質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
Node.js

Node.jsとはGoogleのV8 JavaScriptエンジンを使用しているサーバーサイドのイベント駆動型プログラムです。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

解決済

Axiosで404エラーが直らない

yosutebito092
yosutebito092

総合スコア22

Node.js

Node.jsとはGoogleのV8 JavaScriptエンジンを使用しているサーバーサイドのイベント駆動型プログラムです。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

1回答

0リアクション

1クリップ

653閲覧

投稿2022/08/04 06:02

編集2022/08/04 07:53

前提

APIを叩いてAssetの情報を取得したいのですが、AxiosでAssetの情報やurlを渡すレスポンスのところでエラーになり詰まっています。
どこに問題があるのか教えていただきたいです。

実現したいこと

ここに実現したいことを箇条書きで書いてください。
・AssetのAPIにデータをPOSTして、書き換えた情報をGETで出力する。
・現状POSTメソッドがレスポンスエラーを出しているので、それを解消したい

発生している問題・エラーメッセージ

エラーメッセージ ```javascript AxiosError status: 404 error code: undefined レスポンスエラー { status: 'ERROR', message: 'ユーザーが存在しません、APIキーを確認してください。' } 404 { server: 'nginx/1.20.1', date: 'Thu, 04 Aug 2022 07:04:20 GMT', 'content-type': 'application/json; charset=utf-8', 'content-length': '106', connection: 'close', 'x-powered-by': 'Express', 'access-control-allow-origin': '*', etag: 'W/"6a-VRisG/GkKCxL0bankgjzXZnS8q4"' } { transitional: { silentJSONParsing: true, forcedJSONParsing: true, clarifyTimeoutError: false }, adapter: [Function: httpAdapter], transformRequest: [ [Function: transformRequest] ], transformResponse: [ [Function: transformResponse] ], timeout: 0, xsrfCookieName: 'XSRF-TOKEN', xsrfHeaderName: 'X-XSRF-TOKEN', maxContentLength: -1, maxBodyLength: -1, env: { FormData: [Function: FormData] { LINE_BREAK: '\r\n', DEFAULT_CONTENT_TYPE: 'application/octet-stream' } }, validateStatus: [Function: validateStatus], headers: { Accept: 'application/json, text/plain, */*', 'Content-Type': 'application/json', 'User-Agent': 'axios/0.27.2', 'Content-Length': 354 }, method: 'post',

該当のソースコード

JavaScript

//postするパラメータ //url等は今回伏せます const url = '{apiのurl}'; const options =({ data: {folderId: 0, folderType: 'Project', name: 'ROOTFOLDER', parent: 0}, params: { apikey:'{サイトのapikey}', assetTags: '[\n "OuraRing", "Sleep"\n]\n', sendToRawData: 'true', sendToTopData: 'true', strict: 'true' }, headers: {'Content-Type': 'application/json'}, }); //動作させるときにログを出すまでが早すぎると、ログが出ないので15秒遅延させてます。 setTimeout(()=>{ axios.post(url,options) .then(function (response) { console.log(response.data); }) //axiosのエラーかどうかを判断するためのチェックif文。実行時にはAxiosErrorを通ってます。 .catch(function (error) { if (axios.isAxiosError(error)){ console.log('status:', error.response?.status) console.log('error code:', error.response?.data.errorCode) } if (error.response) { // The request was made and the server responded with a status code // that falls out of the range of 2xx console.log(error.response.data); console.log(error.response.status); console.log(error.response.headers); } else if (error.request) { // The request was made but no response was received // `error.request` is an instance of XMLHttpRequest in the browser and an instance of // http.ClientRequest in node.js console.log(error.request); } else { // Something happened in setting up the request that triggered an Error console.log('Error', error.message); } console.log(error.config);

試したこと

optionsの中のapikeyを書き直して、間違っていないことを確認したり
optionsのheadersの中身をcontent-typeを変えたりしてみました

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

Axiosはver0.20です

以上で説明として足りてるかわかりませんがすみませんよろしくお願いします。

以下のような質問にはリアクションをつけましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

リアクションが多い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

退会済みユーザー

退会済みユーザー

2022/08/04 06:16

「```ここに言語を入力」を例えば「```JavaScript」などとすると良いですよ
退会済みユーザー

退会済みユーザー

2022/08/04 06:20

POST送信はjsonとして送信するのか、application/x-www-form-urlencoded形式で送信するのかで、const optionsも変わってきますね。'Access-Control-Allow-Origin'を送信ヘッダーに追加してみるとか。
Matsumon0104

2022/08/04 07:01

404エラーになっていますが、「ユーザーが存在しません、APIキーを確認してください。」のようなエラーレスポンスをもらっているので、APIへのリクエストは届いていますよね? API側でどういった条件でこのメッセージを返却するのか(APIキーが正しくない、認証情報がない等)を確認してみてはいかがでしょうか。 そこから、パラメータが取得できていないや事前に認証をしておく必要があるなどわかるかもしれません。
yosutebito092

2022/08/04 07:06

なるほど確認してみます。ありがとうございます
yosutebito092

2022/08/04 07:20 編集

curl コマンドでapiを叩いてみたらこれが返ってきました。 これはAPIのURLが間違えていたって認識でいいんですか? HTTP/1.1 404 Not Found Server: nginx/1.20.1 Date: Thu, 04 Aug 2022 07:14:17 GMT Content-Type: text/html; charset=utf-8 Content-Length: 176 Connection: keep-alive x-powered-by: Express access-control-allow-origin: * content-security-policy: default-src 'none' x-content-type-options: nosniff <!DOCTYPE html> <html lang="en"> <head> <meta charset="utf-8"> <title>Error</title> </head> <body> <pre>Cannot GET {api}</pre> </body> </html>
Matsumon0104

2022/08/04 07:38

これは、リクエストメソッドが「GET」ですね。
Matsumon0104

2022/08/04 07:55

ものにもよりますが、API側の実装がフレームワークを利用している場合、同一URLでもリクエストメソッドによって動作が変わりますので、確認する場合はリクエストメソッドもそろえてください。
yosutebito092

2022/08/04 08:02

やりたいことがAPIを使ってAssetにまずAssettagをPOSTしたいのです。 次に別のAPIを使って取得するJSを使って、投げて変更したデータを取得するというのが今回の目的です。 メソッドを同じにすると(今回Getなので)取得しかできないと思うのですが、その場合も揃えた方がいいのでしょうか?
Matsumon0104

2022/08/04 08:10 編集

すいません。 「APIをつかってAsset~」とありますが、リクエスト先のAPIとその仕様がわからないので、「やりたいこと」をご説明いただいていますが、期待動作が具体的にどういった動作をしてどういった結果に結びつくのかがわかりません。 今回の問題として「postリクエストをしたAPIが404を返すのを解決したい」という認識です。 私が申し上げていましたのは、検証の一環として「curl」を利用したリクエストのテストをする場合は、同じくリクエストメソッドを「post」にして検証する必要があるということです。
yosutebito092

2022/08/04 08:14

そういうことだったんですね。それは失礼しました
退会済みユーザー

退会済みユーザー

2022/08/04 09:41 編集

APIが自前のものでないなら、どこのサービスの何のAPIかを示した方が、第三者によって仕様をチェックしてもらえるのではないかと。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Node.js

Node.jsとはGoogleのV8 JavaScriptエンジンを使用しているサーバーサイドのイベント駆動型プログラムです。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。