質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
86.02%
CentOS

CentOSは、主にRed Hat Enterprise Linux(RHEL)をベースにした、フリーのソフトウェアオペレーティングシステムです。

IPv6

IPv6は、インターネットプロトコルの一つ。主流となっているIPv4に変わるものとして設計されました。IPアドレスの需要の増大を予見して開発されたもので、従来よりも多くのIPアドレスの作成が可能です。

Q&A

解決済

CentOSでIPv6が無効になっているように見える 有効にする方法は

taro373
taro373

総合スコア186

CentOS

CentOSは、主にRed Hat Enterprise Linux(RHEL)をベースにした、フリーのソフトウェアオペレーティングシステムです。

IPv6

IPv6は、インターネットプロトコルの一つ。主流となっているIPv4に変わるものとして設計されました。IPアドレスの需要の増大を予見して開発されたもので、従来よりも多くのIPアドレスの作成が可能です。

1回答

0グッド

0クリップ

825閲覧

投稿2022/04/07 07:59

CentOS7でifconfigコマンドを実行しても、inet6の行が表示されません。
IPv6を有効にするにはどうすればよいのでしょうか。
CentOSのバージョンは7.2.1511 です

[serverA ~]$ cat /etc/redhat-release CentOS Linux release 7.2.1511 (Core)

有効化する方法を検索しましたが、通常は有効になっているようで、
無効化の方法をまず調べました。
https://www.server-memo.net/centos-settings/centos7/disable-ipv6.html
一時的にIPv6を無効化する方法として

# echo 1 > /proc/sys/net/ipv6/conf/all/disable_ipv6

が書かれていますが、/proc/sys/net/にipv4はありますが、ipv6はありませんでした。

比較のためのinet6が表示されるサーバでの実行結果です。

[serverA ~]$ ifconfig|grep inet inet 192.168.1.xx netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.1.255 inet6 xxxx::xxxx:xxxx:xxxx:xxxx prefixlen 64 scopeid 0x20<link>

このサーバでの設定はこのようになっています。

[serverA ~]$ cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-em1 TYPE="Ethernet" BOOTPROTO="none" DEFROUTE="yes" IPV4_FAILURE_FATAL="no" IPV6INIT="yes" IPV6_AUTOCONF="no" IPV6_DEFROUTE="no" IPV6_FAILURE_FATAL="no" NAME="em1" UUID="xxx-xxx-xxx-xxx-xxx" DEVICE="em1" ONBOOT="yes" IPADDR=192.168.1.xx PREFIX=24 GATEWAY=192.168.1.xx DNS1=xx.xx.xx.xx

問題のサーバでは、inet6の行が表示されません。
ネットワークカードの設定を参照すると「IPV6INIT=yes」の行は同じです。
IPv4のアドレスは「IPADDR=192.168.1.xx」の行で指定していますが、
IPv6のアドレスは指定していないのに、ifconfigの結果、inet6で始まる行に
なぜ出力されているのかわかりません。
serverB(inet6で始まる行が出力されないサーバ)Dockreコンテナを実行した
際に、tcp6のエラーメッセージが出たので、2台を比較したところ、このinet6の
行が出力されていないことに気がつきました。

[serverB ~]$ ifconfig|grep inet6 [serverB ~]$ $ cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eno1 TYPE=Ethernet BOOTPROTO=none DEFROUTE=yes IPV4_FAILURE_FATAL=no IPV6INIT=yes IPV6_AUTOCONF=no IPV6_DEFROUTE=no IPV6_FAILURE_FATAL=no NAME=eno3 UUID=yyyy-yyyy-yyyy-yyy-yyyy DEVICE=eno1 ONBOOT=yes DNS1=xx.xx.xx.xx IPADDR=192.168.1.xx PREFIX=24 GATEWAY=192.168.1.xx

以下のような質問にはグッドを送りましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

グッドが多くついた質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

TaichiYanagiya

2022/04/07 11:50

/proc/sys/net/ipv6/ が存在しないということは、kerel の ipv6 モジュールがロードされていません。 kernel 起動オプションで "ipv6.disable=1" としていないか、/proc/cmdline, /boot/grub2/grub.cfg, /etc/default/grub を確認してください。
taro373

2022/04/08 01:28

ご指摘の通り"ipv6.disable=1"がありました (他の2つのファイルはipv6の記述以前にファイルがありませんでした) [serverB ~]$ cat /proc/cmdline BOOT_IMAGE=/vmlinuz-3.10.0-1127.18.2.el7.x86_64 root=/dev/sda4 (略) processor.max_cstate=0 ipv6.disable=1 OSのインストールの際に、IPv6は使用しないだろうと思った記憶は残っていますが、 いまからこの設定を変更することは可能なのでしょうか このファイルから"ipv6.disable=1" の記述を削除すればよいように思えますが、 このようなファイルを変更したことがないので、少々不安です。 が、LPI-JapanのLinux豆知識 203を読むと「OSがブートされたときに、ernelに渡されたパラメータ」 とのことなので、起動しなくなるようなことはなさそうですね。 https://linuc.org/study/knowledge/533/

回答1

1

ベストアンサー

/proc/cmdline を確認すると、kernel 起動オプションで "ipv6.disable=1" となっていますね。

(他の2つのファイルはipv6の記述以前にファイルがありませんでした)

UEFI の場合、grub.cfg のパスは /boot/efi/EFI/centos/grub.cfg かもしれません。
このファイルで "ipv6.disable=1" が設定されていると思います。
(/proc/cmdline はその結果です。)

有効化するには、/etc/default/grub を編集して "ipv6.disable=1" を削除後、grub2-mkconfig -o /boot/efi/EFI/centos/grub.cfg コマンドで反映させる手順になりますが、/etc/default/grub は消してしまったのでしょうか?
もし、そうなら、/boot/efi/EFI/centos/grub.cfg を直接修正するか、grubby --update-kernel=/boot/vmlinuz-3.10.0-1127.18.2.el7.x86_64 --remove-args="ipv6.disable=1" コマンドで変更します。

投稿2022/04/08 01:56

TaichiYanagiya

総合スコア11946

taro373👍を押しています

良いと思った回答にはグッドを送りましょう。
グッドが多くついた回答ほどページの上位に表示されるので、他の人が素晴らしい回答を見つけやすくなります。

下記のような回答は推奨されていません。

  • 間違っている回答
  • 質問の回答になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

このような回答には修正を依頼しましょう。

回答へのコメント

taro373

2022/04/08 02:57

失礼しました。 先ほどは恐る恐る操作していて、「ない」と返信した/etc/default/grubがありました (/boot/grub2/grub.cfgは再度確認しても存在しませんでした)   $ sudo ls /boot/grub2/   grubenv themes ''' $ cat /etc/default/grub|grep ipv6 GRUB_CMDLINE_LINUX="crashkernel=auto quiet net.ifnames=1 biosdevname=0 rd_NO_LUKS LANG=en_US.UTF-8 rd_NO_MD SYSFONT=latarcyrheb-sun16 KEYBOARDTYPE=pc KEYTABLE=jp106 rd_NO_LVM rd_NO_DM rd.driver.blacklist=nouveau intel_idle.max_cstate=0 processor.max_cstate=0 ipv6.disable=1" ''' /boot/efi/EFI/centos/grub.cfg に "ipv6.disable=1" が設定されていました。 /etc/default/grub を編集して "ipv6.disable=1" を削除後、grub2-mkconfigコマンドでの反映を行います 最近はLinuxのブートローダーについて頭から離れていました。 下記も読んで思い出しつつ、理解を深めていきます。  https://qiita.com/saito_now/items/acacf3f5830fdfb90283
taro373

2022/04/08 03:00

まさか、ブートローダーの設定でそうしていたとは気がつきませんでした。 /boot 以下を直接いじるのは心配でしたが、grub2-mkconfigコマンドであれば、かつ 今回はパラメータを削除するだけなので、(少し)安心です。 ありがとうございました。

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
86.02%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

CentOS

CentOSは、主にRed Hat Enterprise Linux(RHEL)をベースにした、フリーのソフトウェアオペレーティングシステムです。

IPv6

IPv6は、インターネットプロトコルの一つ。主流となっているIPv4に変わるものとして設計されました。IPアドレスの需要の増大を予見して開発されたもので、従来よりも多くのIPアドレスの作成が可能です。