回答編集履歴

1 誤字・脱字の修正

GeorgeCohta

GeorgeCohta score 1998

2015/03/26 12:22  投稿

こんにちは。
厳密に ChatOpsといえば、Hubotを活用して共通のタスクを自動化する GitHubの運用スタイルをさすのですが、Slackエヴァンジェリストの僕が開発プロジェクトにおけるコミュニケーションツールとしておすすめするのは、Slackを中心にすえたスタイルです。
なによりも Slackの最大の特徴は、数多くの外部サービスとの連携です。GitHubをはじめ、Trello、Pivotal、Dropbox、Googleドライブなど、開発の現場で使うであろうと思われるサービスのほとんどが網羅されています。
Slack Integrationの機能を使えば、GitHubにソースコードをマージする、Dropboxにベータテストの交渉先リストを保存する、現在のプロジェクトのステータスを全員で共有するなどといったことがひとつの集約できます。
とくに細かなメッセージのカスタマイズや、BOTtoBOTの発言が必要な場合などには Hubotを併用するといたことを検討してもいいと思います。
そのほか、とくに細かなメッセージのカスタマイズや、BOTtoBOTの発言が必要な場合などには Hubotを併用するといったことを検討してもいいと思います。
活用の例として、nanapiさん([リンク](http://nanapi.co.jp/blog/2014/07/24/nanapi_chatops/))や Goodpatchさん([リンク](https://medium.com/@yukamasuda/skype-yammer-slack-6afefd6fd0dc))の取り組みを紹介しているブログエントリーがありましたので、よろしければごらんください。
以上、ご参考いただければ幸いです。

思考するエンジニアのためのQ&Aサイト「teratail」について詳しく知る