: 28 - checkout 29 - ruby/install-deps 30 - node/install: 31 install-yarn: true 32 - run: 33 name: default mysql client install 34 command: | 35 sudo rm -rf /var/lib/apt/lists/* && sudo apt update 36 sudo apt-get install default-mysql-client 37 - run: 38 command: 'dockerize -wait tcp://localhost:3306 -timeout 1m' 39 name: Wait for DB 40 - run: 41 name: Use specific database.yml 42 command: mv config/database.yml.ci config/database.yml 43 - run: 44 command: 'bundle exec rails db:schema:load --trace' 45 name: Database setup 46 - ruby/rspec-test 47 48workflows: 49 version: 2.1 50 build: 51 jobs: 52 - rubocop 53 - rspec

投稿2022/11/08 23:58

atsushi_k0613

総合スコア1

良いと思った回答にはグッドを送りましょう。
グッドが多くついた回答ほどページの上位に表示されるので、他の人が素晴らしい回答を見つけやすくなります。

下記のような回答は推奨されていません。

  • 間違っている回答
  • 質問の回答になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

このような回答には修正を依頼しましょう。

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
86.02%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

docker-compose

docker-composeとは、複数のコンテナで構成されるサービスを提供する手順を自動的し管理を簡単にするツール。composeファイルを使用しコマンド1回で設定した全サービスを作成・起動することが可能です。

MySQL

MySQL(マイエスキューエル)は、TCX DataKonsultAB社などが開発するRDBMS(リレーショナルデータベースの管理システム)です。世界で最も人気の高いシステムで、オープンソースで開発されています。MySQLデータベースサーバは、高速性と信頼性があり、Linux、UNIX、Windowsなどの複数のプラットフォームで動作することができます。

RSpec

RSpecはRuby用のBDD(behaviour-driven development)フレームワークです。

Ruby on Rails

Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

Circle CI

Circle CIは、クラウド上に簡単にCI環境を構築できるWebサービスです。GitHubと連携させ、CIしたいリポジトリーを選択しビルド・テストを行います。チャット等を利用して結果を確認することが可能です。