質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
86.02%
PHP

PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

Q&A

解決済

配列の並び替え方法について

ratezou
goola

総合スコア26

PHP

PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

1回答

0グッド

1クリップ

112閲覧

投稿2023/01/21 07:58

サイト作成の勉強中です。

GCPのVisionAPIで以下の画像を
イメージ説明
以下のプログラムで読むと、

scan.php

1<?PHP 2// APIキー 3$api_key = "私のAPIキー" ; 4 5// リクエスト用のJSONを作成 6$json = json_encode( array( 7 "requests" => array( 8 array( 9 "image" => array( 10 "content" => base64_encode(file_get_contents("test.jpg")), 11 ) , 12 "features" => array( 13 array( 14 "type" => "TEXT_DETECTION", 15 "maxResults" => 10, 16 ) , 17 ) , 18 "imageContext" => array( 19 "languageHints" => array("ja"), 20 ), 21 ) , 22 ) , 23) ) ; 24 25// リクエストを実行 26$curl = curl_init(); 27curl_setopt($curl, CURLOPT_URL, "https://vision.googleapis.com/v1/images:annotate?key=" . $api_key); 28curl_setopt($curl, CURLOPT_HEADER, true); 29curl_setopt($curl, CURLOPT_CUSTOMREQUEST, "POST"); 30curl_setopt($curl, CURLOPT_HTTPHEADER, array("Content-Type: application/json")); 31curl_setopt($curl, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false); 32curl_setopt($curl, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true); 33if(isset($referer) && !empty($referer)) curl_setopt($curl, CURLOPT_REFERER, $referer) ; 34curl_setopt($curl, CURLOPT_TIMEOUT, 15); 35curl_setopt($curl, CURLOPT_POSTFIELDS, $json); 36$res1 = curl_exec($curl); 37$res2 = curl_getinfo($curl); 38curl_close($curl); 39 40// 取得したデータ 41$json = substr($res1, $res2["header_size"]); 42$array_json=json_decode($json, true); 43 44$text = $array_json["responses"]["0"]["textAnnotations"]["0"]["description"]; 45// $text = $array_json["responses"]["0"]["fullTextAnnotation"]; 46// var_dump($text); 47$arr = explode("\n", $text); 48foreach($arr as $line) { 49 echo $line . "<br />"; 50}

A 1
B 1
A 2
B2
のようにNのような格好で読み込まれます。

NではなくてZのように読み込みたいです。
※Zの例とは写真のままで
A1 A2
B1 B2
という具合に読みたいです。

そこで、取得したデータをvar_dumpしてみました。

array(2) { ["pages"]=> array(1) { [0]=> array(3) { ["width"]=> int(4032) ["height"]=> int(3024) ["blocks"]=> array(3) { [0]=> array(3) { ["boundingBox"]=> array(1) { ["vertices"]=> array(4) { [0]=> array(2) { ["x"]=> int(1874) ["y"]=> int(2389) } [1]=> array(2) { ["x"]=> int(1844) ["y"]=> int(2032) } [2]=> array(2) { ["x"]=> int(2043) ["y"]=> int(2015) } [3]=> array(2) { ["x"]=> int(2073) ["y"]=> int(2372) } } } ["paragraphs"]=> array(1) { [0]=> array(2) { ["boundingBox"]=> array(1) { ["vertices"]=> array(4) { [0]=> array(2) { ["x"]=> int(1874) ["y"]=> int(2389) } [1]=> array(2) { ["x"]=> int(1844) ["y"]=> int(2032) } [2]=> array(2) { ["x"]=> int(2043) ["y"]=> int(2015) } [3]=> array(2) { ["x"]=> int(2073) ["y"]=> int(2372) } } } ["words"]=> array(2) { [0]=> array(2) { ["boundingBox"]=> array(1) { ["vertices"]=> array(4) { [0]=> array(2) { ["x"]=> int(1874) ["y"]=> int(2389) } [1]=> array(2) { ["x"]=> int(1860) ["y"]=> int(2227) } [2]=> array(2) { ["x"]=> int(2059) ["y"]=> int(2210) } [3]=> array(2) { ["x"]=> int(2073) ["y"]=> int(2372) } } } ["symbols"]=> array(1) { [0]=> array(3) { ["property"]=> array(1) { ["detectedBreak"]=> array(1) { ["type"]=> string(5) "SPACE" } } ["boundingBox"]=> array(1) { ["vertices"]=> array(4) { [0]=> array(2) { ["x"]=> int(1874) ["y"]=> int(2389) } [1]=> array(2) { ["x"]=> int(1860) ["y"]=> int(2227) } [2]=> array(2) { ["x"]=> int(2059) ["y"]=> int(2210) } [3]=> array(2) { ["x"]=> int(2073) ["y"]=> int(2372) } } } ["text"]=> string(1) "A" } } } [1]=> array(2) { ["boundingBox"]=> array(1) { ["vertices"]=> array(4) { [0]=> array(2) { ["x"]=> int(1856) ["y"]=> int(2181) } [1]=> array(2) { ["x"]=> int(1843) ["y"]=> int(2033) } [2]=> array(2) { ["x"]=> int(2043) ["y"]=> int(2016) } [3]=> array(2) { ["x"]=> int(2055) ["y"]=> int(2164) } } } ["symbols"]=> array(1) { [0]=> array(3) { ["property"]=> array(1) { ["detectedBreak"]=> array(1) { ["type"]=> string(10) "LINE_BREAK" } } ["boundingBox"]=> array(1) { ["vertices"]=> array(4) { [0]=> array(2) { ["x"]=> int(1856) ["y"]=> int(2181) } [1]=> array(2) { ["x"]=> int(1843) ["y"]=> int(2033) } [2]=> array(2) { ["x"]=> int(2043) ["y"]=> int(2016) } [3]=> array(2) { ["x"]=> int(2055) ["y"]=> int(2164) } } } ["text"]=> string(1) "1" } } } } } } ["blockType"]=> string(4) "TEXT" } [1]=> array(3) { ["boundingBox"]=> array(1) { ["vertices"]=> array(4) { [0]=> array(2) { ["x"]=> int(2267) ["y"]=> int(2427) } [1]=> array(2) { ["x"]=> int(2250) ["y"]=> int(2075) } [2]=> array(2) { ["x"]=> int(2452) ["y"]=> int(2065) } [3]=> array(2) { ["x"]=> int(2470) ["y"]=> int(2417) } } } ["paragraphs"]=> array(1) { [0]=> array(2) { ["boundingBox"]=> array(1) { ["vertices"]=> array(4) { [0]=> array(2) { ["x"]=> int(2267) ["y"]=> int(2427) } [1]=> array(2) { ["x"]=> int(2250) ["y"]=> int(2075) } [2]=> array(2) { ["x"]=> int(2452) ["y"]=> int(2065) } [3]=> array(2) { ["x"]=> int(2470) ["y"]=> int(2417) } } } ["words"]=> array(2) { [0]=> array(2) { ["boundingBox"]=> array(1) { ["vertices"]=> array(4) { [0]=> array(2) { ["x"]=> int(2267) ["y"]=> int(2427) } [1]=> array(2) { ["x"]=> int(2260) ["y"]=> int(2278) } [2]=> array(2) { ["x"]=> int(2462) ["y"]=> int(2268) } [3]=> array(2) { ["x"]=> int(2470) ["y"]=> int(2417) } } } ["symbols"]=> array(1) { [0]=> array(3) { ["property"]=> array(1) { ["detectedBreak"]=> array(1) { ["type"]=> string(5) "SPACE" } } ["boundingBox"]=> array(1) { ["vertices"]=> array(4) { [0]=> array(2) { ["x"]=> int(2267) ["y"]=> int(2427) } [1]=> array(2) { ["x"]=> int(2260) ["y"]=> int(2278) } [2]=> array(2) { ["x"]=> int(2462) ["y"]=> int(2268) } [3]=> array(2) { ["x"]=> int(2470) ["y"]=> int(2417) } } } ["text"]=> string(1) "B" } } } [1]=> array(2) { ["boundingBox"]=> array(1) { ["vertices"]=> array(4) { [0]=> array(2) { ["x"]=> int(2256) ["y"]=> int(2211) } [1]=> array(2) { ["x"]=> int(2249) ["y"]=> int(2075) } [2]=> array(2) { ["x"]=> int(2452) ["y"]=> int(2065) } [3]=> array(2) { ["x"]=> int(2459) ["y"]=> int(2201) } } } ["symbols"]=> array(1) { [0]=> array(3) { ["property"]=> array(1) { ["detectedBreak"]=> array(1) { ["type"]=> string(10) "LINE_BREAK" } } ["boundingBox"]=> array(1) { ["vertices"]=> array(4) { [0]=> array(2) { ["x"]=> int(2256) ["y"]=> int(2211) } [1]=> array(2) { ["x"]=> int(2249) ["y"]=> int(2075) } [2]=> array(2) { ["x"]=> int(2452) ["y"]=> int(2065) } [3]=> array(2) { ["x"]=> int(2459) ["y"]=> int(2201) } } } ["text"]=> string(1) "1" } } } } } } ["blockType"]=> string(4) "TEXT" } [2]=> array(3) { ["boundingBox"]=> array(1) { ["vertices"]=> array(4) { [0]=> array(2) { ["x"]=> int(1862) ["y"]=> int(1160) } [1]=> array(2) { ["x"]=> int(1855) ["y"]=> int(699) } [2]=> array(2) { ["x"]=> int(2437) ["y"]=> int(690) } [3]=> array(2) { ["x"]=> int(2444) ["y"]=> int(1151) } } } ["paragraphs"]=> array(2) { [0]=> array(2) { ["boundingBox"]=> array(1) { ["vertices"]=> array(4) { [0]=> array(2) { ["x"]=> int(1865) ["y"]=> int(1149) } [1]=> array(2) { ["x"]=> int(1856) ["y"]=> int(742) } [2]=> array(2) { ["x"]=> int(2048) ["y"]=> int(738) } [3]=> array(2) { ["x"]=> int(2057) ["y"]=> int(1145) } } } ["words"]=> array(2) { [0]=> array(2) { ["boundingBox"]=> array(1) { ["vertices"]=> array(4) { [0]=> array(2) { ["x"]=> int(1865) ["y"]=> int(1149) } [1]=> array(2) { ["x"]=> int(1861) ["y"]=> int(964) } [2]=> array(2) { ["x"]=> int(2053) ["y"]=> int(960) } [3]=> array(2) { ["x"]=> int(2057) ["y"]=> int(1145) } } } ["symbols"]=> array(1) { [0]=> array(3) { ["property"]=> array(1) { ["detectedBreak"]=> array(1) { ["type"]=> string(5) "SPACE" } } ["boundingBox"]=> array(1) { ["vertices"]=> array(4) { [0]=> array(2) { ["x"]=> int(1865) ["y"]=> int(1149) } [1]=> array(2) { ["x"]=> int(1861) ["y"]=> int(964) } [2]=> array(2) { ["x"]=> int(2053) ["y"]=> int(960) } [3]=> array(2) { ["x"]=> int(2057) ["y"]=> int(1145) } } } ["text"]=> string(1) "A" } } } [1]=> array(2) { ["boundingBox"]=> array(1) { ["vertices"]=> array(4) { [0]=> array(2) { ["x"]=> int(1860) ["y"]=> int(934) } [1]=> array(2) { ["x"]=> int(1856) ["y"]=> int(742) } [2]=> array(2) { ["x"]=> int(2048) ["y"]=> int(738) } [3]=> array(2) { ["x"]=> int(2052) ["y"]=> int(930) } } } ["symbols"]=> array(1) { [0]=> array(3) { ["property"]=> array(1) { ["detectedBreak"]=> array(1) { ["type"]=> string(10) "LINE_BREAK" } } ["boundingBox"]=> array(1) { ["vertices"]=> array(4) { [0]=> array(2) { ["x"]=> int(1860) ["y"]=> int(934) } [1]=> array(2) { ["x"]=> int(1856) ["y"]=> int(742) } [2]=> array(2) { ["x"]=> int(2048) ["y"]=> int(738) } [3]=> array(2) { ["x"]=> int(2052) ["y"]=> int(930) } } } ["text"]=> string(1) "2" } } } } } [1]=> array(2) { ["boundingBox"]=> array(1) { ["vertices"]=> array(4) { [0]=> array(2) { ["x"]=> int(2216) ["y"]=> int(1154) } [1]=> array(2) { ["x"]=> int(2212) ["y"]=> int(694) } [2]=> array(2) { ["x"]=> int(2437) ["y"]=> int(692) } [3]=> array(2) { ["x"]=> int(2441) ["y"]=> int(1152) } } } ["words"]=> array(1) { [0]=> array(2) { ["boundingBox"]=> array(1) { ["vertices"]=> array(4) { [0]=> array(2) { ["x"]=> int(2216) ["y"]=> int(1154) } [1]=> array(2) { ["x"]=> int(2212) ["y"]=> int(694) } [2]=> array(2) { ["x"]=> int(2437) ["y"]=> int(692) } [3]=> array(2) { ["x"]=> int(2441) ["y"]=> int(1152) } } } ["symbols"]=> array(2) { [0]=> array(2) { ["boundingBox"]=> array(1) { ["vertices"]=> array(4) { [0]=> array(2) { ["x"]=> int(2217) ["y"]=> int(1154) } [1]=> array(2) { ["x"]=> int(2215) ["y"]=> int(981) } [2]=> array(2) { ["x"]=> int(2439) ["y"]=> int(979) } [3]=> array(2) { ["x"]=> int(2441) ["y"]=> int(1152) } } } ["text"]=> string(1) "B" } [1]=> array(3) { ["property"]=> array(1) { ["detectedBreak"]=> array(1) { ["type"]=> string(10) "LINE_BREAK" } } ["boundingBox"]=> array(1) { ["vertices"]=> array(4) { [0]=> array(2) { ["x"]=> int(2214) ["y"]=> int(921) } [1]=> array(2) { ["x"]=> int(2212) ["y"]=> int(694) } [2]=> array(2) { ["x"]=> int(2436) ["y"]=> int(692) } [3]=> array(2) { ["x"]=> int(2438) ["y"]=> int(919) } } } ["text"]=> string(1) "2" } } } } } } ["blockType"]=> string(4) "TEXT" } } } } ["text"]=> string(14) "A 1 B 1 A 2 B2" }

これをZのように読むように整形しなおすにはどうしたら良いのでしょうか?
アドバイスのほどよろしくお願いいたします。

以下のような質問にはグッドを送りましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

グッドが多くついた質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

回答1

0

ベストアンサー

回答

質問の内容だけであれば

PHP

1foreach($arr as $line) { 2 echo $line . "<br />"; 3}

PHP

1foreach($arr as $key => $line) { 2 echo $line; 3 if($key%2 === 1){ 4 echo "<br />"; 5 } 6}

という感じで、二つ出力するごとに改行を出力するようにすればいいです。

ポイントは

  • データ読み込みと出力はそれぞれ別であることを把握する
  • foreachの使い方を知る https://www.php.net/manual/ja/control-structures.foreach.php のサンプルをいくつか動かしてみると分かりやすいです
  • n個出力するごとに区切り文字を表示するのに剰余を利用するのはよくあるアルゴリズムなので、言語はなんでもいいので基本的なアルゴリズムを勉強してみるとこういう時に対応するための引き出しが増えます

補足

サイト作成の勉強中です。

というのがHTMLやCSSの勉強も含むということであれば、先行して少しHTMLとCSSの基本的なところを学習すると、改行タグ以外の方法で表示を成形する方法を学習することが出来ますので、学習用途に合わせて適宜HTMLとCSSを学習されることもお勧めです。

投稿2023/01/21 08:33

編集2023/01/21 09:34
tanat

総合スコア18520

良いと思った回答にはグッドを送りましょう。
グッドが多くついた回答ほどページの上位に表示されるので、他の人が素晴らしい回答を見つけやすくなります。

下記のような回答は推奨されていません。

  • 間違っている回答
  • 質問の回答になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

このような回答には修正を依頼しましょう。

回答へのコメント

ratezou

2023/01/21 08:47

ご回答ありがとうございます。 ご紹介いただいたサイトも拝見しようと思います。 試してみたところ、動きませんでした。 $text = $array_json["responses"]["0"]["textAnnotations"]["0"]["description"]; $arr = explode("\n", $text); foreach($arr as $key as $line) { echo $line; if($key%2 === 1){ echo "<br />"; } } また、アドバイスいただいた内容は、2行ごとに改行を入れるというものだと思いますが、これだと、 A 1 B 1 A 2 B2 となると思います、 実現したいのは、写真のように、 A1 A2 B1 B2 なので、お教え頂いたソースを動くようにしても実現できない気がします。
tanat

2023/01/21 09:53 編集

ソースは間違っていましたね。 修正しました。 > なので、お教え頂いたソースを動くようにしても実現できない気がします。 こちらも確かにその通りです。 ただ、もう少し機能を整理しないと適切な回答が難しいですね。 A1 B1 A2 B2 がそれぞれどのようなルールで格納されている値なのかを質問からは知ることが出来ないためです。 A3移行ややC、Dが存在するのか、AとBで要素数が異なることがあるのか等も不明です。 少し難しいと思いますが、図を文章(要件)に落とし込んでください。 (プログラミングの半分以上はこの文章に落とし込む作業です) 例えば、 本当に任意の順番で表示したい のであれば foreachのところを echo $arr[0]; echo $arr[2]: echo "<br>"; echo $arr[1]; echo $arr[3]; と言う感じでハードコーディングする以外ないです。 すこしルールを言語化して数が増えても対応できるようにした場合、 n個の要素がある配列を値に添え字の偶数/奇数でそれぞれ別配列に格納しなおし、 偶数の配列、奇数の配列を順に表示する。 それぞれの配列を表示した後には改行を行う。 で要件が満たせるのであればこんな感じになります。 foreach($arr as $key => $line) { $index = $key%2; $line_group[$index][] = $line; } foreach($lines_group as $lines ){ foreach($lines as $line){ echo $line; } echo "<br>"; }
ratezou

2023/01/22 01:00

おっしゃるとおりです。 考えているプログラムはレシートのOCRです。 一般的なレシートは合計と金額がサンプル画像のように離れているため、合計金額を見つけにくいです。 (受け取り金額があるので、2番目に高いもしくは一番高い金額がふたつの場合はそれとすることも可能です) なので。質問にある長いarrayには読み取りのX,Yがあるので並び替えられないかと思ったんです。 ただ、読み込む方法や格納する方法、思った順序に表示する方法など多くのことがわからず、曖昧な質問をしてしましました。すいません。 初学者には難しいかもしれませんが考えてみるとします。
ratezou

2023/01/22 03:14

配列の並べ替えは別で質問しようと思います。 クローズさせていただきます。

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
86.02%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

PHP

PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。