質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
Ruby

Rubyはプログラミング言語のひとつで、オープンソース、オブジェクト指向のプログラミング開発に対応しています。

Ruby on Rails 6

Ruby on Rails 6は、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

TypeScript

TypeScriptは、マイクロソフトによって開発された フリーでオープンソースのプログラミング言語です。 TypeScriptは、JavaScriptの構文の拡張であるので、既存の JavaScriptのコードにわずかな修正を加えれば動作します。

React.js

Reactは、アプリケーションのインターフェースを構築するためのオープンソースJavaScriptライブラリです。

解決済

Uncaught TypeError: Cannot read properties of undefined (reading 'map')というエラーが出てしまいます。

Hellow
Hellow

総合スコア11

Ruby

Rubyはプログラミング言語のひとつで、オープンソース、オブジェクト指向のプログラミング開発に対応しています。

Ruby on Rails 6

Ruby on Rails 6は、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

TypeScript

TypeScriptは、マイクロソフトによって開発された フリーでオープンソースのプログラミング言語です。 TypeScriptは、JavaScriptの構文の拡張であるので、既存の JavaScriptのコードにわずかな修正を加えれば動作します。

React.js

Reactは、アプリケーションのインターフェースを構築するためのオープンソースJavaScriptライブラリです。

1回答

0評価

0クリップ

3433閲覧

投稿2022/02/05 02:53

編集2022/02/05 13:55

◆実現したいこと:
フロントエンドをReactとTypescript、バックエンドをRails APIでTwitter風のサービスを作成したいです。

◆環境:
フロントエンド
"@types/node": "^16.7.13",
"@types/react": "^17.0.20",
"@types/react-dom": "^17.0.9",
"axios": "^0.25.0",
"axios-case-converter": "^0.9.0",
"date-fns": "^2.28.0",
"js-cookie": "^3.0.1",
"react": "^17.0.2",
"react-dom": "^17.0.2",
"react-router-dom": "^6.2.1",

バックエンド
ruby '3.0.3'
gem 'rails', '~> 6.1.4', '>= 6.1.4.4'
gem 'devise'
gem 'devise_token_auth'

◆発生している問題・エラーメッセージ
投稿した内容を取得し、一覧で表示させようとしているのですが、下記のエラーが出てしまい、表示ができない状況です。

Uncaught TypeError: Cannot read properties of undefined (reading 'map') at PostList (PostList.tsx:21:1) at renderWithHooks (react-dom.development.js:14985:1) at updateFunctionComponent (react-dom.development.js:17356:1) at beginWork (react-dom.development.js:19063:1) at HTMLUnknownElement.callCallback (react-dom.development.js:3945:1) at Object.invokeGuardedCallbackDev (react-dom.development.js:3994:1) at invokeGuardedCallback (react-dom.development.js:4056:1) at beginWork$1 (react-dom.development.js:23964:1) at performUnitOfWork (react-dom.development.js:22776:1) at workLoopSync (react-dom.development.js:22707:1)

※取得したデータは、返ってきているので、React側で値の受け渡しがうまくいっていないのだと考えているのですが、
投稿一覧を表示できずにいます。

{data: {…}, status: 200, statusText: 'OK', headers: {…},

◆該当のソースコード

App.tsx

import React, { useState, useEffect, createContext } from "react"; import { BrowserRouter as Router, Routes, Route, Navigate, } from "react-router-dom"; import PrivateRoute from "lib/PrivateRoute"; import CommonLayout from "components/layouts/CommonLayout"; import Home from "components/pages/Home"; import SignUp from "components/pages/SignUp"; import SignIn from "components/pages/SignIn"; //user import { getCurrentUser } from "lib/api/auth"; import { User } from "interfaces/index"; //post(コンペ) import { PostList } from "components/pages/PostList"; import { PostForm } from "components/pages/PostForm"; import { getPost } from "lib/api/post"; import { PostData } from "interfaces/index"; import { PostAddSharp } from "@material-ui/icons"; // グローバルで扱う変数・関数 export const AuthContext = createContext( {} as { loading: boolean; setLoading: React.Dispatch<React.SetStateAction<boolean>>; isSignedIn: boolean; setIsSignedIn: React.Dispatch<React.SetStateAction<boolean>>; currentUser: User | undefined; setCurrentUser: React.Dispatch<React.SetStateAction<User | undefined>>; } ); const App: React.FC = () => { const [loading, setLoading] = useState<boolean>(true); const [isSignedIn, setIsSignedIn] = useState<boolean>(false); const [currentUser, setCurrentUser] = useState<User | undefined>(); //post const [posts, setPosts] = useState<PostData[]>([]); // 認証済みのユーザーがいるかどうかチェック // 確認できた場合はそのユーザーの情報を取得 const handleGetCurrentUser = async () => { try { const res = await getCurrentUser(); console.log(res); if (res?.status === 200) { setIsSignedIn(true); setCurrentUser(res?.data.currentUser); } else { console.log("No current user"); } } catch (err) { console.log(err); } setLoading(false); }; const handleGetPosts = async () => { try { const res = await getPost(); console.log(res); if (res?.status === 200) { setPosts(res.data.posts); } else { console.log(res.data.message); } } catch (error) { console.log(error); } }; useEffect(() => { handleGetCurrentUser(); }, [setCurrentUser]); useEffect(() => { handleGetPosts(); }, [setPosts]); // ユーザーが認証済みかどうかでルーティングを決定 // 未認証だった場合は「/signin」ページに促す // const Private = ({ children }: { children: React.ReactElement }) => { // if (!loading) { // if (isSignedIn) { // return children; // } else { // return <Navigate to="/signin" />; // } // } else { // return <></>; // } // }; return ( <Router> <AuthContext.Provider value={{ loading, setLoading, isSignedIn, setIsSignedIn, currentUser, setCurrentUser, }} > <CommonLayout> <Routes> <Route path="/signup" element={<SignUp />} /> <Route path="/signin" element={<SignIn />} /> <Route path="/postlist" element={<PostList posts={posts} setPosts={setPosts} />} /> <Route path="/postform" element={<PostForm posts={posts} setPosts={setPosts} />} /> <Route path="/" element={<Home />} /> </Routes> </CommonLayout> </AuthContext.Provider> </Router> ); }; export default App;

PostList.tsx

import React, { useEffect } from "react"; import { PostItem } from "components/pages/PostItem"; import { PostData } from "interfaces/index"; // import { PostAddSharp } from "@material-ui/icons"; interface PostListProps { posts: PostData[]; setPosts: Function; } export const PostList: React.FC<PostListProps> = ({ posts, setPosts }) => { return ( <> <table> <thead> <tr> <th>Todos</th> <th></th> </tr> </thead> <tbody> {posts.map((post: PostData, index: number) => { return <PostItem key={index} post={post} setPosts={setPosts} />; })} </tbody> </table> </> ); };

PostItem.tsx

import React from "react"; import { deletePost } from "lib/api/post"; import { PostData } from "interfaces/index"; interface PostItemProps { post: PostData; setPosts: Function; } export const PostItem: React.FC<PostItemProps> = ({ post, setPosts }) => { const handleDetePost = async (id: number) => { try { const res = await deletePost(id); console.log(res); if (res?.status === 200) { setPosts((prev: PostData[]) => prev.filter((post: PostData) => post.id !== id) ); } else { console.log(res.data.message); } } catch (error) { console.log(error); } }; return ( <tr> <td>{post.title}</td> <td> <button onClick={() => handleDetePost(post.id || 0)}>Delete</button> </td> </tr> ); };

よろしくお願いいたします

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Ruby

Rubyはプログラミング言語のひとつで、オープンソース、オブジェクト指向のプログラミング開発に対応しています。

Ruby on Rails 6

Ruby on Rails 6は、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

TypeScript

TypeScriptは、マイクロソフトによって開発された フリーでオープンソースのプログラミング言語です。 TypeScriptは、JavaScriptの構文の拡張であるので、既存の JavaScriptのコードにわずかな修正を加えれば動作します。

React.js

Reactは、アプリケーションのインターフェースを構築するためのオープンソースJavaScriptライブラリです。