質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
Material-UI

Material-UIは、Material Designを利用可能なオープンソースのReact向けUIコンポーネントキットです。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

React.js

Reactは、アプリケーションのインターフェースを構築するためのオープンソースJavaScriptライブラリです。

受付中

【React】material-uiモジュールをインストールしてもエラーが出てしまいます。

-takuma
-takuma

総合スコア40

Material-UI

Material-UIは、Material Designを利用可能なオープンソースのReact向けUIコンポーネントキットです。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

React.js

Reactは、アプリケーションのインターフェースを構築するためのオープンソースJavaScriptライブラリです。

1回答

0評価

0クリップ

763閲覧

投稿2022/03/05 09:51

編集2022/03/12 13:05

前提

Reactプロジェクトにてnpm startをしたところ
chromeのディベロッパーツールにて「Uncaught Error: Cannot find module '@material-ui/icons/Menu'」
というエラーログが出てしまい、画面が表示されなくなってしまいました。
イメージ説明

実現したいこと

このエラーを治して画面を表示できる等にしたいです

試したこと

以下のコマンドを打ちましたが結果は変わりませんでした。
npm install @material-ui/core
npm install @material-ui/icons

SignUp.jsxのコード

React

import Cookies from "js-cookie"; import { useContext, useState } from "react"; import { Link } from "react-router-dom"; import { signUp } from "../api/auth"; import { AuthContext } from "../App"; import * as Icons from '@material-ui/icons/Menu' export const SignUp = () => { const { setIsSignedIn, setCurrentUser } = useContext(AuthContext); const [email, setEmail] = useState(""); const [password, setPassword] = useState(""); const [passwordConfirmation, setPasswordConfirmation] = useState(""); const confirmSuccessUrl = "http://localhost:3000"; const generateParams = () => { const signUpParams = { email: email, password: password, passwordConfirmation: passwordConfirmation, confirmSuccessUrl: confirmSuccessUrl, }; return signUpParams; }; const handleSignUpSubmit = async (e) => { e.preventDefault(); const params = generateParams(); try { const res = await signUp(params); console.log(res); if (res.status === 200) { Cookies.set("_access_token", res.headers["access-token"]); Cookies.set("_client", res.headers["client"]); Cookies.set("_uid", res.headers["uid"]); setIsSignedIn(true); setCurrentUser(res.data.data); alert("confirm email"); console.log("signed in successfully"); } } catch (e) { console.log(e); } }; return ( <> <h1>サインアップページです</h1> <form> <div> <label htmlFor="email">メールアドレス</label> <input type="email" id="email" name="email" value={email} onChange={(e) => setEmail(e.target.value)} /> </div> <div> <label htmlFor="password">パスワード</label> <input type="password" id="password" name="password" value={password} onChange={(e) => setPassword(e.target.value)} /> </div> <div> <label htmlFor="password_confirmation">パスワード確認</label> <input type="password" id="password_confirmation" name="password_confirmation" value={passwordConfirmation} onChange={(e) => setPasswordConfirmation(e.target.value)} /> </div> <div> <input type="hidden" id="confirm_success_url" name="confirm_success_url" value={confirmSuccessUrl} /> </div> <button type="submit" onClick={(e) => handleSignUpSubmit(e)}> Submit </button> </form> <Link to="/signin">サインインへ</Link> </> ); };

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Material-UI

Material-UIは、Material Designを利用可能なオープンソースのReact向けUIコンポーネントキットです。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

React.js

Reactは、アプリケーションのインターフェースを構築するためのオープンソースJavaScriptライブラリです。