質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
86.12%
PDF

PDF(Portable Document Format)とはISOによって国際標準として制定されている電子ドキュメント用の拡張子です。

Android

Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。

Android Studio

Android Studioは、 Google社によって開発された、 Androidのネイティブアプリケーション開発に特化した統合開発ツールです。

解決済

Androidでpdfを表示させたい

weeeel
weeeel

総合スコア1

PDF

PDF(Portable Document Format)とはISOによって国際標準として制定されている電子ドキュメント用の拡張子です。

Android

Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。

Android Studio

Android Studioは、 Google社によって開発された、 Androidのネイティブアプリケーション開発に特化した統合開発ツールです。

1回答

0グッド

0クリップ

473閲覧

投稿2022/11/07 00:35

編集2022/11/07 05:05

前提

Android studioでAndroid開発を勉強中のものです。

pdfを表示させたいと思い、このライブラリーを使ったのですがエラーが出ました。

実現したいこと

エラーを解決して、pdfを表示したい.

発生している問題・エラーメッセージ

> Task :app:processDebugMainManifest FAILED [androidx.versionedparcelable:versionedparcelable:1.1.1] /home/usrname/.gradle/caches/transforms-3/3cb5c66fe0a968009044032844119254/transformed/versionedparcelable-1.1.1/AndroidManifest.xml Warning: Namespace 'androidx.versionedparcelable' used in: androidx.versionedparcelable:versionedparcelable:1.1.1, com.android.support:versionedparcelable:28.0.0. /home/usrname/AndroidStudioProjects/Dependency/app/src/main/AndroidManifest.xml:24:18-86 Error: Attribute application@appComponentFactory value=(androidx.core.app.CoreComponentFactory) from [androidx.core:core:1.8.0] AndroidManifest.xml:24:18-86 is also present at [com.android.support:support-compat:28.0.0] AndroidManifest.xml:22:18-91 value=(android.support.v4.app.CoreComponentFactory). Suggestion: add 'tools:replace="android:appComponentFactory"' to <application> element at AndroidManifest.xml:5:5-28:19 to override.

エラーが何をいっているか分かりません。

該当のソースコード

AndroidManifest.xml

1<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> 2<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android" 3 xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"> 4 5 <application 6 android:allowBackup="true" 7 android:dataExtractionRules="@xml/data_extraction_rules" 8 android:fullBackupContent="@xml/backup_rules" 9 android:icon="@mipmap/ic_launcher" 10 android:label="@string/app_name" 11 android:roundIcon="@mipmap/ic_launcher_round" 12 android:supportsRtl="true" 13 android:theme="@style/Theme.Dependency" 14 tools:targetApi="31"> 15 <activity 16 android:name=".MainActivity" 17 android:exported="true"> 18 <intent-filter> 19 <action android:name="android.intent.action.MAIN" /> 20 21 <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" /> 22 </intent-filter> 23 24 <meta-data 25 android:name="android.app.lib_name" 26 android:value="" /> 27 </activity> 28 </application> 29 30</manifest>

MainActivity.java

1package com.mastercoding.dependency; 2 3import androidx.appcompat.app.AppCompatActivity; 4 5import android.os.Bundle; 6import com.github.barteksc.pdfviewer.PDFView; 7 8public class MainActivity extends AppCompatActivity { 9 10 11 12 PDFView pdfView; 13 14 15 @Override 16 protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) { 17 super.onCreate(savedInstanceState); 18 setContentView(R.layout.activity_main); 19 20 pdfView = findViewById(R.id.pdfviewer); 21 22 pdfView.fromAsset("sample.pdf") .load(); 23 24 25 } 26}

activity_main.xml

1<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> 2<androidx.constraintlayout.widget.ConstraintLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android" 3 xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto" 4 xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools" 5 android:layout_width="match_parent" 6 android:layout_height="match_parent" 7 tools:context=".MainActivity"> 8 9 <com.github.barteksc.pdfviewer.PDFView 10 android:id="@+id/pdfviewer" 11 android:layout_width="267dp" 12 android:layout_height="523dp" 13 android:layout_marginStart="72dp" 14 android:layout_marginTop="56dp" 15 app:layout_constraintStart_toStartOf="parent" 16 app:layout_constraintTop_toTopOf="parent" /> 17</androidx.constraintlayout.widget.ConstraintLayout>

試したこと

<application>に tools:replace="android:appComponentFactory" を追加したのですが違うエラーがでて解決できませんでした。

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

Android Studio Dolphin | 2021.3.1
VM: OpenJDK 64-Bit Server VM by JetBrains s.r.o.

よろしくお願いいたします。

以下のような質問にはグッドを送りましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

グッドが多くついた質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

jimbe

2022/11/07 03:41 編集

AndroidManifest.xml は本当にこんなめちゃくちゃなのでしょうか。 だとしたら、なにか修正追加する先を、 gradle 関係ファイルと間違えていませんか。 (gradle にコピペしようとしてマニフェストのウインドウでペーストしてしまったのか…)
weeeel

2022/11/07 05:07

ご指摘ありがとうございます。 間違えてコピペしていました。 修正しましたので,もしよろしければお願いします。
jimbe

2022/11/07 08:15

修正ありがとうございます。
jimbe

2022/11/07 08:28 編集

AndroidManifest.xml のルートの manifest タグに package 属性がありません。 AndroidStudio でプロジェクトを作ったのでしたら「package="com.mastercoding.dependency"」のような感じであったと思いますが、削除されてしまったのでしょうか。 ついでに、 activity タグ内の meta-data タグは要らないのでは・・・。
weeeel

2022/11/08 02:21

AndroidManifest.xml はいじっていないのでpackage属性は最初からなかったと思います。 調べたところ、公式ドキュメントに ”Gradle ベースのビルドシステムでは、AGP 7.3 以降、ソース マニフェスト ファイル内で package 値を直接設定しないでください。” とあり、自分のAGPバージョンは7.3だったので最初からなかったんだと思います。 activityタグ内のmeta-dataはいりませんね。 ありがとうございます。

回答1

1

ベストアンサー

エラーが再現出来ていません。
以下の状態で assets/sample.pdf を (android10 のエミュレータ/実機で ) 表示出来ています。

Android Studio Chipmunk | 2021.2.1 Patch 1
Build #AI-212.5712.43.2112.8609683, built on May 19, 2022
Runtime version: 11.0.12+7-b1504.28-7817840 amd64
VM: OpenJDK 64-Bit Server VM by Oracle Corporation
Windows 10

プロジェクト新規作成: android10, "EmptyActivity" より

MainActivity.java

java

1package com.teratail.q_mqpxutjsmaovte; 2 3import androidx.appcompat.app.AppCompatActivity; 4 5import android.os.Bundle; 6 7import com.github.barteksc.pdfviewer.PDFView; 8 9public class MainActivity extends AppCompatActivity { 10 @Override 11 protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) { 12 super.onCreate(savedInstanceState); 13 setContentView(R.layout.activity_main); 14 15 ((PDFView)findViewById(R.id.pdfviewer)).fromAsset("sample.pdf").load(); 16 } 17}

res/layout/activity_main.xml

xml

1<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> 2<com.github.barteksc.pdfviewer.PDFView 3 xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android" 4 xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools" 5 tools:context=".MainActivity" 6 android:id="@+id/pdfviewer" 7 android:layout_width="match_parent" 8 android:layout_height="match_parent" />

AndroidManifest.xml
※修正無し

build.gradle(:app)
dependencies に以下を追加
implementation 'com.github.barteksc:android-pdf-viewer:3.2.0-beta.1'

gradle.properties
以下を追加
android.enableJetifier=true

settings.gradle
dependencyResolutionManagement > repositories に以下を追加
jcenter()

投稿2022/11/07 08:42

編集2022/11/07 08:46
jimbe

総合スコア10757

spoofy_dragon👍を押しています

良いと思った回答にはグッドを送りましょう。
グッドが多くついた回答ほどページの上位に表示されるので、他の人が素晴らしい回答を見つけやすくなります。

下記のような回答は推奨されていません。

  • 間違っている回答
  • 質問の回答になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

このような回答には修正を依頼しましょう。

回答へのコメント

weeeel

2022/11/07 14:08 編集

回答ありがとうございます。 gradle.propertiesに android.enableJetifier=true を追加してなかったです。 追加したら正しくどうさしました。 この文はSupport LibraryではなくAndroidXを使用するためのものという認識であっていますでしょうか? またこの文はデフォルトで追加しておいたほうがいいでしょうか? Androidを触って一週間ぐらいなので全然分かっていません。
jimbe

2022/11/08 20:08 編集

プロジェクトでの androidx ライブラリの使用 → https://developer.android.com/jetpack/androidx?hl=ja#using_androidx_libraries_in_your_project 私がコレを追加したのは、pdfviewer を入れたら出てきたワーニングにコレを入れるように書いてあったからです。 今の Androidstudio は useAndroidX=true の gradle.properties を作りますので必要となったのでしょう。 androidx 用のライブラリであれば必要無いものと思いますし、逆に useAndroidX=true を消しても大丈夫かもしれません。

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
86.12%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

PDF

PDF(Portable Document Format)とはISOによって国際標準として制定されている電子ドキュメント用の拡張子です。

Android

Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。

Android Studio

Android Studioは、 Google社によって開発された、 Androidのネイティブアプリケーション開発に特化した統合開発ツールです。